【創の軌跡キャラ考察】フランのサポートで元気百倍。近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 《特務支援課》発足時から、専属オペレーターとしてその活動をサポートしてきたフラン。クロスベル再独立への道のりに、彼女のような支える力は欠かせない。

フラン・シーカー(声優:有島モユ)

「お姉ちゃん……苦しい道のりだったけど、みんなで一緒に頑張ってきてよかったね」

 クロスベル警察の受付・オペレーターを務める女性警察官で、警備隊員ノエルの妹。

 幼い頃からノエルを“自慢のお姉ちゃん”と慕っており、休みの日は二人で出かけるなど姉妹仲は極めて良好。

 乗り物好きで活動的な姉に対し、ぬいぐるみや小物集めが趣味といった女の子らしい面が強いが、オペレーターとしての腕は確かで《特務支援課》発足時からロイドたちを支援してきた。

 クロスベルの再独立が決定し、姉との平穏な日々が帰ってきたことを警察官の一人として心から喜んでいる。

  • ▲オペレーターとしての後方支援ならお手の物。

 真剣な面持ちで端末に向かい合うフラン。《特務支援課》を支援させたら右に出る者なしなだけに、彼女の登場はなんとも嬉しく頼もしい限りです。

 かなり切迫した状況のようですし(ソーニャ司令やヨナもいることから、クロスベル解放の真っ最中?)、戦力としてはかなりの脅威となる魔煌機兵を相手にするには、彼女ら後方支援組による的確なオペレートもカギを握るはず。

 後ろには相変わらずお美しい、癒しの女神セシル姉の姿もありますが、過去作での支援要請報告のように、またフランのゆるあまボイスによる癒しタイムもあるといいなあ。

 本作では“クロスストーリーシステム”という特色もあるだけに、フラン、トワ、ロジーヌというクエストオペレーター3人娘(勝手に命名)の揃い踏みなんかも期待しちゃいます。『空の軌跡』枠としてアイナも加えた4人でもOK!

  • ▲ノエルに向ける満面の笑顔から、相変わらずの姉ラブっぷりがうかがえる。

 母親であるクラリスが思わず心配してしまうくらい、姉妹仲が激アツ(とくにフラン⇒ノエルの方向で)なシーカー姉妹。警備隊服のノエルも凛々しくていいですね。

 果たして、お姉ちゃんしか眼中にないフランのお眼鏡にかなう男が現れる日は来るのでしょうか……。“君をもらう”宣言で姉を落としたロイドならワンチャンありそうですが、それはそれで節操がなさすぎるぞバニングス(言いがかり)。

 そういえばフランは、シリーズ恒例の恋多き男アントンが告白した想い人の一人でもあったり。まあ、ご多分に漏れず盛大に撃沈したわけですが、これだけお姉ちゃんっ子だと相手が悪すぎたのは言うまでもなし。

 毎度毎度涙ぐましい恋模様を見せてきてくれたアントンだけに、やはり彼もまた『創の軌跡』でもその登場が期待されるところですね。

 巡り巡ってようやくシャロンとは悪くない雰囲気になった彼ではありますが、シャロンとフランの前で戸惑うアントン……みたいな、これまでにない新たな玉砕シチュエーションを見せてくれる可能性も!?

  • ▲アントン(※イラストは『閃の軌跡IV』のものです)
  • ▲付き合っている人がいるかどうか聞くアントンに、ズバッと直球で答えるフラン。もちろん姉のことである。(※写真は『零の軌跡:改』のものです)

フラン OnePoint PlayBack

 クロスベル警察の受付だったフランは、《特務支援課》が立ち上がると同時に、その活動を補佐するオペレーターとして就任。

 まだ、警察組織からも市民からも認められていなかった《支援課》の第一の理解者として、ロイドたちの捜査活動を親身に支え続けました。

 クロスベル独立国事件の際は、《赤い星座》の警察署襲撃によって重傷を負うも、順調な回復を見せて現場に復帰。その後、帝国の占領によりクロスベル警察が軍警として再編されてしまったあとも、彼女は水面下で《支援課》メンバーに協力していきます。

 「苦しい道のりだったけど、みんなで一緒に頑張ってきてよかった」。今、告げられるその言葉に、彼女もまたクロスベル再独立に向けて必死に頑張ってきた1人であったということが、存分にうかがい知れます。

  • ▲発足時からずっと、陰に日向に《特務支援課》をサポート。(※写真は『零の軌跡:改』のものです)
  • ▲警察署が襲撃された際に大怪我を負ってしまうも、笑顔で気丈な姿を見せていた。(※写真は『碧の軌跡:改』のものです)

 やはりクロスベルの物語を描くには、フランたち魅力的なサブメンバーも欠かせないところです。『閃の軌跡』シリーズではなかなか出番がなかっただけに、彼女らが最新のCGモデルで躍動する姿も見たいですしね。

 この流れに乗って、ぜひセルゲイさんやレベッカさんの情報も公開されてほしい!

日本ファルコム近藤社長コメント

 《特務支援課》や《遊撃士協会》の活動が再開されたり、(教会関係者という立場ではありますが)ワジやヴァルドがクロスベルを訪れていることもあり、かつての街の雰囲気を感じられるようになったことをフラン本人も嬉しく思っているようですね。

 その辺りは本編の“クロスストーリー”だけでなく、クロスベルを舞台としたエピソードでも描いているので、特にシーカー姉妹が好きな方はご注目いただければと思います。

 “お姉ちゃん大好き!”なところは相変わらずですが、フランのオペレーターとしての能力は確かなので本作でも、1歩引いたポジションでロイドたち《特務支援課》メンバーの活動を支えてくれる頼もしい存在です。

 また、本作では“クロスベル再独立”に焦点が当てられていることもあり、フラン以外にもピエール副局長やドノバン警部、レイモンド捜査官といった、懐かしのクロスベル警察関係者も要所で再登場することになります。

電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

創の軌跡マガジン、8月27日発売!

 日本ファルコムが贈る大人気RPG、『軌跡』シリーズ。その最新作である『英雄伝説 創の軌跡』の発売に合わせて、ファン必携の特別増刊が電撃から発売です!

 前作までの増刊“閃の軌跡マガジン”に引き続き、登場キャラクターや舞台となるゼムリア大陸についての詳細な設定情報を掲載するほか、取り逃しなくゲームを進めるために役立つ物語中盤までの濃密な攻略チャートを収録。

 さらに、近藤季洋社長へのインタビュー、新久保だいすけ氏・啄木鳥しんき先生氏・さがら梨々氏によるトリビュートイラスト企画など盛りだくさんの内容でお届け。

 ティオのオリジナル衣装を入手できる特典プロダクトコードも付いてきます!

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2010-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2011-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税