【創の軌跡キャラ考察】シズクの深く澄んだ瞳は、ラピスの中に何を見る? 近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 再びの光を湛えた瞳に映るのは、父親の大きな背中と大切な故郷。クロスベルに帰ってきたシズクは、大好きなあの子にも似た、一人の不思議な少女と出会う。

シズク・マクレイン(声優:井上富美子)

「大好きなお父さんと一緒なら、きっとどんな事も乗り越えられるから」

 クロスベルの守護神として知られるA級遊撃士、アリオス・マクレインの一人娘。

 父親思いの健気で優しい少女で、キーアなどクロスベル市で暮らす同年代の子供たちとも仲が良い。

 幼い頃、導力車の爆発事故が原因で視力を失ってしまい、ウルスラ医科大学で治療を続けていたが、《零の御子》として覚醒したキーアによって視力を取り戻した。

 帝国占領期は軍の目が届かないよう、父アリオスがシズクをレミフェリア方面に避難させていたが、そんな中でも、クロスベルで地下活動を続けるロイドやキーアたちに励ましの手紙を送り続けていた。

  • ▲かつての過ちを背負って生きる父親のことを、娘として親身に支える。

 まさかまさか、シズクのキャラクター紹介ができる日が来るとは……。感無量。成長した姿のイラストも、ちょっとやばいくらいカワイイですよこれ!

 アリオスが昔、母親のサヤさんに似てきたようなことを言っていた気がしますが、お母さんもやっぱりすごく美人だったんだろうなあ。

 2人が話しているのは、後ろにいる看板娘(?)ミシェルさんでもおなじみの、遊撃士協会クロスベル支部でしょう。過去の行いに思い悩むアリオスにとって、娘のシズクちゃんが大きな心の支えになっているのは間違いないでしょうね。

 彼女は、しばらくはレミフェリアに避難していたとのこと。アリオスは遊撃士の仕事を通じて、レミフェリア大公のアルバートさんともいい関係だったようですし、なるほど納得です。

 もしかすると本編ではまだあまり描かれていないレミフェリアの様子がシズクの口から語られたり、麗しのルーシー先輩と絡むような展開もあるかも?

  • ▲ローゼンベルク人形であるラピスを見て、何かを感じ取るシズク。

 シズクといえばキーア! キーアといえばシズク! というくらい仲良しな二人組のツーショットはもちろんあるものとして、本作でも期待しちゃいます。

 大天使キーアと聖天使シズク、立派に成長した娘天使二人を巡っての、ロイドたちとアリオスの親バカ対決なんかも見てみたい!

 そんな大親友キーアに似たところを、ラピスに見出した様子。まあ、トランクに入っていた時点で超共通点ですけど、さすがにそれをシズクが知っているわけでもなさそう(笑)。

 キーアをよく知る人間だからこそ感じる、似た雰囲気みたいなものがあるんでしょうね。視力を失っていた頃のシズクは、そのぶんほかの感覚が鋭敏にもなっていましたが、そういった鋭さによるものもあるのかもしれません。

 やや殺風景な感じもしますが、後ろに並ぶ大量の本からすると、図書館などの一角かも。どのような成り行きで2人が出会うことになるのかも、また気になるところ。

シズク OnePoint PlayBack

 《風の剣聖》として知られるクロスベルのA級遊撃士、アリオス・マクレイン。かつてクロスベルを巡る2大国の暗闘の末に起きた事故により、彼の妻サヤは命を落とし、一人娘のシズクも目の光を失ってしまいます。

 聖ウルスラ医科大学で長期入院を余儀なくされていたシズクでしたが、《特務支援課》が保護したキーアと出会い、同じ年頃の子ども同士、瞬く間に仲の良い友だちとなりました。

 そして、クロスベルや周辺諸国を揺るがした、クロスベル独立国事件が発生。

 かつての事故が原因で暗い信念に囚われていた父アリオスは、その事件の中心人物として関与。その陰謀に巻き込まれたキーアもまた、人ならざる力を持った《零の御子》として利用されてしまうことに。

 キーアは御子が持つ奇蹟にも等しいその力を、シズクのために使い、彼女の目を治療。しかし、心優しいシズクは、目が治ったことを喜ぶよりも何よりも、親友であるキーアの悲痛な様子に心を痛めるのでした。

 そんな独立国を巡る騒動も幕を下ろし、大好きな父親と友だちの心も解放されたはずだったのに――。

 クロスベルが帝国によって占領され、大陸中が世界大戦という大きな渦に飲み込まれるなかでシズクの辿ってきた軌跡が、今語られようとしています。

  • ▲事故による後遺症が原因で、ずっと入院していたシズク。目が不自由なぶん鋭くなった感覚で、《特務支援課》の捜査を助けたことも。(※写真は『零の軌跡:改』のものです)
  • ▲ロイドたちが保護したキーアとはすぐに打ち解け、大親友ともいえる間柄に。(※写真は『零の軌跡:改』のものです)
  • ▲キーアの力により、視力が回復。しかし、独立国事件の中心で苦しむアリオスやキーアのことを心配し、ひたすらに2人の無事を祈っていた。(※写真は『碧の軌跡:改』のものです)

 シズクについては、本作のかなり初期のリリースから後ろ姿だけは確認されており、正式な情報が今か今かと待たれていましたが、まさかこんな美人さんな御姿を引っ提げて登場するとは!

 リィンの義理で義理でギリギリな妹エリゼに続く、楚々とした黒髪ロング系の超有望株の出現。これにはさすがの私も、心穏やかではいられません……。シズクのレギュラー化を強く希望いたします!!

日本ファルコム近藤社長コメント

 父アリオスの遊撃士活動再開にあわせてシズクもクロスベルへ戻ってくるので、その流れで親友キーアや支援課メンバーとの再会も描かれます。

 『零』『碧』の頃から周りの人々を気遣うことができる優しい性格の女の子でしたが、様々な事情を抱えたまま遊撃士として活動する父を想い、言葉を投げかけるなど、占領期にアリオスと離れて生活していたことが彼女を精神的にも成長させたようですね。

 シズクは『碧の軌跡』の物語の中で視力を取り戻し、その後は何事もなく過ごせているようですが、入院していた時期は視力以外の感覚が敏感になっていたので、その当時の感覚はある程度残っている、という可能性はあります。

 「少しキーアちゃんに似てるかも」という発言も、彼女がラピスを見たときに直感的に“何か”を感じ取ったから、なのかもしれませんね。

電撃スペシャルパックを電撃屋でチェック!

 電撃屋では、『英雄伝説 創の軌跡』のPlatinumマイスターBOX(限定版)、通常版それぞれに、電撃屋だけのオリジナルアイテムが付属したスペシャルパックの予約を受付中です。

【電撃スペシャルパック特典アイテム】
※[1]《盟主》グランドレリーフインテリアは、“電撃スペシャルパック GRANDMASTER EDITION”のみに付属します。

[1]《盟主》グランドレリーフインテリア
[2]オリジナルB2タペストリー
[3]新久保だいすけ先生描き下ろし4コマ
[4]ゼムリア大陸文庫全集
[5]PS4ソフト用差し替えジャケット3種
[6]衣装DLC“フェアリードール まじかる☆ラピス”&オリジナルダイナミックテーマ

【メーカー初回特典】
・CD“創の軌跡 オリジナルサウンドトラックmini -Limited Edition-”

創の軌跡マガジン、8月27日発売!

 日本ファルコムが贈る大人気RPG、『軌跡』シリーズ。その最新作である『英雄伝説 創の軌跡』の発売に合わせて、ファン必携の特別増刊が電撃から発売です!

 前作までの増刊“閃の軌跡マガジン”に引き続き、登場キャラクターや舞台となるゼムリア大陸についての詳細な設定情報を掲載するほか、取り逃しなくゲームを進めるために役立つ物語中盤までの濃密な攻略チャートを収録。

 さらに、近藤季洋社長へのインタビュー、新久保だいすけ氏・啄木鳥しんき先生氏・さがら梨々氏によるトリビュートイラスト企画など盛りだくさんの内容でお届け。

 ティオのオリジナル衣装を入手できる特典プロダクトコードも付いてきます!

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2010-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2011-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税