『プロスピ2019』開幕式レポート。赤星憲広さんと里崎智也さんがペナントレース後半戦を占う!【電撃PS】

電撃PlayStation
公開日時

 KONAMIより7月18日に発売されるPS4/PS Vita用タイトル『プロ野球スピリッツ 2019(以下、プロスピ2019)』。4年ぶりとなるシリーズ最新作の発表会“『プロ野球スピリッツ 2019』開幕式”のイベントが、都内で行われました。

 イベントには、プロ野球解説として活躍する赤星憲広(阪神タイガースOB)氏と里崎智也(千葉ロッテマリーンズOB)氏が登壇。両者とも『プロスピ2019』において解説者を担当しています。

 イベント前半では、2019年のペナントレース前半戦から、印象深かった試合をピックアップ。赤星氏には、本作の注目モードの1つ“プロ野球速報プレイ”に触れ、チョイスした試合のミッションに挑んだ。

  • ▲シーズン前半戦をプレイバックした赤星氏は古巣OBとして、5月5日の横浜DeNAベイスターズとのタイガース戦をチョイス。ベテランの福留孝介選手によるサヨナラ2ランホームランで勝利を収めると同時に、セ・リーグ5万号のメモリアルアーチ達成という印象深い試合として振り返った。
  • ▲一方の里崎氏は、6月16日に行われた中日ドラゴンズとのロッテ戦を挙げた。最終回に5点差をひっくり返しての逆転劇となったことが、ピックアップの理由。
  • ▲“プロ野球速報プレイ”は、2019年度プロ野球ペナントレースと連動したモード。プロ野球の試合が開催されたその日に、試合のターニングポイントとなったシーンを遊ぶことができます
  • ▲“プロ野球速報プレイ”では、赤星氏が選んだ5月5日の試合をミッション形式でチャレンジ! “福留選手でサヨナラ本塁打を打つ”というミッションにあえなく失敗するも、会場は大いに盛り上がった!

 ペナントレース後半戦の予想トークでは、赤星氏がダークホースとしてタイガースが食い込んでくると予想。「ルーキーの近本選手の活躍次第で上位に来る可能性があると」タイガース推しだった。里崎氏は古巣のロッテではなく、本命に福岡ソフトバンクホークス、対抗馬に東北楽天ゴールデンイーグルスの名を挙げていた。

 予想トークが終わったところで、お二人がチョイスした球団を使用し、本作の注目モードの1つ“プロ野球速報プレイ”で対戦するコーナーも! 赤星氏は阪神タイガースを、里崎氏は東北楽天ゴールデンイーグルスを使っての1イニング対決が実現した。

  • ▲現役時代さながらの勝負師の目で、コントローラを握る両者。先攻の里崎氏が2点を先取するも、その裏の攻撃では赤星氏が集中力を見せつける。連打が連打を呼ぶ猛攻で3点を奪い、みごとにサヨナラ勝ちを収めた!

 また、この日のイベントではプロ野球選手の人生を体感できるモード“スタープレイヤー”に登場する女性陣の姿も。永尾まりや(アナウンサー役)さん、市川美織(タレント役)さん、原あや香(会社受付役)さんが“スタープレイヤー彼女”として、それぞれが演じる役の衣装を着て登壇した。

  • ▲発売に向けて気合は十分! 写真は左から赤星憲広氏、永尾まりやさん、市川美織さん、原あや香さん、里崎智也氏。

 囲み取材では、本誌記者からの「オリジナル選手を作るとしたら、どんな選手を作りたいか?」という質問に対して、赤星氏は「パワーヒッターを作りたいです。ホームランを打った経験が少ないもので。ただ、足は健在ですよ(笑)。」と、5年連続で盗塁王を獲得した自身を引き合いに出して笑いを誘った。

 また、里崎氏は「リードしやすいピッチャーですね。ただし、性格はわがままです(笑)」と、現役時代捕手であった自身を振り返りつつ答えた。それぞれ自分にはない能力を持った選手の育成を望んでいた。

 なお、6月28日に発売される電撃PlayStation Vol.677では、『プロスピ2019』の開発陣インタビューを掲載。4年ぶりとなったシリーズ最新作の進化点や注目ポイントに迫っています。こちらも、ぜひチェックしてみてください!

一般社団法人日本野球機構承認  
データ提供:共同通信デジタル データは(株)共同通信デジタルが独自に収集したものであり、公式記録とは異なる場合があります。
提供情報を手段を問わず、いかなる目的であれ無断で複製、転送、販売等を行う事を固く禁じます。
(C)Konami Digital Entertainment