『仁王2』新武器の仕込棍はどんな武器?

シュー
公開日時

 コーエーテクモゲームスは、発売中のPS4用ソフト『仁王2』のダウンロードコンテンツ(DLC)第1弾となる“牛若戦記”を7月30日に配信します。

 この記事では、電撃の『仁王2』担当の攻略ライターのシューが、事前にプレイして感じた“牛若戦記”の新武器・仕込棍について解説します。

 また、仕込棍の特性やオススメ武技を紹介した、解説動画も公開しているので、こちらもぜひご視聴ください。

伸びてよし、回してよしの仕込棍

 待望の『仁王2』DLC第1弾の新武器は"仕込棍"! ピンと来ない人も多いと思いますが、基本は長い棍です。これが2つに分かれて2本の短い棍として使えたり、先が鎖分銅のようにもなったり……というのを想像していただければ。

 最大の特徴は、攻撃時にボタン長押しで棍が伸びたり、回転したりと可変であることです。

 ちょっと想像しにくいので、上の動画を見てもらうのが一番わかりやすいかなと!

  • ▲真ん中で2つに分かれて、かつ鎖でつながった先端を振り回すこともできます。

 構えやコンボによって仕込棍が伸びるか回転するかは決まっていますが、伸びる際は鎖鎌と同等かそれ以上にリーチのある印象。棍自体や端を回転させる攻撃では驚異的なヒット数を誇ります。このリーチとヒット数の両方を備えているのが強みですね。

  • ▲上段構えの強い攻撃のボタン長押しは、とくにリーチが長く安全に攻撃できるほど。
  • ▲攻撃や武技をキャンセルできないことがしばしば。使い所が肝心。

 性能は攻撃力で突破するよりも、リーチやヒット数を活かすテクニカル寄りで、通常攻撃での気力削りは控えめ。また、やや大型の武器のせいか攻撃モーションにクセや硬直がある印象を受けました。つかず離れずの中距離戦が好きな人はお気に入りになるかも。

  • ▲下段構えはその場で回転させる攻撃が多く近距離向け。反対に上段構えは前方への攻撃が多く、中距離向け。

 武技は全体的に乱打系、多段ヒット系が多く、敵の気力切れや攻撃後の隙に一気に畳み掛ける使い方かなと。とくに属性付き仕込棍による属性やられ付与の安定感、信頼感は攻略でも頼りになりました。

 ただ、上記でも説明しましたが攻撃時の硬直が強く、タイミングを見極めないと反撃を受ける機会も増えてしまいます。

  • ▲ヒット数の多さは属性付きの仕込棍や武技カスタマイズとの相性バツグン!

仕込棍の武技を解説!

 使い勝手の良い武技をいくつか紹介します。

脛拉ぎ(すねひしぎ)

 まずは中・下段構え専用の脛拉ぎ。下段で棍を回転させ、多段ヒットによって敵の気力を根こそぎ奪います。気力削りが控えめな仕込棍にとって、生命線とも言えるくらい重宝しました。

  • ▲武技もボタン長押しで性能が変化し、脛拉ぎは棍の先端が回転してものすごい勢いで気力を削ってくれる。

繚乱棍(りょうらんこん)

 2つ目は中・上段構え専用の繚乱棍。棍を回転させながら前進する武技で、これもまた圧倒的なヒット数が魅力です。武技カスタマイズに属性を付与すれば、あっという間に属性やられにできる超便利技です。

  • ▲大回転させながら前進する武技。ボタン長押しでダメージ増加と攻撃範囲が拡大され、気力切れの敵を圧倒できる!

 仕込棍を変形させるタイミング、攻撃を仕掛ける瞬間の見極めなど、使いこなすのは大変。ですが、どの武技も使っていて楽しく、属性やられを軸にした組み立てが面白いです。ぜひ使ってみてください!

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

仁王2

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2020年3月12日
  • 希望小売価格: 7,800円+税

仁王2(ダウンロード版)

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2020年3月12日
  • 価格: 7,800円+税

仁王2 Deluxe Edition(ダウンロード版のみ)

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2020年3月12日
  • 価格: 10,800円+税