MMORPGなのにバトロワもできる!? 『ドラブラ』新実装の対人戦“雷霆作戦”をプレイ

ライオン松本
公開日時

 Tencent Gamesが配信しているiOS/Android用RPG『CODE:D-Blood(コード:ドラゴンブラッド)』に、バトルロイヤル機能“雷霆作戦(らいていさくせん)”が実装されます。

 『ドラブラ』版のバトロワとは一体どんな機能なのかを、今回は筆者(ライオン松本)が一足早く体験できたので、“雷霆作戦”についての紹介とその模様をお送りします。

 PCゲームに匹敵する高品質のグラフィックスで、MMORPGなのにバトルロイヤルもできる唯一のモバイルゲームの『ドラブラ』で、他のプレイヤーと競い合いましょう!

新バトロワモード“雷霆作戦”とは?

 この“雷霆作戦”は、『ドラブラ』に今までに実装されているさまざまなコンテンツとは違う新しい対戦モードです。

 参加条件はレベル70以上なので、達していない方は、まずはレベルを上げましょう!

 この“雷霆作戦”ではソロモードとチームモードの2種類があり、文字通り自分1人生き残るサバイバルか、チームメイトと息を合わせて生き残るかを好みで選ぶことができます。

 このモードの終了条件は、他プレイヤーに倒された場合(チームモードの場合はチームメンバー全員が倒された場合)と自分以外(またはチームメンバー以外)のプレイヤーをすべて倒した場合の2パターンです。決着がついた時点で自分のランキングが表示されます。

  • ▲順位は60人中から算出されます。頂点の1位を目指しましょう。

 また、このモード中は全てのステータスが一定になり、自身の装備も使用できません。つまり、現地調達の武器以外はそのプレイヤーの手腕が発揮される実力主義なモードにもなってるということです。

最後まで生き残り、目指せナンバー1!

 このバトルでは、通常のオープンワールドでは入れない専用の特殊マップに転移されます。

 転移後にプレイヤーは自分のプレイスタイルを60秒以内に選択、その後に輸送機で戦場に向い、任意の場所へダイブし、サバイバルがスタートします。

 また、選択できる4つのプレイスタイルはそれぞれ、以下のような特徴があります。

前衛
 職業でいうところの村雨で、相手の攻撃を受け流したり多人数の敵を蹴散らしたりとかなり攻撃的なスタイル。

アサシン
 こちらは潜伏しつつ相手を1人ずつ倒していくスタイルで、ソロならかなり使いやすく個人的におすすめです。

ガンナー
 このスタイルは文字通りシューターで、遠距離からの攻撃が得意なタイプです。近距離の戦闘は苦手ですが、岩陰などに隠れつつ、遠くにいる敵に先制攻撃が仕掛けられるのが優秀です。

衛生兵
 サポートに特化したスタイルです。基本的にソロ戦ではおすすめできませんが、チーム戦なら唯一無二の性能なので1人は編成したいと思います。特に前線に立つ前衛と相性が良さそうですね。

  • ▲選択できるのは上記の4つ。どれも個性があり、ソロかチームかで選ぶ傾向がかなり変わってくると思います。

  • ▲そして、専用のマップがこちら。かなり広大で、全てを把握するのは非常に時間がかかりそうです。

  • ▲輸送機はカッセル学院でも乗ることができる赤ヘリ。

プレイヤー全員が敵のソロモード

 今回、体験させていただいたソロモードでは全60人でのサバイバル戦となるため、終盤まで生き残りつつ、ある程度の単体攻撃性能が高いプレイスタイルがいいと考え、アサシンを選択してみました。

 いざマップに入ってみるとその広さにびっくり。事前にマップを見ていた時から大きいことは分かっていたのですが、これはかなり気合を入れて作り込まれていると感じましたね。



 まずは手持ちが一切ないので、武器や回復アイテムが獲得できる物資集めから。

 定石ですが、ここでの確保の速さもバトロワではかなり重要なので、アイテムボックスが落ちているイメージが強い廃墟の前に降りたのですが、これが大当たり!

  • ▲序盤からこの大量の物資はかなりありがたいですね。


 獲得できる物資は回復アイテムや武器などの装備品が主ですが、ゲットした武器にはランダムステータスという要素があり、同じ名前の武器でも性能がかなり変わってきます。

 また、この物資箱から獲得できるバックによって持てるアイテムの数も変わるので、そちらもなるべく性能が高いものを早めに入手したいです。

  • ▲例えばこの2本の武器ですが、基礎ステータスの与ダメアップは紫月が優秀ですが、ランダムステータスだと次元斬りの方がかなり優秀となっています。


  • ▲他にも被ダメージをカットできる装備も手に入ることがあるので、支給品はなるべく序盤に多く獲得したいです。

 始まってすぐに装備箱の大型も中型もたくさんある場所を見つけられたのはラッキーでしたが、やはり筆者以外にも物資を狙っていた人がいました! しかし、先に装備と回復アイテムを補充できていたためになんとか勝利。

  • ▲相手はガンナーで、後方から攻撃を仕掛けてきましたが装備のおかげで一気に接近でき、そのまま撃破。

 これで一旦は安心というわけで、せっかくなのでマップ内を少し探索してみました。今回降り立った場所は、廃墟と森が合体したような場所で、川なども流れていました。

 探索していて思いましたが、やはりこの作品のグラフィックはスマホゲーとは思えないほど綺麗ですね。

 PCのバトロワゲームをやっている気分になっちゃいました。


 途中、岩の後ろに潜伏していた敵と遭遇し、ピンチになりましたがそれ以外は順調に進み、ふとマップを確認するとかなり縮小していました。これは一定時間ごとに起こるものでバトロワゲーをやり込んでいる方ならお馴染みですよね。


  • ▲上記2つを比べると一目瞭然ですよね。時間が経つごとに戦える場所が狭くなるので、どんどん戦闘が激化していきます。

 このマップ縮小で紫になっている範囲にいると毒状態になり、どんどんHPが削られ、最終的に脱落してしまうので、こまめにマップは確認することをおすすめします。



  • ▲この“雷霆作戦”では、たまにマップ上に爆撃というランダムで出現するダメージゾーンが現れます。上のように赤く表示されている場所は要注意!

 そして、ついに右上のミニマップからも縮小エリアが見えるレベルになり、残り人数が筆者を含めて2人に!

 ここまでくれば先に仕掛けた方が有利と判断し、後ろから残り1人のガンナーに斬りかかり……なんとか1位をもぎ取りました。


 1位になると上記のように“ドンかちゅ”と“サバイバルマスター”のタグが表示されます。この画面を見たときの達成感はすごいもので、ぜひまた頂点を目指したくなります。

5人1組のチームモード

 前述しましたが、今回プレイしたソロモード以外にも、もう1つ“チームモード”という5人でチームを組み、勝利を目指すプレイモードがあります。こちらではアプリ内のボイスチャットを使って連携をとることもできます。

 チームモードは、ソロモードと基本的な遊び方は変わりませんが、自分やチームメンバーが他プレイヤーに攻撃され瀕死状態になった時に、救助することができます。

 救助できれば、また戦闘に参加できるので、いかにチームメンバーを減らさずに戦い抜けるかというのも重要となります。

  • ▲救出されるとHPゲージの色が黄色から緑色に変化し、復活します。

 他プレイヤーに倒されてしまった場合は、観戦することができるのでバトルの行く末を見届けられます。


“雷霆作戦”報酬

 また、この“雷霆作戦”では一定の条件を満たしたり、このモードでもらえるアイテム“雷霆メダル”を使用することで限定の称号やアイコンなどが獲得できます。


 今回、“雷霆作戦”のソロモードを一足早く体験させていただきました。このコンテンツはこれまでの『ドラブラ』とは違い、サバイバル性や他プレイヤーとの読み合いなど新しい要素や戦略が増える素晴らしい新機能でした。

 装備も現地調達なので、ある程度の運要素があり、手に入れた装備次第で上位を目指すことも!

 ぜひ一度この“雷霆作戦”をプレイしてみてください。

※記事内の画像や情報はすべて開発中のものです。実装時と異なる場合があります。
©Tencent Games
©ARCHOSAUR GAMES