『チェンクロ』7周年記念キャラ人気投票の電撃読プレ当選者をユーザーコメントとともに発表!

まり蔵
公開日時

 2020年6月22日~28日にかけて電撃オンラインで実施した、iOS/Android用RPG『チェインクロニクル3(チェンクロ3)』7周年記念キャラクター人気投票。すでに結果は速報でお伝えしましたが、この記事ではユーザーさんから寄せていただいたコメントを紹介します。


 この企画は、『チェインクロニクル』の7周年を記念して実施した人気投票です。エントリーしたキャラクターは、総勢929名! 300位までのキャラクター順位は、結果発表の記事でご確認ください。

7周年記念人気投票 速報結果

 投票の際、たくさんの方から一番好きなキャラクターへメッセージが届きました。今回、メッセージを送ってくださった方の中から7名を選ばせていただき、その方々に電撃オンラインからプレゼントをお贈りします。おめでとうございます!

 まずはトップ10のキャラに寄せられたコメントを紹介した後、当選した7名をコメントとともに発表します! さらに、当選された7名以外にも、本当にたくさんの方から各キャラクターに熱いメッセージが届きました。その中からほんの一部ですが、いくつかご紹介したいと思います。ぜひご覧ください!

 なお、投票の際にお答えいただいたアンケートの結果も、後日別の記事で紹介させていただきます。そちらもぜひ楽しみにお待ちください!

トップ10のキャラに寄せられたコメントを紹介!

【10位】ヴェルナー

●元々魔法使いが好きで、特に攻撃力の高かったヴェルナーを7年間リーダーにし続けてきました。破壊魔と評され恐れられつつ実力の高さから慕われもしてきた彼の仕事ぶりがアリーチェ篇で垣間見れ、自身の破壊欲求より師団長として部下、市民への指示を優先したこと、さらにはアリーチェたちのワガママとも言える行動に柔軟に対応したことで惚れ直しました。(もちおさん)

●単なる荒くれ者の戦闘狂ではなく、面倒見がよくて勇敢で強いヴェルナーさんが大好きです!! ヴェルナーさんを知れば知るほどどんどん好きになっていきました!!(クロノさん)

●爆ぜろって言うわりにはちゃんと常識兼ね備えているところが大好きです。(いださん)

●そこにヴェルナーさんがいるから。(ぱんだの実さん)

●V1のイラストの爬虫類風味なお顔に惹かれたのが最初です。ストーリーを読むと、やんちゃなお顔に反して、紳士的な一面があったり、実はお勉強ができたり、生活力高め男子だったり……あらやだギャップ萌え製造機!? お祭りにはしゃいだり、ホットドッグが買えなくておこだったり、子どもっぽいところもあって可愛い!! そして何より、強い!!!! 雑魚はまとめて爆ぜる! ボスも爆炎滅殺っ!! 高レベルのバトルフェーズではかなりお世話になりました。いつもありがとう、ヴェルナー。これから先も、よろしくね。今までもこれからも、ずっっっとヴェルナーを愛します!!(蓮咲さん)

【9位】ファティマ

●ギリギリの服装デザインと、三賢者と少女としてのギャップがかわいいです。(チムたんさん)

●メインパーティのリーダーとして、一番頼りに、お世話になっています♪ 三賢者の中で、ダントツで大好きです。甘党ところも、かわいくてズキッです。グランドにきた時は、生放送を見ながら叫んでいました。きたーーと言いながら。もちろん、グランドフェスを引き、お迎えしました。これからも、ファティマの心の成長を見守っていきたいです。(サワさん)

●かわいい! 強い! ビームがかっこいい!(ミントンさん)

●甘党なのと、メルティオールへの容赦ない扱い。(シュンユさん)

●全裸はそうそういない。覚悟が違うよね。(虚空蔵さん)

●第1部から現在までの間に、静かながら確実に成長してきたファティマ様ですが、グランドサーガで実装された姿に衝撃を受けました。定められた運命に対し諦めともとれる悟りを開いていた最初から、主人公や義勇軍との絆を通して運命は変えられると知り、そして、今の彼女はまったくの白紙の未来を仲間とともに切り開こうとすることにワクワクして微笑んでいる……。今後さらにどんな成長を見せてくれるのか、とても楽しみで愛おしいキャラクターです!(ケリーさん)

【8位】ヨシツグ

●シュザV2のキャラクタークエストで、老臣がシュザとの闘いの末自害した話の中で、ヨシツグが発した「まこと、妬ましきことよ」という言葉、そしてヨシツグのキャラクタークエストでの、さまざまな葛藤からあふれ出た感情。誰よりも鬼として生きたいと思い、それが叶わないヨシツグの真っすぐで切ない想いが、3部で鮮明に描かれており、いつ見ても涙してしまいます。そんなヨシツグだから、弟や臣下も精一杯尽くそうと沢山集まってくるのだろうと、微笑ましくも思います。ヨシツグが好きな理由は始めてからの6年でたくさん増えました。これからも増えると思います。なので、長生きしてください。まだまだ世界は終わってないですよ、ヨシツグ様。(翠煉さん)

●アルカナ初登場の時にそのボイスにやられ、ずっと活躍を見守って来ました。3部で生存がわかった時は、本当にうれしかったです。また、伝承編で幼い頃の姿が見られ、大人の時とはまた違った姿にわくわくしました。(あずまさん)

●カエルはあまり得意ではないですが、ヨシツグの治療のために必要なら頑張ってとってきます……夏バテには用心してください!(はなさん)

●『チェンクロ』を続けている理由の一つに「ヨシツグがまだ生きていて出番もある」ということがあります。病に伏せっぱなしで今後出番一切ないということがあってもおかしくない中、出番があるのが本当にありがたく思っています。無理はしてほしくないですが少しでも長生きはしてほしいです。ワガママかもしれませんが、鬼として戦っているヨシツグを可能な限り見続けていたいと思います。(まいこさん)

●ヨシツグ大好きです! 病であっても衰えぬ別格の存在感、本当にカッコよすぎてシビレます。もとより魅力あふれるヨシツグですが、最近は次世代に対しても器を示してみせるヨシツグに惚れ直しました。仮にこの先短い生涯を終えたとしても、ツル姫にとっては目指すべき強さの象徴として道標になり、またヨシカゲやアマツらによりその生き様は語り継がれ、ヨシツグという賢君の名が鬼族から忘れ去られることはないのだろうなと思います。この先もその武勇を轟かせながら長生きしてほしい反面、命すり減らし激しく生きる彼を見届けたいという気持ちもあり、日々葛藤です……。今はどうか彼にとって、彼なりに満足のゆく幸多き生涯になりますようにと祈るばかりです。これからもずっと応援し続けます。少しでも調子のいいときには、また氷狼貴公子の話を聞けることを楽しみにしてます! トマトジュースを用意して待ってます。(トリスさん)

●兄者がいたから、7年という長い間、絆を深め続ける事ができているのだと思います。兄者、大好き!(みやのさん)

●本当に心から好きで、一目惚れしてよかったと思っております。人生で推し続ける所存です。あの容姿に、天才剣士、仲のいい弟など本当に素敵なところばかり。これからもあなたの活躍を応援させてください。(李瓜さん)

【7位】アマツ

●ツノなしということで世の中を諦めていたひとりの漢が立ち上がるまでのストーリーが心にぐっと来ました!!!!(りとさん)

●なんだかんだ、3部中で精神面の成長が一番大きなキャラだったと思っています。おめでとう、そしてこれからも宜しく。(ちゃさん)

●一度大白熱した盛り上がりで完結した二部。それに対し新主人公、新展開で本当にまた楽しめるのか?と疑った自分が大間違いでした。アマツのカッコよさ、マイノリティーとしての苦悩。旅を通じて見えてくる優しさ。全部がカッコいい! とのめり込んでしまいました。(ronzaemonさん)

●誰も信用していなかった一匹狼が仲間と出会って心を開き、成長していくのが涙なしでは見られません! 最終話のオウシンを「宿敵」というあのシーンは鳥肌ものでした。ストーリー最高です! とにかくアマツが夢に出てくるくらい好きです!(チゲさん)

●登場当時、これまでの『チェンクロ』にはないタイプのキャラクターで驚いた。他者との関係にシビアな所がいい。(あおいさん)

●最初はいけすかない奴だと思っていたけれど彼の怒りを元にした抗う力、それで運命を切り開いていく力に惹かれました。カッコよさだけでなくヒトリをはじめとした周りの人たちに振り回されたりネタ伝授が映えたりするおもしろさも持ち合わせていてさまざまな魅力を持っているところが好きです。ヒトリ、ベニガサとの珍道中、オウシン様とのライバル関係、ロクショウとの複雑な関係性など人間関係の幅も広くて、最初はぼっちのねくらの印象からどんどん世界を広げていく過程も好きでした。本当に色々な人と関わり、助け合い、彼の成長していく過程を見ていくのが大好きでした。それでいて根本はあんまり変わらない強さもあったりしてアマツみたいな人になりたい、と思わせてくれるキャラでした。アマツ編自体は完結しましたが彼の物語をまた追いたい、もっと見てみたいと思いました。本当に、本当に様々な要素が詰まっていて大好きです。これからアマツ君がどんな生き方をしていくのはわからないけれど、ヒトリやベニガサをはじめとした関係性が維持されていたらいいなって思っています。最後に。アマツ君、長い間お疲れ様。貴方に幸あれ。(ハイウインドさん)

【6位】セレステ

●セレステは別宇宙からユグドを繋ぐ、チェインクロニクル世界の紡ぎ手のようだと思いました。 はるか神話の時代からの縦糸に、今のユグドでの家族や仲間との絆という横糸を紡ぎながら、出会った人々とともに世界を知り、キャラクター同士、また開発者様とプレイヤー間の理解と共感に基づいたチェインクロニクルという美しい織物を作り出しているキーキャラクターだと思いました。(なびきさん)

●いろんな仲間と出会って、いろんなことを知って傷ついて、それでも決断していく姿に心を打たれました。大好きなセレステにたくさんの幸せが訪れますように。(玉ねぎさん)

●かわいいは正義。(ジージョさん)

●心が洗われます。(こーてつさん)

●『チェンクロ』の世界を救えるだけじゃなく、僕まで救われた気がします。(ドナッツ工房さん)

●純粋でかわいい! これからもクーシャン&シーシャンとともにたくましく育っていってほしい!(もちこさん)

●純粋無垢さと、真直ぐ素直な点に応援したくなってしまいます。出自が問題になっても、責めてくる人を責めない優しさと健気さに心打たれます。(イノリさん)

●素直で本当にかわいい、恋人というより娘のような感じで守ってあげたい存在です。これからのストーリーが気になっているけど、何があっても好きなキャラです!(ヴァースさん)

●誰に対しても好意的で悪意のないセレステが大好きだし、尊敬します。次の自分のために、今まで出会った人にもらった思い出の品を整理するシーンは涙が出ました。見た目などの違いで拒絶や差別が起こるのは現実社会にも通じるので、セレステを全力で応援します! いろいろな違う人が共存できる世界って素敵!!(ヒロコさん)

【5位】フィーナ

●『チェンクロ』という作品の始まりのキャラクターだと思います。そしてそのひた向きな性格、貴女がヒロインでよかった。(あるふぁさん)

●どのキャラクターもたくさんの困難にあって、誰かを支えたり、または誰かに支えられたりして乗り越えてきたけれど、その中でもとりわけ多くの困難を経験し、大きく成長したキャラクターだと思います。特に、敵である黒の軍勢を率いる総大将にして、彼女の父親と対面するところは印象に残っています。義勇軍とともに世界を、自分たちの居場所を守り通す意志が強く伝わる一面でした。少し天然なところもかわいらしく、彼女の魅力の一つだと思います。(レイユさん)

●もう早く主人公と結婚してくれと思います(7年越し)。(セラフさん)

●温和ながら芯の強い性格を成長の中で獲得していったため(スコッチさん)

●広告で見たフィーナが切っ掛けで『チェンクロ』を始めました敬語で話すおしとやかな女の子というそれだけでもとても好きになってしまいましたが、仲間のために精霊を演じたり、友だちに影響されて厨二病を発症したりと様々なキャラクエで見せる新たな魅力に悶絶してしまいました。メインストーリーでも少しずつ仲間や主人公に甘えられるようになったり、何も言わずに結界を張って仲間を守ろうとしたり、語りきれないほどの魅力を我々プレイヤーに何度も見せてくれました。普段ソシャゲなど全くやらない自分が唯一『チェンクロ』を続けられているのはフィーナの魅力によるものが大きいなぁと日頃から感じざるをえません。存在してくれてありがとうフィーナ。(唐揚げの精さん)

●初登場時はとても謎が多い子で、この子はどんな子なのだろうクロニクルとは何なのだろうととても興味が湧いたことが『チェンクロ』の一番古い思い出です。途中離れた時期もありましたがフィーナが7年間僕と『チェンクロ』を繋げてくれた存在です。今となってはとてもたくましく、優しいお姉さんに成長したなと昔を振り返ると涙が出ます。ユーリとの絡みも大好きで3部に入り減っていましたが最近また増えてきたのがとてもうれしく楽しみにしてます! これからも活躍期待してます! 頑張れフィーナ!(AQUAさん)

●第1部で守られたきたフィーナが、どんどん心身とともに成長していき、第3部では立派に戦えるようになった。主人公と肩をならべて戦える、本当に頑張ったんだなぁ、と思います。(ヒッキさん)

【4位】メルティオール

●いつも己の興味関心に正直で、決して妥協をしない姿勢をとても尊敬しています。いつか世界の心理を解き明かすそのときをお待ちしております。(桐吉さん)

●いつも問題を起こしては、ファティマにぶっ飛ばされて(笑)。出てくるだけで、楽しみです!(るみねすさん)

●いろいろあるけど、(いろんな意味で)好きです、結婚してください。(エミさん)

●天才と変態は表裏一体。(レヴォーグさん)

●マッドサイエンティストなのに、人の心を重視したり、迷惑はかけても犠牲は出さなかったり、実力を完全には見せていないようなところが好きです。(qssさん)

●賢者の塔ビームに撃ち抜かれました。(おとうふさん)

●黒騎士伝で好きになった。自爆装置を発動せざるを得ない状況でのあの言葉は強がりだったのか、次の世界を見越しての言葉だったのか。黒騎士伝は全体的にやってて辛かったけど、賢者の塔の場面はなんならトラウマになるくらい。けど、そこにグッと来てしまった。(nicoさん)

●自分の研究のためなら何でもするけど、人間の存在、個人を踏みにじらないのがいい。(仙華さん)

●実際に近くにいたら迷惑極まりないけれどはたから見てる分にはあの変態さがクセになる。ファティマやディルマに吹っ飛ばされてるのもまたよし。(ちゃつさん)

●周りをかえりみない、突き抜けた変人っぷりがむしろ清々しいです。ずっとそのまま突っ走ってほしいけど、エピソードでいろいろ違う側面も見てみたい気も……。黒騎士編では、あんな悲惨な世界の終わりの中でも、彼らしい悲壮感のない生き様をみせてくれて、少しだけ救われるとともに、より好きになりました。(しゅおうさん)

【3位】リヴェラ

●一番その人生が報われてほしい!(至高の人さん)

●『チェンクロ』のもうひとりの主人公だと思っていますリヴェラ伝を読んで、やんちゃだったリヴェラと、旅立を決意したリヴェラ、そのストーリーを読んだことで好きになりました。(リット☆さん)

●強くて、かっこよくて、大きくて(乳が)、優しくて、眩しくて、こんなに美しいお姉様を愛することで素敵な人生を歩むことができました、あなたは私の光です。ありがとう、いつもありがとう。(はまち大将さん)

●とにかく強いお姉さま!(笑) 私(主人公)も台詞で「はい、お姉さま」とか選択肢で言ったことがあったくらい、とっても好きです♪(ユエ。さん)

●もうひとりの主人公のような感覚でストーリーを見れているので、いろいろ想像すると熱いストーリーがたくさん出てくるところ。(りーのんさん)

●引っ張りに引っ張って実装してからの声優が水樹奈々さんという組み合わせが最強。(ぷちぐらすさん)

●実装時とても強かったことを今でも覚えています。初めて親愛度100、そして親愛度999にしたキャラなので、とても思い入れがあります。(アメリカさん)

●初登場時、性能がものすごく強く、かっこよくこのキャラなしではもうクエストをする気になれなかった。(リュウガさん)

●世界を守るための行動力と精神力、とても尊敬します。姉としてのほっこりの一面もかわいらしいです。(ユウキさん)

【2位】シュザ

●ずっと好きなキャラです。年末年始のガチャが今年はグランドシュザ、V1も年明けのガチャだったので、『チェンクロ』の新しい1年をシュザで迎えている感じもあり、思い入れが一段と強い。(虚さん)

●とにかく、かっこいい。最初はただ強さを求めるだけだったのが、先の先まで考え、九領全体のために動くところが、本当にかっこいい。(アーニャさん)

●とにかくカッコいい! どんどん強くなるし、ブレない。戦では必ず使います。シュザ様万歳!!!(マナナさん)

●ファンタジー作品の「ライバル」としての要素がしっかり詰め込まれた敵役ファンにはたまらない設定とストーリー、ビジュアル、そして声。1部の終盤の中ボス的位置から3部最終盤までのキーキャラで息の長さも頷ける逸品。(ぎゃばさん)

●やはり最強のこのお方……。グランドサーガが実装されて息をするようにゲットしました。黒葉.Kさんの素晴らしいイラストももちろん最高です。チヨメとともにどこまでもついて行きます。(のっぺさん)

●何度使っても上手く操作できません。故に頑張って使い続けているうちに、愛着かわいてきました。(ハルさん)

●強い! カッコいい! すべてが完璧! 緑川さんの声もステキです! 『チェンクロ』でシュザほど頂点という言葉が似合うキャラはいないと思います!(ツコさん)

●側から見ると、無茶苦茶で扱いに大変なボスだけど、それでも付いていきたくなるカリスマ性には逆らえない……! もうオーラから何からカッコよすぎて心臓が持たない(笑)。精霊石も欲には抗えないです……。(ロストさん)

●いついかなる時も大胆不敵……己が道を征くシュザ様が大好きです。数多いる傑物を纏めあげる統率力と黒の因子に半身を侵されながらも前線に立つ強靭な精神力。そしてその上で“千河の生ける伝説”ラファーガと単身で戦り合える鬼妖精は後にも先にも彼だけなのではないでしょうか。常に先を見据え九頭龍ですら己が力に変えようと計略を練る彼の在り方は一貫して戦を華とする戦鬼そのものですが、チドリやツル姫が抱く泰平の思想にも理解を示す柔軟な姿勢はある種鍛え上げた一振りの刀のようにも思えます。彼の見据える覇道の行き着く先がどの様な景色であるのかわかりませんが、いつの日かその野望の果てを物語を彩る多くのキャラクターの活躍とともに見届けることができたら幸いです。(グリムハートさん)

【1位】主人公

●ずっとずっと一緒に旅をしてきました。主人公なくして、『チェンクロ』は存在しないです。(かのこさん)

●ストーリーでたまにボケた選択肢をするお茶目なところ。(うぇあすさん)

●長い旅を続いできた、いろいろな物語を見た。そして乗り越えた。(明海さん)

●一番長く過ごしたから思い入れがある。他のキャラクターが強くなってもたまにパーティに入れてしまう。(ヘノッピさん)

●無口で何を考えているのかわからないけど、誰にでも優しくてすべてを救ってくれるところ。(リュートさん)

●1部から2部までずっと一緒に旅してきて、いろんな義勇軍の仲間にあったのでとても愛着がわきました。あと、主人公たちの義勇軍の仲間のことを受け入れるけど、迎合はせず、悪いと思うことは悪いといい、かといって考え方の押しつけはしないというバランスが好きで、その中心が主人公なのかなと思うととても好きです。あと、声が石田彰さんなのはとてもよいですね!(あんこさん)

●死んだ魚の目をした主人公に衝撃を受け、ストーリーが進むごとに目に光が宿り、力強くなっていく。三部になってもやはり『チェンクロ』の主役はツカムくんです。(JAMさん)

●やっぱりツカムくんが好きです。自分の名前でプレイしてるのですが、でも、なんというかこのツカムの存在が好きなんです。黒騎士伝ありがとうございました。(ティキンさん)

●彼こそがこの物語の主人公。彼こそが要。何も持たない一青年が仲間を得、力を束ねて滅びに立ち向かうストーリーにワクワクしない人はいないのではないだろうか。(猫さん)

●義勇軍隊長であり、我らが主人公! やっぱり、隊長がいなくちゃ物語は進みません。第3部が終わり、次はいよいよ第4部。「隊長視点に戻るのかな?」、「新しい衣装になるのかな?」と、今から次の展開が楽しみです。あと、「光を掴む」のニューバージョンにも期待です!! これからも、ずっとずっと、応援しています。(シューマさん)

読者プレゼントに当選した7名を発表!

イザーク

 キラキラの仮面姿で、エシャルちゃんたちの前に現れたのが初登場でしたね♪ 初めて見た時のインパクトが今でも忘れられません(笑)。

 昨年のエシャル篇11章で、ついに仮面の下の素顔と名前を明かしてくれました。私にとって、エシャル篇11章は彼の背負ってきた重さを知れた物語でした。エシャルちゃんのことをずっと心配していたお兄ちゃん。石化してしまったお母さんに「ごめんね」とずっと後悔していた家族思いのお兄ちゃん。エシャル篇の最終章で、お母さんが元に戻った時、泣いていた彼を見て、本当によかったなと感動しました! 仮面の下には、いろんなものを背負ってきたと思うし、家族思いの優しいお兄ちゃんだと一気に大好きになりました。

 実装された時は、無事完凸することができました! 毎日我が義勇軍で、かっこいい回し蹴りと爽快な必殺技「はーはっはっは、逃がさないぞー☆」で前衛で仲間を守って戦ってくれています!! 今、親愛度も650まで上げることができました。頑張って1000、それ以上の愛を注いでいきたいと思っています!! これからも、素敵な兄ちゃんでいてな! 大好きやで、イザーク兄ちゃん♪(ミカエラと優ちゃんさん)

エイラ

 嗚呼、エイラさん。ストーリーの中で新しい一面をたびたび見せてくれる貴方が、とてもとても愛しい……。はい? なんのことって? またまたぁ~、前回推しコメントを送ってから1年間、その間にあったエイラファン歓喜の登場シーンと言えば、そう! 大掃除の「物を処分できないエイラさん」のシーンですね!! らしい……らしいですよエイラさん! 大好き! おっと心の声が。

 精霊島の森妖精であり騎士でもあるエイラさんは、レジェンドアルカナとしての実装や新規イラストこそ「まだ」ないものの、メインストーリー、イベントシナリオ、グランドサーガ、他のアルカナのキャラシナリオなどなど、お話における登場の場はさまざま。3部になってからエイラさんを認識したという方もおられるかもしれませんが、初登場は2015年12月の“森の魔神 ズフラス”襲来イベントで、なんとアインスロットを「君」付けで呼ぶ姿が見られます。穏やかで朗らかなエイラさんの人柄もたっぷり堪能できますので、未読でしたら、ぜひシナリオ一覧からプロローグシナリオを読んでみてくださいね。

 セレステ篇もめでたく完結を迎え、登場機会が増えた3部も今やクライマックスチャプターを残すのみというところ。4部がどのようなものになるか、いち『チェンクロ』ファンとして楽しみな気持ちに勝るものはありませんが、エイラさんのお話が引き続き紡がれていくことを願っています。そして、いつかまた前線で活躍させられる日がくることも……。刻印剣も持たせてあげたいし、親愛度セリフも気になるぅぅ。やんちゃだったっていう若かりし頃のエイラさんのことももっと知りたーい!(せせりさん)

エシャル

 私にとってのエシャルは心の支えであり光です。いつもエシャル篇が更新されるたびに「どんな活躍をみせてくれるんだろう」とわくわくしたり「今回の話では苦しまないでいられるかな」と心配になったり、いい意味でも悪い意味でも心を突き動かされてきました。

 記憶をなくして手探りで駆け抜けてきたエシャルの集大成を12章で目の当たりにしたとき、エシャルのあの成長した姿を見届けるために私は「エシャル篇」を見てきたんだと確信しました。彼女の思い描くハッピーエンドのために、一切の妥協を許さないエシャルの生き様は私にとっては眩しすぎるものでしたが、それ故にずっとその輝きを見ていたいと思うほどに強烈なものでした。月並みの感想ですが、エシャルの未来へ渇望する姿を見て私自身が勇気づけられるような気がしました。

 エシャル篇のラストがまさに「幸せを勝ち取った」ものであることが本当にうれしくてなりません。これから先のエシャルの人生が幸せなものであり続けますように。もう、そう願い続ける必要はないという、その安心感そのものが、私がエシャルを好きである最たる理由だと思います。出会えて本当によかったです。エシャルというキャラクターを生み出してくれたチェインクロニクルと、イラストレーターの竜徹さん、声優の大橋彩香さんに多大なる感謝を。そして、ずっと頑張り続けてくれたエシャルに精一杯の感謝とお疲れ様を。(黒星さん)

オルドレード

 閣下の話をするとしよう……え? オルドレードの話では? と思った方はルークのチェインストーリーを読んできてほしい。話はそれからだ(オルドレードのキャラクエを読んでも彼が義勇軍の隊長とは違うアプローチで世界を救おうとしていたことは語られないので)。

 一部のチェインストーリー読了した人にだけ明かされた己の正しいと思った道ならこれまでのすべてを捨てて進むアンチヒーロー的な存在で、そのこともっと知ってほしいというもどかしさに苛まれたまま2部が終わり3部が始まり……そしてヘリオス篇で青天の霹靂、そこには元気な閣下の姿が……! ヘリオス君を鼓舞するような、いいことをたくさん言うので読みながら、やめろ……それ以上いいことを言うと死んでしまいます……と心配が尽きず読み進めたら案の定そうなる……でも私は死なないとご自身で言ってくれて私を安心させてくれましたね……(遠い目)。

 その後も、伝承篇アインスロットのキャラクエに突如現れたり、2月恒例愛の聖人の日イベントにカデッサによりまさかの名前だけ出てきたり、Ver.2が実装されキャラクエで閣下らしい柵に囚われない自由なご活躍されたり、6周年の寄稿イラストにいらっしゃったり……出てくるたびに私の想像の範疇超えて高い打点更新していくので、伸びしろの塊の可能性のバケモノかと思いました。

 何をなさってもおもしろくワクワクと爽快感がともなうのは、自分に正直で周りに指差されても左右されず自分の力で実現させるという現実ではなかなかできないことを彼ならやってくれるからという期待があるからかもしれません。これからも自由に生きて私を楽しませてください。よろしくお願いします。(大暮でいもんさん)

ヘリオス

 もうすぐ、君の物語に一区切りつくね。君が、はじめの一歩というにはあまりにも大きな一歩を踏み出したことから、また世界は動き出した。君の優しさ、強さ、勇気、慈愛によって、世界は動き物語を紡ぎ始めた。

 無邪気だった君の見たものから、新しく瑞々しいユグドを見せてもらった。傷つき、悩み、苦しむ君のみたものから、ユグドの厳しさを教えてもらった。優しい君の眼差しの向こうには、同じく優しい眼差しを返す人達がたくさんいて、ユグドに住む人々の優しさを感じられた。何があっても前を向く君の眼差しには強さがあふれていた。

 君自身の強さ。人に頼る強さ。その強さに応える周りの人々。君がいるからこそ、強者が君の周りに集った。ユグドの人々は強いのだということも、君が示してくれた。君の目を通して見るその世界は、多様な色彩にあふれていた。ありがとう。

 今、大きく頼りがいのある君の背中を見ている。君の成長を見させてもらったことに、とても感謝している。応援するしかできないけれど、少しでも君の背中を押せるように、応援の言葉を心の中で叫ぶよ。どうか、君の願いが叶いますように。どうか、優しい君が笑顔に囲まれて笑える時がきますように。

 そして……もっともっと、君の目で見たこの世界が見たい。その時は、よければまた背中を押させて……。少しでも、一歩を踏み出し続ける君の追い風となれるように。(板チョコさん)

ヘリシティー

 今でもよく覚えています。自分が『チェンクロ』をプレイしたのは、電撃オンラインさんの記事がきっかけなんです。『チェンクロ』2部がはじまり、大海酒場ガチャが開かれ、電撃オンラインさんの特集記事が組まれ……。当時『チェンクロ』をプレイしていた兄に、その記事を見せてもらいました。

 衝撃でした。まさに電撃です(?)。細い体と真っ白な肌によく映える白い水着!! その白と、黒や金のブーツ、お袖!! 白黒のコントラストが奏でる圧倒的狂想曲!! お肌の露出も多めで全体的にゴージャスな色使いでありながら、全体を見たときに爽やかなかわいらしさを感じるのは、大きな麦わら帽子と、見るもの皆を恋に引きずり落とすその笑顔。彼女の飄々とした、オモチロいことが大好きな性格を読み取ることができる口角。お目目をアップで2時間と24分鑑賞した時は、あまりにも綺麗すぎて【宝石】で結論が出ました。今も変わりません!!

 キャラクタークエストや、彼女が出演しているイベントクエストを見れば見るほど、謎と興味が深まります。なにやら壮大な過去をお持ちのご様子。いったいその細い身体に、どれほどのモノを背負っているのか……。ヘリシティーは、「オモチロい」のが大好きな魔女さんですが、私にとっての「オモチロい」はあなたに他なりません。彼女が生きた何千年の時からすればほんの僅かですが、あなたを知ってはや5年半。この恋心は加速し続けています。

 好きが高じて、魅力と謎をまとめて考察した論文を書いたり、1日20枚絵を描いたり、コスプレをしたり、親愛度システム実装時に大急ぎで親愛度999にして絆の生放送にうちのヘリちゃんを出演させたり、セリフを全部スクショしてお仕事の休憩時間に見直してみたり、バレンタインにチョコを贈ってみたりと……思いつく限りの「推し活」をしているのですが、まだまだ燃え尽きる気がしません。私のヘリちゃんへの愛は、『チェンクロ』が続く限り、いや、私が寿命を迎えても不滅です!! 私の骨は大海に撒いてもらいたい……。これからも、大海にぷかぷか浮かびながら、彼女らしく、気ままにこの世界の行く末を見届けていってもらいたいです。人を助け、幸せにしてあげてほしい。そして願わくば、過去は過去として、もう、あなたも幸せになってほしい。義勇軍と出会ったあなたには、たくさんの仲間がいるのだから。

 あくまでゲームの世界のひとりではありますが、真剣に、心から幸せを願い続けています。ヘリちゃんさんが実装されてからしばらくしてからのイベントクエスト【私をバカンスに連れてって】で、ヘリさんちゃまがしたことへのみんなの反応を見ると、「またアイツが何かやらかしたのかー」って感じなんですよね! すっごい溶け込んでますね! ほほえましくなりました! 魔法使いの子どもを導く場面も、薄命のショタっ子の前に現れて水着姿にひどく動揺させてドヤ顔をしている場面も、誰かのために戦っているところも、もう、一言一言、一つ一つの動作、ぜんぶが大好きなんです……。うぅ……本当に苦しくなってしまうくらい大好きなので……幸せになってください……!! それしか言えない……!!

 まとまらなくなってきたので、そしてこのまま書くと愛があふれて止まらなくなりそうなので、ここで筆を置きます。ヘリちゃん、愛してる!!(mamaさん)

レノ

 今年でレノを好きになって丸4年が経つということが判明しました。たくさんのキャラクターに出会ってきましたが未だに『チェンクロ』の最推しは不動です。2部のキャラクターなのでなかなかユグドに到達せず、レジェンドとして成長して帰ってきてくれるとは思ってなくて一昨年の伝承編リヴェラ伝の発表時はレジェンド姿の彼を見て絶叫したのを今も覚えています。あれからもう1年半です。ずっと彼がリヴェラたちとユグドに辿り着くのを待ってました。

 昨年の伝承編リヴェラ伝、魔神ファルゴースイベントそしてグランドサーガを控えた今だからこそ伝えたいレノの魅力……まずはひたすら顔がいい! 顔面国宝! それな! 元々とても顔がいいのですが、レジェンドになってさらに大人の男性として色気が増したレノのあふれる魅力にやられます。が、口を開くとひたすら賭博狂い。そこがまた彼らしくて魅力的です。ファルゴースに罪を指摘されても反論できないと自覚があるあたり相変わらず楽しくあちこちで博打打ってるんだなとほっこりしました。むしろノリがよくなってて若返ってるなとさえ思います。何故だ、2部から3部でゲーム内で5年も経ってるのにかわいい、何故だ、けれどそこが好き。

 彼がどれほどの賭博狂いかというと、仲間にどうかしてると言われるほどです。ぜひレノをよく知らない方は2部の年代記の大陸まで到達して彼を仲間に迎えてキャラクエを読んでください。そして彼の相棒のような立ち位置のグール=ヴールのキャラクエを読むとわかるもう一つの彼の魅力。それは軽薄そうにも見える見た目に反してとても仲間思いで義理堅いところ! 仲間を信頼し、仲間の信頼は絶対に裏切らない! 彼の最大の武器である運任せの神器は仲間に託されたもので、時に仲間の命さえも賭けることになりかねないものです。仲間に命を賭けてもらうからこそ躊躇いなく仲間に命を賭けられる。賭博師の彼らしいその姿勢が最高に好きです。

 「命を賭けた運試し。生きるってそんなもんだろ?」、「さあ運命を賭けようぜ!」とカッコいい姿を見せてくれた5年前、レジェンドとなった姿ではどんな賭けを魅せてくれるのか。ユグドではどんな活躍をしてくれるのか。楽しみで堪らないです! 私の『チェンクロ』人生、彼に賭けます……これからも8周年、9周年、投票させてくださいね!(ぺんとらさん)


 ミカエラと優ちゃんさん、せせりさん、黒星さん、大暮でいもんさん、板チョコさん、mamaさん、ぺんとらさんの7名には、メッセージを送ってくださったキャラクターをモチーフにしたアクリルスマホスタンドをお贈りします。

 近日中に電撃オンラインからご連絡いたしますので、必要事項を記入の上、返信いただけますようお願いいたします!

この他の熱いメッセージも紹介!

アシュリナ

 理想主義だけで終わらず、清濁併せ呑む為政者としての側面と力量を持ちながら、それでも清廉さや高潔さを失わないその心。民を思い一国を背負うその姿。自分にとって理想の君主です。ストイックでワーカホリックな陛下には、なんの心配もなく数日ゆっくり休んでもらいたい。

 ツル姫やユリアナ聖王女殿下など、ユグド世界にはアシュリナ陛下と似たタイプの為政者が多いのですが、アシュリナ陛下は高貴さに加えてかっこよさが限界突破していると思います。彼女は女性ですが、男性キャラクターであっても自分は間違いなく惚れ込んでいたと断言します。

 アシュリナ陛下、尊さと最高成分しかないやん……まじかてん尊さ及び最高成分独占禁止法違反してるけど最高だから無罪ですね。さすがアシュリナ陛下! アシュリナ陛下万歳! 湖都万歳!

 ……と、生まれて初めてこんなに頭の悪いプレゼンをさせていただきましたが、アシュリナ陛下はもちろん『チェンクロ』のキャラクターは全員最高です。

 最後に、ソシャゲで7周年というのは、ひょっとしなくてもすごいことです。1ユーザーとして驚いているとともに我がことの様にうれしく思っています。そして誇らしく思っています。10年と言わずSEGAの看板となるご長寿コンテンツであってほしいです。『チェンクロ』に関わるすべての方々に感謝と、これからもよろしくお願いいたします。(ネギタトロロウ/カズサさん)

アミル

 アミル君の「楽しみましょう」というスキルボイスは、いつも私に元気をくれます。何事にも通じる無敵の言葉だと感じるからです。辛いことがあった日も、アミル君の言葉を聴くだけで、なんだか本当に楽しい気持ちになってしまいます。

 キャラクタークエストを読んでみても、アミル君は悩みながらも自分らしさを選び、ありのままを楽しもうとする姿がとても輝いて見えます。いろいろなことに囚われてしまう石頭な自分が恥ずかしく思えるくらいです。出会った時から大好きです! 性別も次元も超えて人々を魅了するアミル君は、正に楽しさの化身と言えると思います! これからもファンのひとりとして応援しています。(ゼロさん)

アラム

 メディアミックス出身で、映画コラボとDVD特典という形でしか出会えないキャラクターでしたが、今回こうしてアラムくんに投票できることが本当にうれしいです。まずはこうしてアラムくんを土俵に上げてくださったスタッフの皆様に最大の感謝を……本当にありがとうございます!

 出会った当初は「仲間なんていらない」と斜に構えたような態度でしたが、一緒に旅をしていくうちに仲間がいる心強さや絆、想う心を知っていく成長の様子に胸を打たれました。

“黒を斥ける閃 アラム&ケマミレ”のキャラクエでは、仲間や家族なんて手に入らないと思っていたことも明らかになり、そういった繋がりを諦めていた過去があること、それが義勇軍と出会ったことで覆り、「家族になれる」、「義勇軍が家族だ」と言ってくれるまでの絆になったことに感動しました。

 また、キャラクエやスキルモーションに見るケマミレとの仲のよさもかわいくて大好きです。特にスキル発動後、ドラゴンから幼体の姿に戻ったケマミレをなでなでして労っている様子が愛しくて、何度でもスキルを撃ちたくなります。(すんさん)

アリシア

 アリシアを初めて見た時、すでに一目惚れだったけどあの笑顔以外に何か違う気配を感じてて、いざ迎え入れるとアシリアのかわいい笑顔が……2回心を撃ち抜かれた気分でした。見た目よし、声よし、戦闘スタイルよし、性格よし、キャラ設定よし、担当絵師様よし、の個人的完璧美少女。

 自分の「好き」がすべて集約されて生まれたようなアリシアに出会ってからというもの、他の据え置きゲーやソシャゲのキャラを見てもこの娘以上に魅力を感じることがなくなり、幼少の頃からの夢を取り戻すきっかけにもなり、自分の人生において大変大きな存在となりました。一生愛し続けます。(レイさん)

アルドラ

 アルドラは初めて手に入れたSSRキャラクターで、(まだ第1部だけのころ)とても思い入れがあります。当時は何もわからず使っていたのですが、3マナの大技がすごくカッコよくて、特にフィニッシュが決まった時の爽快感が大好きでした。

 ヴィジュアルも、美しさとかわいさを兼ね備えたお姉様で素敵やし(魔女のとんがり帽子が似合う! 髪の色きれい!)、そんな素敵な見目なのにしゃべり方がおばあちゃんなのもギャップがたまりません。ヴォルグとの掛け合いも好きです。

 そんな大好きなキャラですから、レジェンド化、水着Ver.が出たときは小躍りしました♪ 残念ながら子どもVer.は手に入れてないので来年こそはぜひ!(復刻しますよね!?)。

 そして最近レジェンドの上方修正!! ずーっと望んでいたので本当にうれしいです。運営さんありがとうございます。何かのフラグかなあと思っているのですがどうでしょう!? 今後の展開が楽しみです。(ぽんずさん)

イブキ

 どこの所属にもいるポンコツ担当、第九領にいる子たちはだいたいボケボケ能天気なのですが、そのなかでもゆるゆるなイブキちゃんがとてもかわいく愛しく大好きなのです。できることならイブキちゃんに高級布団を贈りたい、素敵なかんざしを贈りたい、むしろ背後霊とか守護霊になって見守りたい。

 ただひたすらだらだらのんびりした日々のための、自分を側に置いてくれるツル姫様のために、気がつけば大剣豪と言われるまでになったその刀を振るう姿を目にやきつけたいのです。しかし現実からスマホの世界に入るのは異世界てんせいでもしないと無理ですかね?

 ならばせめて、このスマホの容量がパンクするくらいイブキちゃんの姿をスクショしましょう。これからもずっと、イブキちゃんのかわいくポンコツ能天気で、時々真面目で鬼らしい姿を残し続けます!(はるなつさん)

エシャル

 まず見た目がかわいい。竜徹さんの愛らしい作風と花のような笑顔が相まって一目見た時から心を奪われました。そして豊富な表情差分、果てには髪を下ろしている立ち絵まで存在するなんて控えめにいって最高です。かわいいエシャルをたくさん拝めて幸せです。天真爛漫な性格とその眩しさに隠れるようにひっそりと存在する危うさが狂おしいほど好きです。

 誰かの幸せを願う心優しい少女では終わらず、それを求めるあまり自分を忘れてしまうような精神の在り方が魅力的で惹かれます。しかしファンとしてはエシャルも幸せになってほしい気持ちがあり、メインストーリーでの「私も幸せになるんだ!」という言葉にはエシャルの変化が感じられて満たされる思いでした。

 人の心に焼けつく常人離れをした芝居をする一方で、不器用だったり料理が苦手だったり、普通の少女らしさも持ち合わせているギャップも大好きです。エシャルのすべてが愛おしいです、こんなに夢中になれるキャラに出会えて幸せです、ありがとうございます。(サキさん)

エステラ

 初めて、ストーリーに絡んできたとき、アリーチェたちの親友で過去篇で亡くなってしまってしまってたと聞いていたのに実は生きていて、黒幕アドヴェルサス教授に利用され、親友であったはずのアリーチェたちと敵対していた立ち位置だったのですごく印象に残っていたキャラでした。なぜ、あんな教授の言いなりになってるんだって物語を読みながら歯がゆい気持ちでした。

 教授から解放されてフロスに迎えられて実装されたときの親愛度ボイスをきいて思ったのは、すごく一生懸命で純粋な心の持ち主なんだと感じました。そして、衝撃を受けたのは、妹がいて妹も同じ刻印使いで教授の操り人形だったことで教授、最低やんってプレイしながら口走ってました(笑)。

 12章でゼルダちゃんが白き異形の組織に支配されて、三賢者が永久氷牢に処すって発言をしたとき、え……妹と一緒に学生生活とか自由を掴めないのってエステラ可哀想すぎるやんって悲しくなりました。が、アリーチェのクロニクルの力とエステラの妹を想う力のコンボでゼルダちゃんが解放されたときやったーって大声で口叫んでしました(笑)。

 最後に、姉妹そろって自由を掴みとってこれからの未来を歩みだすとき、最後の1シーンで、ありがとう、みんな という笑顔に満ち足りていて、まさかの新Ver.が出てきたシーンが最高でした! 報われてハッピーエンド最高でした。(鋼の13世さん)

オウシン

 清廉された生き方と信念に感銘を受け、憧れるととも世間知らずであった自分を恥じて積極的に外部との交流を取り入れる様は若さと賢王に相応しい素質をヒシヒシと感じて眩しくうつります。彼のような上司がいれば安泰でしょう。

 また、アマツとの執着の果ての決戦は、彼の生き方の中で也を潜めていた鬼としての性分や年齢相当の「熱さ」を引き出していて、少年漫画のように一挙一動目が離せませんでした。彼らの関係がこれからも変わることのないように唯一無二であるように期待して止みません。(とらおさん)

キース

 絵に描いたような問題児で、何事も自分の楽しいこと優先で、中身が子どものまま大きくなったような、災害が辛うじて人間の形をしているような人……そんなキースに振り回されて約5年……『チェンクロ』も7年が経ちました。

 こんなに長い付き合いになるなんて正直、全く思ってなかったけど本当に楽しい日々です! 出会ってくれてありがとう! キースに出会えてよかったと心の底から思ってます。君の人生に多くの祝福と混沌がありますように!(タオさん)

ギルバート

 あまりにも“黒に抗う者”シナリオの議長が好きすぎてずっと読み返しています。「大切な友人たちの背を守る以外に、私の戦場があるというのですか?」、「どこかで誰かが戦っている限り、私が諦めるなどありえない」、「私の戦いの邪魔をするならば、相手が誰であれ私は戦います」……議長のセリフかっこいいな。

 伝承編もそうでしたが、議長の内面がみえるシナリオはとてもうれしいです。議長の戦い方は彼にしかできない。誰かが戦っている限り彼もその誰かのために戦うし、それが“彼の戦い”なんだ……というのが伝わってきました。

 “議長”になる時に戦い続けることを決めたのかもしれないなぁと……“議長”でいるうちはずっと戦ってるのかもしれないですね。たまには胃をいたわってください。美味しい物いっぱい食べて。伝承編や祝祭セレステキャラクエでは商人ギルバートの顔も見えてうれしかったです。気長に実装待ってます。大好きだぞ、幸せに生きろ。(天ぷらさん)

クストディオ

 毎年言っているけど一目惚れです!! メガネイケメンエルフ耳!! ツボでしかないです!! 冷徹そうに見えるけど実は優しくて人間くさい所とかも大好きです!! 今年こそ衣装違いクストディオが来ると信じてお財布の紐緩めてるので、浴衣クストディオ! タキシードクストディオ!! 執事クストディオ!!!! ヴァンパイアクストディオ!!!!!! 待ってるんだからぁぁぁ!!!!(とぅぎこさん)

クラウス

 ゲーム始めた当初は「隊長なのにRっておま(笑)」って感じだったのですが、外伝、第3部、伝承編と話が配信されるたびに「あれ、もしかして隠れたすごくいいキャラでは……?」と気付かされていきました(実はそれまで1位はヴェルナーでした)。

 特に外伝でのヴェルナーに対して「腐れ縁」からの、何年後かに配信された伝承編でそこをちゃんと拾い上げてくれたのはすごくよかったです。しかも魔法兵団初期SSRだった3人とも関わりがあって、「本当なんでVer.1はRなの!?」と思ったことも……あるとかないとか……? 彼特有な毒舌のせいで「冷たい人」、「あまり人を大切にしない人」など(あくまで例)マイナスイメージで考えてしまいますが、伝承編での決断、感情的になって声を張り上げるシーンなど、彼その者は全くマイナスな人間ではなく、寧ろプラスな人間なんだなっと気付かされるギャップが大好きです。

 Ver.1、レジェンドのプロフィール欄も好き。あの毒舌っぷりなのに「温厚で包容力のある性格」ってギャップ凄ない??? あまり書いていくと恥ずかしくなるのでここまでにしますが、これからも魔法兵団の活躍、そしてクラウスの活躍も期待してます! アリーチェ篇最終章で本当に心の底から安心していた貴方の優しさが好き!!(桐本さん)

黒騎士

 言葉を綴ろうと思ってもなにかが違う、言葉も理由もこの気持ちを表すにはあまりにも足りない。そんな感覚でしか言い表せないのがもどかしいのですが、それでも、どうしても。黒騎士というキャラクターそのものが私にとっての『チェインクロニクル』という世界であり、ゲームのキャラクターという枠を超えた大切な存在で。

 『チェインクロニクル』という壮大な物語の中で黒騎士というキャラクターがその世界をいかに想っていたのかということ、そういった切り口から考えるほどこの世界の残酷さも優しさもいとおしく大切で自分にとってかけがえのないものになっていって。

 好きな理由。「好き」、という言葉に収まらないくらいに考えるほど泥沼に嵌るという感情に的確な名称が欲しい。そう思ってしまうほどに感情を持っていかれてしまう存在です。(かのさん)

ザカリー

 ザカリーへあなたのことが大好きです。あなたへのこの気持ちをシンプルな言葉で表すことができればいいのですが、何年間も抱えていると、一言では言い表せないのです。かのシェイクスピアは戯曲『終わりよければすべてよし』のなかで「友人にたいしてはおまえのいのちの鍵をかけて大事にすることです」と語っています。だいたいそんな感じ。伝わる!?

 伝わんなくてもいいです、ずっっっとザカリーのことが好きだよ! どんなときもそう、病めるときも健やかなるときも、あなが幸せであることを祈っています。ねずみ年だね! ねずみ~! 相棒と一緒に残り半年いい1年になりますように! 来年も再来年もいい年になるといいね! 一生幸せでいてね!! 好きだよ~!!(鬼石さん)

ジークルーン

 ジークルーンの推しポイント!

 その①、美しくてかわいいー! おそらくユグド大陸三大美女のひとりに間違いなく入っていると思われる。

 その②、誰にでも優しく怒った時の態度が愛おしい。さすがは融和を志す姫さま! そこらの機族とは器が違いますね。でもふとした時に吐く弱音や怒った時の態度をみてるとああ……ジークルーンも人間なんだなってそんなところも素晴らしかったりします。

 その③、たくさんの属性が盛り込まれている……まずは鉄煙大陸のお姫様、身体の半分以上が機械化されている、おてんばなところもあり警羅隊のエーリヒやランドルフたちをたびたび困らせたり、お父様がとにかくすごいなど。

 その④、性能もお強い。一番最初に実装されたジークルーンは鉄煙パの中で要になる存在でした。個人的にこのイラストが最高に好きでスキルボイスの「あらあら、まあまあ!」は何度もリピートしたくなるような包容感があります! その後にでたレジェンドジークルーンも今では最強の僧侶の一角を担うレベルで強いし晴れ着ジークルーンは未だに復刻なしの貴重な鉄煙パの要になっているぐらい開発者からも大切にされたり好かれているキャラだと思っています!

 その⑤、ジークルーンは全部で3種類! 上でもチラッと言いましたようにジークルーン、レジェンドジークルーン、晴れ着ジークルーンの3種類が現在実装されているのが姫さまのすべてです。しかもすべてかわいいのでハズレがないのもうれしい要素。ただすべて期間限定キャラなので手に入りにくいのも姫さまらしかったり……。今後もストーリーでは古代鉄煙文明という超技術が参入してきたり、あらたなる機械化も期待できそう! さらには伝承篇で小さい頃の姫さまも見れる可能性が!? 期待に期待が膨らみます(笑)。

 以上、ジークルーンの推しポイントでした! 書いてみるとまだまだ細かいところに手が届いてなかったと思いますが少しでもジークルーンのよさが伝わればうれしいかなと!(たゆきちさん)

ズヴィアド

 個人的“これからの人生に幸多からんことを願わずにはいられないキャラランキング”第1位。出自がすでにしんどい設定なのに、自分の代わりに弟が魔神にさせられて起こった事件がもう鬱展開。

 「俺は、どうやっても黒に染まれなかったんだ! なにをやっても、何度試しても!」の台詞、兄さんの苦悩と、兄さんの本質が光にあふれているんだろうな、ということを感じました。このときのアマツとの言い合いの場面も言い回しとかテンポ感が好みでお気に入りシーンです。

 そんな鬱展開のど真ん中でも歪まずにまっすぐ明るく進んできた兄さんは人間ができすぎだ。辛いことをひとりで背負い込みすぎないか心配になっちゃうよ。3人だけだけど血の繋がった家族が生き残って再会できたから、3人力を合わせてたくましく生き延びてほしい……。

 「だがアマツ、兄弟ってのはいいもんだぜ」の台詞、弟妹を気にかける言動、ほんとに大事に想ってるんだなあってのがもう最高に最高です。お願いだから彼の今後の人生になるべく悲しいことや不幸なことが振りかからないでほしい。いやそんな状況でも兄さんなら笑い飛ばして弟妹と乗り越えていくんだろうな。(灰都さん)

スルスタン

 Ver.1、及びレジェンドともに二つ名が自暴で自棄なスルスタン。プロフィールには「基本的に世界に対して絶望しており、何物にも攻撃的で不条理な性格をしている」と書かれており、実際シナリオでも他人が信用できないと公言していますが、一方では義理堅いを通り越してやや病的なレベルで受けた恩や借りは絶対に返さないと気が済まない生真面目な面も持ち合わせており、そんな彼が何故、世界に対して絶望しているのか、どうして他者を信用できなくなってしまったのか、どうして自暴自棄に陥ってしまったのか。未だ語られていないその理由が、ずっと気になっています。その理由が明らかになり、心から誰かを信用できるようになった彼の姿がいつか見れることを、心待ちにしています。(シロクマさん)

セト

 セトくんに一目惚れしてから早5年が経ちました! 『チェンクロ』は素敵なキャラが山ほどいますがその中でも一番好きな子です!! 親愛度はずっと1110で止めてしまっていますが私のセトくんへの想いはあふれるばかりです……っ!! 最近では無凸、1凸、2凸、3凸、4凸の階段セトくんが我が義勇軍に迎え入れることができました!! いろいろなかわいい武器を持たせるのがとても楽しくて、いつも武器一覧を見ながらどれを持たせようか悩んでしまいます。今度はありったけの4凸セトくんをたくさん愛でるべく、薄命酒場のPU更新や毎月更新される薄命凸アルカナが楽しみで楽しみで仕方がありません!

 この前の薄命大狩猟戦イベントでは毎日更新される薄命SPチケットを貯めてまた新たなセトくんをお迎えすることができました!!(笑) セトくんが我が義勇軍に来るたびにスクショしてしまうので『チェンクロ』フォルダがセトくんで満たされてしまっています……。

 ですがそれくらい大好きなんです!! ほわほわ天然パーマな髪の毛、まるで吸い込まれてしまいそうなくらいに綺麗で美しいオッドアイの瞳、仲間想いの優しい性格、少し大人びた声……すべてにおいて最高です!! レジェンドになってセトくんが少し成長した姿を見せてくれること待ってます!! これからもずっとずっと大好きです!!(ゆうさん)

ソーニャ

 まずは何といっても、親友フリージアとの信頼関係ですよね。アマツ篇でも描かれていたように、お互いの魔法の属性・特徴を完全に理解し、特に細かい指示を出すわけでもなく名前を呼び合うだけで完璧な連携をこなすところからは、彼女たちの過ごしてきた年月の濃密さを感じます。そんな親友想いのソーニャですが、後先考えない行動でフリージアを困らせてしまうところも……九領で勝手に追加依頼を引き受けて待ち合わせ場所に行くのを忘れたり、テスト期間なのに激走祭に出ちゃったり……しかし、これらの行動も、すべてフリージアと一緒に過ごすための行動であり、彼女もそれを分かっているからこそなかなか怒りきれないのでしょう。つまるところ、ソーニャを語る上でフリージアは欠かせないということですね!

 最も好きなキャラクターへのメッセージなのに、なんだか申し訳ありません。もっとソーニャ個人にスポットを当てるならば、彼女の特徴の一つである「貧乏学生」という属性も、親近感を覚えるので好きな点の一つです。あまり最近はゲーム内で触れられていませんが、九領外伝でカッパに貧乏をイジられたりするところも、不憫ではありますがおもしろいので好きです(?)。

 不憫繋がりですが、ちょいちょい巻き込まれ体質なところも魅力の一つです。九領外伝ではアイリとフィーナに巻き込まれて3人のユニット「黒炎の暁星」を勝手に結成されてましたね。あれおもしろかったなぁ……もう一度集ってくれませんかね。

 これまた不憫なことに去年の年末は風邪を引いてしまい、温泉旅行に行けなかったらしいソーニャでしたが、今年はフリージアと一緒にバイトしてしっかりお金も稼いで、2人で旅行に行けることを心より願っています。(膕さん)

チドリ

 キャラクタークエストの“母親として”でツル姫が弱気になっている場面でチドリ様が「しっかりなさい! 第九領の領主はあなたなのです!! あなたしか我らが故郷を導いていける人はいないのです!」の言葉には母親として娘の背中を押す言葉、そしてツル姫に対しての愛情が現れているシーンだと思いました。最後に母親と告げずに旅立つシーンはなんとも言えない気持ちになります。

 登場のボイスも実装されてから今まで大好きな言葉の1つです。「殺すは二流、生かせば一流、守れぬ剣などなまくらです」心に響くぅ……!

 最後に……アルカナ絵の微笑み美しすぎでしょ……!! 着物の色合い、腰に付けるコガラスマルにかける手の構図すべてが完璧で美しすぎる……!! 本当に美しすぎる!! 実装してくれてありがとう……!!!!(オムさん)

テリリア

 宝石みたいにキラキラした、好奇心旺盛そうな目が吸い込まれそうなほど綺麗で、スタイル抜群で健康的なボディと幼さの残るあどけないお顔のバランスもとにかくかわいい! 褒めてもらうのが大好きだけど、何もせずに褒められようとはせず、誰かの役に立ったり自分のすごいところを見せようと頑張るストイックなところも魅力。撫でられるのも大好きで、あのサラサラとフワフワの同居した髪の毛やモフモフのしっぽはどんな撫で心地なんだろうといつも考えてしまう……。

 キャラクエではひたすらイノシシと戦ったり猪突猛進なところがありますが、第三部のイベントや絆の軌跡シナリオでは仲間を褒めたり気遣ったりする成長を見せており、Ver.2ではどんな活躍を見せてくれるのかとっても楽しみ!

 「ちぇんらじ」パーソナリティの内田さんが声をあてていることから、ラジオドラマやキャラソンなど、いろんな面でも楽しませてくれるところもポイントです。(ましろ★チカさん)

テンペスタ

 何時なんどきも食事が一番の姿勢が大好きです。伝承篇でも戦闘より弁当配り、メインストーリーでも炊き出ししてたり、あんな連中の食事管理するの大変だろうにほんとすごい。飽くなき探求心で知らない食材や同じ料理人に負けないという強い闘志。もう人として尊敬します。登場してからずっと気になってるエルフ耳(?)じゃない理由がいつか知りたいです。

 あとテンペスタ新世代のわりに新世代っぽくない(個人的感想)感じがするので千河の新世代の生まれた順が気になる。誕生日とかそこまで細かくなくていいからこういうの明かされてほしいです。とにかく、私はテンペスタの料理が食べたい。絶対食べたい。魚料理も肉料理も食べたい。(しれんさん)

ドーリィ

 初めは一目惚れでした。ですが弊義勇軍に入ってくれたあと、キャラクタークエストを通じてドーリィの心や成り立ちを知り、今では一番大好きな子です。

 レジェンドとして実装され、心からの笑顔を見せてくれるようになったドーリィ。それまでの孤独や痛みが完全になくなったわけではないけれど、人の苦しみに寄り添えるドーリィのストーリーを見て涙があふれました。

 痛みしかわからなかったけれど、義勇軍との繋がりを通じてこんなにも優しくなれたのは、きっと本来の心が優しかったからだと思います。これからも彼女のいろいろな表情が見られたらすごくすごくうれしいです。(雫さん)

パーシェル

 ガチャから登場してくれた最初のSSRとして、義勇軍で長いこと活躍してくれました。60レベルに上げるための成長アルカナを集めたのも、2アビリティを解放するためのクエスト攻略で大変苦労したのもいい思い出です。じっくりとパーシェルさんと育んでいた関係が一歩前進したような気持ちで、キャラクタークエストを読んだときには充実感がありました。

 私は2015年8月に始めたユーザーですが、当時最先端だった鉄煙の大陸の攻略までずっと、私はパーシェルさんと一緒でした。初期『チェンクロ』のキャラ育成システムを初めて実感したキャラという意味でも、初期『チェンクロ』のメインストーリーを攻略する上で愛用し思い出深いキャラという意味でも、私にとっての『チェンクロ』はパーシェルさん抜きにしては語れないものです。懐かしい想いです。

 レジェンドVer.が出たときにはついに登場! という形で大変うれしかったです。レジェンドVer.のイラストは盾と剣がバイオリンと弓をそれぞれ模した形になっていて、静謐を請願しつつも、調和しつつ想い豊かで、頑なにならずに流れ続けているパーシェルというキャラクターをよく表現しているように感じます。これからの活躍を祈念しています。(名無しのユーリさん)

ハキム

 彼のSSR採用を心から待ち望んでいるプレイヤーとして、今回もハキムを一番に選ばせていただきます。初めて『チェインクロニクル』をプレイしたときのこと、よく覚えています。今のように思うようにガチャも回せず、右も左もわからない状態のわたしを、貴重なサポート役として支えてくれました。

 彼の夢やサブストーリーを読むにつれ、彼のことを気づけば心から応援している自分がいました。SSRキャラを手に入れた後も、その愛着ゆえに長らくメインパーティの一端を担ってくれていました。今でこそ、HNという性能ゆえにメインから外れてしまったハキムですが、彼をもう一度メインメンバーとしてパーティに組み込める日が来たら、これほどうれしいことはありません。

 先日はハサンやナイエルのVer.2が更新されました。同時期、ハキムの新イラストも公開されていたこと鮮明に覚えています。以前の不安そうな、引っ込み思案な表情ではなく、朗らかな笑顔を浮かべる彼が前線に出ることはひょっとしたらないのかもしれません。けれどサポートに特化したSSRとして実装される日を夢見ずにはいられません。どうぞ切実な一プレイヤーの声としてお聞き届けください。

 衣装も好きです。個人的にはグッドデザイン賞受賞です。ハキム、大好きです!!!!!!(にこみさん)

ハンネス

 初見で好きになったキャラクターです。初登場した時私はまだ二部に到達していませんでしたが、同時期に開催されていた第二部合同フェスですぐ来てくれた、思い入れのあるキャラクターでもあります。未熟だった義勇軍を砲撃スキルでぐいぐい引っ張ってくれたハンネスさん。やっとの思いで鉄煙の大陸にたどり着き、キャラクエで内面を知ってさらにファンになりました。

 軍人としての厳しい一面も、かわいらしい趣味も、新世代を見守る優しさも、自分の命を賭けてでも大事なものを守り抜く覚悟も、すべて大好きです。私の憧れです。ハンネスさんが居たから『チェンクロ』を続けられました、感謝しかありません。CVを務める藤原啓治さんが亡くなられ、あの力強いボイスを聞くと未だに辛くて涙が出ます。それでもずっとハンネスさんの一番のファンでいたいです。(ニコさん)

ヒシャム

 泣くほど憧れた人を目の前に、「俺の中のビーアルジャーンは変わらない!」、「ずっと夢見た英雄に、俺はなるんだ!」と言い切れるところです。エシャル篇12章本当にありがとうございました。

 ビーアルジャーンのお芝居を観ては目を真っ赤にして泣き、ビーアルジャーン伝説を暗記し、バッジまで持ってて。ビーアルジャーンのような大盗賊になるという夢の為にここまで生きてきたと重みある台詞も言っていました。それだけ憧れてる本人を目の前にして啖呵を切るあの姿は、ビアルジャのどんな黄金よりも輝いていました。恐怖や戸惑いもあったかと思います。ドゥルダナたちを今まさに手にかけようとし、こちらの攻撃は全く通じない。そんな男が自分の憧れを名乗るのですから。それでも「うろ……たえるな! 」と手下たちを奮い立たせ、立ち向かう。確固たる信念と、憧れに対峙しても揺るがない「憧れ」がカッコいい。思い返すたびに愛が深まります。

 他にも、何度も敵対したドゥルダナと並び立ち共闘する場面も熱かったです。「人間は……そんなに弱くない!」という台詞も彼が言うとひとしおの説得力がありますし、数多の敗北を認めた上で自らの逃げ足を誇るところなどは1周回ってかっこいい。好きです。カッコいいところもあるけど、基本的には憎めない、愛すべき敵役なところもチャームポイント。

 役者が続々と集い来る最後の大舞台に気絶して来たところなんてあらまぁかわいい。どんな不運に見舞われても、今日も手下たちとともに逃げ切っているのだと思うとニコニコしてしまいます。これから3部クライマックス、そして4部に突入していきますが……手下たちの「どこまでもついていきますよ」という台詞、私も全く同じ気持ちです。愛してます親分ーー!!(エンドレス豚串さん)

ピリカ

 身の上にいろいろあってどん底だった時期、悪い言い方ですが『チェンクロ』に「逃げ込んでいた」からこそ毎日を乗り越えられていたんだと思います。そのなかでも、わりといい加減なところもあるけれどいつも前向きで仲間思いなピリカの言動に救われました。立ち直れた今だからこそ、あの時のピリカをはじめとする『チェンクロ』のすべてに感謝していて、これからも感謝し続けると思います。(DJ電波さん)

ファラ

 過去は過去として割り切り、自分を信じてくれている年下の女王様のためにも湖都を守る姿は本当に素敵。ただの妖艶なお姉さんだけでとどまらない魅力にあふれています。そんじょそこらの男には負けない強いところも、父親と一緒で素直じゃないところも、それでいてドッキリへの悲鳴が意外にかわいいところもみんな大好きです。

 NPCから実装された時もVer.2が来た時も喜び勇んで石を溶かしに行った思い出。今では湖都パの主戦力として活躍してくれています。あなたのこともお父さんのことも大好きなので、これからも親子でずっと仲よくしてほしいです。(真雄さん)

マウリッツ

 見た目や口調も好きなのですが、なによりも彼の「戦い」の選び方が好きです。彼は騎士と商人の二つの顔を持っていますが、彼は白い柱が現れたときにマウリッツなりの騎士道をもって商人として戦い、持てる力すべてを注ぎ込もうとするその姿勢に心を打たれ、わたしは彼の言葉に涙していました。人々を守るマウリッツなりの方法、商人と騎士の両方の顔を持つからこそ成しえることができる守り方ってかっこいいです。

 奥で戦うヘリオスやその仲間に敵との戦闘を託し、彼自身はまた人々を守り戦線を支える「戦い」を選ぶ。マウリッツ自身も敵との戦闘に加わりたいのを抑え、戦線支援という形で「戦い」に加わる。マウリッツというキャラは、白い柱での戦いはその場にいた者たちだけの戦いではなく、戦線を支える者たちも「戦い」に挑んでいるというのを実感させてくれたキャラクターでした。その覚悟を見せたときの商会の番頭さんとのやり取りも、彼の人柄がすぐにわかって好きです。危険な場に留まるマウリッツとのやり取りや、倉庫を空にする覚悟で「戦い」に挑むことを明かしたところも、商会の人たちからとても信頼され、好かれているのだと私は感じました。

 マウリッツのような上司がいたら誰もがともに歩んで、支えていきたいと思うのではないでしょうか。見た目からは想像がつきにくい強い意思・決断力が魅力的で大好きです。(仮丸さん)

マリナ

 正直Ver.2でアビの解放をすることに必要になるまではキャラストーリーを見てはいなかった。しかし、Ver.1から通してキャククエをする中で、マリナのヒーラーとしての想いが伝わってきた。

 最初のうちは真面目ではあるものの融通がきなかったり、転んでしまったりした部分も少しずつ成長していき、Ver.2ではより強さが感じられ、Ver.3ではイラストからも余裕が出てきた。1の時に子どもたち相手に本を読んでいたマリナが3の時には孤児院を手伝っていることはマリナの変わらない優しさを感じる。

 衣装違いであるハローウィンの悪い魔女の格好のスキルボイスではマリナ本来の優しさを隠せずにいたが、それを含めてマリナのかわいらしさが強調されており、他の衣装を実装してほしい気持ちになった。また、Ver.違い以外でも隊長とのバディをぜひとも実装してほしい。(昼さん)

ミーム

 私が『チェンクロ』を始めた頃、ミームさんは実装されていませんでした。そしていざ実装された時に一目惚れをしました。なかなか一目惚れすることがない自分なので、この出会いはとても衝撃的でした。ですが、当時彼女を勧誘することは叶いませんでした。私の想いがなかなか伝わらず、Twitterで早く来てくれないかなあとよく騒いでいました。しかし現実は厳しく、ロレッタマジック(私のところにはよくロレッタがきてくれていたのでそう呼んでいた)に阻まれていました(ロレッタも好きです)。

 そして叫び続けること1年。忘れもしない11月1日午前1時のことでした。ついにミームさんの勧誘に成功したのです。とても長く、けれど来ない来ないと嘆きながらもいつか来るという希望をめげずに保ち続けられた、そんな1年間。やっと報われた瞬間でした。

 1人くればまた1人、とチャンスが巡ってくるたびに運命をまわしに行きます。彼女がどんな人かは出会ってみないと分かりませんが、出会ってからもますます好きになっていきました。ただひたすら己の信念に向かって歩み続ける彼女をこれからも応援しています。(おーしさん)

ミズギタリ

 ミズギタリに一目惚れして早3年、ミズギタリとともに『チェンクロ』7周年が迎えられることをとてもうれしく思います。ミズギタリのすべてが大好きです。この気持ちをほかの方に伝えられる表現があまり浮かばないのですが、とにかくとても大好きな存在です。

 あくまで個人の解釈ですが、ミズギタリたち天魔の「絆の物語」はメタフィクション的に受け取っても魅力的だと思っています。「プレイヤーの存在に気づいているのかも?」と思えてくるミズギタリの言葉の一つひとつに、第三部が始まり隊長が遠い存在になった寂しさを埋めてもらいました。親愛度やお気に入りボイスが用意されていない(1・2部実装キャラクターと同じ扱いの)仕様も、ミズギタリのキャラクター性に噛み合っていると感じます。

 私にとってのミズギタリは、常に『チェンクロ』世界との心の距離を近づけてくれる存在です。ミズギタリのおかげで、常に幸せな夢を見ているような心境で『チェンクロ』世界に浸っています。(アキラさん)

ムウティティ

 キラキラ兎耳繁盛記読みました?? あとムウティティのキャラクエもセットで! え!? 読んでないの? 読んで読んで!!!!!!

 人生って楽して何かを得るのは何かを得られたあとにやってくる遠回りしたご褒美であって、最初は小さい努力の積み重ねでその努力が相手に届くのも大変だけど届いて初めて信頼が得られて、やっと次に繋がっていくんだなっていう特に社会人3年目くらいまでの方に一緒に頑張ろって応援してくれるお話の1つになれるんじゃないかと……! 私思うんですよ……!!

 それでなくともいろいろなことが起こる世の中で初心忘るるべからず、ということを教えてくれる、そんなお話だともおもいますので……私は……。(畑楽さん)

ラザフォード

 暗殺者であるのに真っ向勝負を得意とするシルヴァと対等に闘える卓越した戦闘技術裏から副都を統べる手腕・人望、惹き込まれる妖艶な外見とカリスマ性に惚れました義勇軍とは敵対する様な思想に見えるが実は世界を救うための鍵探しだったり義勇軍相撃では義勇軍を利用する形で助力したりと印象に反するギャップに心を掴まれました! 生を終えたいと考えた際はラザフォードさんに一瞬で逝かせてほしいです!(ふとんは神器さん)

ランドルフ

 熱血漢なところ、自分の信念があるところ、決断力があるところ、自分のためではなく誰かのために怒れるところ、信じる者に後を託して危険に飛び込める勇気があるところ、子どもに特に優しいところ、スカーフやピアスなどのファッションがさりげなくオシャレなところ、相棒との関係性、イラストとボイスそしてSDキャラのかっこよさ、などなど好きなところを挙げたらきりがないほどです。

 3部で再登場しメインストーリーやイベントでの活躍を見ることができて本当に幸せでした。気分が落ち込んだ時、ランドルフとエーリヒのキャラクターエピソードや、融和への道のシナリオを読み返してテンションを上げています。こんなに長く『チェンクロ』を続けてこられたのも、彼をはじめ魅力的なキャラクターがいたからです。これからのストーリーやイベントでの活躍、衣装違い、バディなどなど何でも期待しています!(ロウさん)

ローゼマリー

 義勇軍には数多くの癖のあるキャラがいますが、ローゼマリーはその中でも物すごく一般人視点と言うか、プレイしている人の目線に近い気がします。だから共感もできるし、ずっと大好きであり続ける理由てす。

 主人公などの「勇者」的な人や、それに協力するには何も惜しまない「仲間」たち。強い志や決意を持った人たちを、「そうなんだ。頑張ってね」と言う目で見ている人のひとり。レジェンドになってもその姿勢やキャラクターとしてのスタンスが変わっていないところに、運営さんさすがだなぁと感心しました。5年経って急に張り切ったり、ある程度真面目に取り組むローゼマリーなんて考えられませんからね(笑)。

 サプパーティのアビリティ持ちなのも実にそれらしいです。巻き込まれた時に、その事態を知りたいと言うのも、知らないと回避ができないからと言う理由なのが実に彼女らしいなあと思いました。さらに、黒騎士篇での一幕もすごく印象深かったです。どこにでもいる臆病で脆弱な人間だから、災厄を前に傍観することしかできないと割り切って、ただその時を待つだけ。絶望や恐怖を叫んでしまったら、怖くなってしまうのだろうなと思いました。指せローゼマリーの親愛度MAX……! ……は難しいからせめて2000くらいまでは……!(あさいちさん)

ロロ

 火妖精の地位向上を目指して自ら矢面に立ち邁進し、元々土妖精の小間使い程度だった地位を、同等の仲間までに押上げ、狭かった火妖精の世界を広げていった。3部では、ユグドだけではなく外の世界にまで火妖精の生きる世界を広げていきたいと、そう今後の展望を語る姿は、正しく火妖精の英雄と呼べるに値する。また、戦闘となれば勇猛果敢、日常にあっては仲間の面倒見がいいとあっては、男前の権化であると言っても過言ではない。(テツ@『チェンクロ』ではエンさん)

©SEGA