江口拓也さん、古川慎さんらのインタビュー到着。MintLip『A’s×Darling ―Dear My Honey!―』リリース

ガルスタオンライン
公開日時

 数多くのゲームやアニメ関連の音楽・ドラマCDの企画・制作・販売を手掛ける株式会社ティームエンタテインメントが発足した、オリジナルシチュエーションCDレーベル「MintLip(ミントリップ)」からリリースされた【“3”にまつわる節目を乗り越える恋物語】『A’s×Darling(アズ ダーリン)』から全キャラ総出演の続編ドラマCDが登場!

 今作は人気モデルとして活躍している彼らと恋人同士からスタートし、3日、3週間、3ヶ月、3年……“3”にまつわる恋愛の節目を乗り越える物語。続編となる今回は、2018年11月にリリースしたドラマCDから各キャラクターのシチュエーションCDの後日談が描かれます。“3”の節目を乗り越えた先、順風満帆な彼らの愛情たっぷりな惚気をお届け!

 キャストは単純明快、正直者‟イヌ系男子”「犬塚太一(いぬづか たいち)」に江口拓也さん、マイペースで気まぐれ‟ネコ系男子”「猫谷千草(ねこや ちぐさ)」に古川慎さん、爽やかあっさり‟ペンギン系男子”「七海羽鳥(ななみ はとり)」に佐藤拓也さん、一途で不器用‟オオカミ系男子”「森山志狼(もりやま しろう)」に前野智昭さんと豪華声優陣を起用。

 また、今作ではモデルたちが所属する芸能事務所から新キャラクターが登場! 太一と千草を担当するマネージャー「飛倉奏空(とびくら そら)」に伊東健人さん、羽鳥と志狼を担当するマネージャー「巌原獅紀(いわはら しき)」に駒田航さんが起用されています。

 前作に引き続き、シナリオは数々のドラマCDやノベライズ作品を担当する関涼子氏、イラストは美麗な彩色やセンスの光るイラストで活躍中の秋鹿ユギリ(あいかゆぎり)氏、新規キャラのマネージャーを新進気鋭のイラストレーター、真久(まさひさ)氏が担当。

――『3』の節目を乗り越えた彼らの新たな日常と
さらに広がる『A's×Darling』の世界を体感してみては?

『A’s×Darling―Dear My Honey!―』キャストインタビュー

――収録を終えてのご感想をお願いいたします。

  • ▲江口拓也さん(犬塚太一役)

江口さん:楽しかったです! 今回はより多くの方とテンポの良い掛け合いが出来たので、これぞドラマCDの醍醐味! という感じで、とても楽しく収録させて頂きました。犬塚太一くんの印象は特に変わらず、今まで通りの天真爛漫さを感じるシーンがありましたね。新しい風としてマネージャーの二人が入ってきて下さったことで彼らの所属する事務所の雰囲気もより明確になって、いい環境でお仕事をされているんだなと世界観にも入りやすかったです。

  • ▲古川 慎さん(猫谷千草役)

古川さん:久しぶりに四人での掛け合いシーンを演じられてすごく楽しかったです! また新しい仲間としてマネージャーの二人が入ってきて下さって、今後はどんな掛け合いが生まれるんだろうという楽しみも増えましたね。今回の男の子同士の会話にも、モデルとして活躍する彼らのリアリティ溢れる部分がたくさんありましたし、自分の想い人=聴いてくださる皆様のことをそれぞれ大事にしよう、としっかり表現されているのもいいなと思いました。千草的には本編内で新しい属性が 増えましたね! (笑) ※詳しくは本編をお楽しみに! 

佐藤さん:個人的に1枚目から比べるとすごく変化があったなと……。最初のほうは三人のことを信頼していても今よりビジネスライクな雰囲気だったのもあって、今回はノーガードな羽鳥くんという印象を受けました。ビジネスパートナー以上に気の許せる親友たちと一緒にいる羽鳥くんは「こういう部分もあるんだ」と新しい一面を感じて頂けるのではないかと思います。特に酔っ払っているシーンとかね(笑)。今までもあったのですが、あそこまではっちゃけているのは見たことなかったので、そういった部分を演じられるのも非常に楽しかったです。

前野さん:今回のお話もすごく聴きどころがありました! それぞれのキャラクターが彼女に想いを伝えるシーンもありつつ、仲間内で「自分が彼女のことをどう思っているか」ということも中心に描かれていたので、これまでと違う視点で楽しんで頂ける内容なのかなと思いましたね。それに伴って、彼らが芸能活動をしている上での悩みとどういう風に向き合っていくのか、非常に我々も身近に感じられるお話だったので、今回も楽しく収録させて頂くことが出来ました。

伊東さん:今回はマネージャーということで巌原と共に初登場だったのですが、なんて素晴らしい職場! なんて素晴らしい仕事仲間たち! と思いました (笑)。 脚本を読ませて頂いた時点で良いなと思いましたし、皆さんとの収録を通してリアルな作品の空気感に触れることが出来て、非常に楽しく収録させて頂きました。

駒田さん:モデルとして活躍する四人とは違って、管理をして見守る側のマネージャーを演じるというのはとても新鮮でした。キャラクター的にも感情で動かないタイプでしたし、ロジカルに彼らを守りつつも慌てずにしっかりとしていて、大人の余裕がある印象を受けましたね。なるほど、これが敏腕か! と(笑)。 その敏腕さはどうやったら出せるのかと考えながら演じさせて頂きました。彼を信頼してくれている描写というのも四人から感じられましたし、四人が築き上げた仲の良さも彼は把握していて、いい事務所なんだなと。会社の人間を交えた上で、改めて『A’s×Darling』の世界観を構築したんだろうなと思って、すごく楽しかったです! 

――今作でマネージャー2名が初登場となりましたが、もし飛倉と巌原がご自身のマネージャーになるとしたら、どちらが良いですか? 理由も併せてお聞かせください。

江口さん:難しいですねー!? 結果的に仲良くなれればどちらでも……とは思うんですけど、 ビジネスパートナーで歩むか、家族経営でいくかっていう二択になります(笑)。でも二人ともちゃんと考えてくれるマネージャーなので、どちらでもいいかな。それくらい選べない感じがあります! 

古川さん:個人的には飛倉なんですけど、どちらも非常に優秀なマネージャーだと思うので日替わりがいいです! 遅刻しそうな時は飛倉さんでお願いします! っていう(笑)。

  • ▲佐藤拓也さん(七海羽鳥役)

佐藤さん:ガンちゃんかなー!? 事務所の売り方やイメージの構築って色々あると思うんですけど、結構みんな感情で動くことがあるなと……。だからこそ相談をしたときに、彼のように理路整然と諭してくれたほうが「なるほど!」と納得しやすいのかなと思います。トビちゃんも柔軟にこちらの言い分を聞いてくれそうなんですけど、トビちゃんみたいなタイプは腹の底が見えなくて怖いです(笑)。一見こちらの意見が通ったように見せかけて、いつの間にか向こうのペースになっている可能性も……。二人は事務所の剛と柔って感じしますよね。すごくいいバランスだと思います! 

  • ▲前野智昭さん(森山志狼役)

前野さん:どちらともいい関係は築けると思います。個人的な価値観でいうと、僕は新人の頃にマネージャーさんに厳しく育てて頂いたので、今は優しくされたいなぁなんて……(笑)。となると、飛倉さんですかね! 

伊東さん:んー……んー!? 難しいですね!? とび……飛倉かなぁ……!? (笑) 今回はそういったシーンは無かったのですが、飛倉は怒るとめちゃくちゃ怖いらしいのできっとちゃんと叱ってもくれるでしょうし、どちらかというと優しさに比重のある飛倉ですかね。わずかな差ですよ! 

駒田さん:ガンちゃんがいいですね! 飛倉は巌原の部下なので、全ての判断を巌原に委ねるとしたら彼の方が色々と直結していていいのかなと。10年後くらいになったら飛倉が上にいっちゃうかもしれないですけど! (笑) 現段階では巌原が全てをハンドリングしてくれて、頼りがいのある印象ですね。横にいてくれるとどの現場も怖くなさそうです! 

――先ほどの質問に続きまして、ご自身のマネージャーとのエピソードがありましたらお聞かせください。

江口さん:とても良好な関係を築かせて頂いておりまして、やはり81プロデュースにいてよかったなという気持ちがありますね! 毎日穏やかに過ごさせて頂いております。これからも81プロデュースを何卒宜しくお願い致します(笑)。

古川さん:色々な現場についてきて下さるマネージャーが行きたい場所と、僕が行きたい場所が合致することが多いのですが、お仕事も兼ねつつ行きたい場所も汲んでくれる時があるので、そっと引き寄せてくれる手腕と好みの合致にいつも感謝しております。本当に有難いですね。

佐藤さん:地方仕事に行く移動の度に、マネージャーの恋の話を素面で相談されます。逐一上がってくる進捗によって作品ではないリアルな人間たちの恋模様を聞けるのは非常に興味深かったです! 僕の知らない世界だったので、芸の肥やしになりました(笑)。

前野さん:本当にいつもお世話になっておりますし、持ちつ持たれつの関係でありつつ、普段から良いバランスでやらせて頂いております。正直人間なのですれ違いや意見の衝突もありますが、振り返ってみれば楽しい思い出しかないですね! 

  • ▲伊東健人さん(飛倉奏空役)

伊東さん:先日マネージャーと一緒にタクシーに乗っていたら電話が掛かって来たんです。神妙な面持ちで話を聞いていたのでどうしたのかと思ったのですが、電話のお相手の方がマネージャーに悩み相談をしていたらしくて……。その時のマネージャーの相槌が、今まで僕の人生で聞いてきた中でも一番優しさに溢れていて大変感動しました。僕のことも含めて色々な方へ真摯に向き合ってお仕事をされている姿を見ていると、本当に素敵だなと思いますね! 

  • ▲駒田 航さん(巌原獅紀役)

駒田さん:最近入った男性マネージャーがとても真面目で明るい方なんですけど、ある日突然マスクをしてきていたので、どうしたのか聞いたら「顔がズタズタで……」と仰っていて……(笑)。マスクを取ってもらったら本当にズタズタで! 電気シェーバーが壊れて慣れない剃刀で髭を剃ったら、剃った場所全部から血が出てしまったらしく、痛々しい状態になってまして……。その日の現場が早く終わったので、彼を連れて肌に優しそうな新しい電気シェーバーを買ってあげました(笑)。その後、瘡蓋も取れてから「すごく使い心地が良いです!」と言ってくれて嬉しかったです。タレントとマネージャーのいい話でした(笑)。

――今回、ハワイツアーキャンペーンの企画に採用された4人でしたが、ハワイに行かれたことはありますか? また、もしハワイに行ったらやりたいことはありますか?

江口さん:家族と行ったことがあります! 楽園みたいな場所で死ぬならここがいいと思ったくらい、とにかく穏やかなんです。有名な場所だと観光で来てる方がほとんどなので、幸せオーラいっぱいでピリピリしている方がいないんですよね。時間の流れもゆっくりでずっと暖かくて平和……! 僕は海が見えるベランダに寝ながらコンビニで買った瓶ビールをずっと飲んでました(笑)。もしまた行くときもそういう穏やかな時間を過ごしたいです。

古川さん:僕自身も行ったんじゃないかと錯覚するほど周りの方がハワイに行かれているのですが、行ったことないです! (笑) ハワイって親日のイメージがあるので、ロコモコ丼を食べたいですね。下にお米入ってるじゃないですか。といっても向こうにロコモコ丼あるかわからないんですけど……(笑)。あと「Eggs 'n Things」に行ってみたいですね! 

佐藤さん:ハワイはすごく行ってみたいんですけど、まだ行ったことがないんですよ! もし行けたら、貸別荘みたいなところに仲間と泊ってゆっくり過ごしたいです。車を借りてスーパーへ買い出しに行ってバーベキューをするのも楽しそうですよね。なにかアクティビティをするのもいいんですけど、事前に決めるわけじゃなくて思いついたものをその日にやる! みたいな。「暇だね、船乗る?」っていうテンションで朝食食べながら決める感じ(笑)。

前野さん:もしかしたら近々ハワイへ行く機会があるかもしれないのですが、やるとしたらビーチに行って開放的な気持ちになってみたいです! 海外に行くと日本とは違ってオープンになれるかもしれないし、思いっきり日差しを浴びてハワイっぽいことをしてみたいですね(笑)。

伊東さん:僕はハワイに行ったことないです! もし行けるなら海のイメージが強いので、泳いでみたり走ってみたりしたいですね。キャンプ地として体力作りします(笑)。

駒田さん:ハワイは行ったことないんですよ! 朝市に行って生絞りのジュースを飲んだり、意識高めな事をしたいですね(笑)。そのままその足で綺麗な海に行って、ジェットスキーもしたいです! 

――最後に、CDの発売を楽しみにされているファンのみなさんへコメントをお願いいたします。

江口さん:今回は四人一緒のストーリーあり、彼女とのいちゃいちゃがそれぞれあり! そして、新キャラクターの心強いマネージャー二人も参加して更に広がっていく『A’s×Darling』の世界観を十二分に楽しんで頂ける内容になっております! 是非聴いて頂きつつ、皆様にもっともっと楽しんで頂ければ、また次も……!? 引き続き、よろしくお願いします! 

古川さん:今回は今までになかった一波乱があるというところで、ちょっとしたハラハラも味わえる内容なのかなと思います。そして四人に加えて新たにマネージャーが登場し、更に個性豊かなキャラクターたちが揃いましたので「私は誰の女になればいいの!?」状態ではないのかなと(笑)。 皆様のご感想次第ではマネージャーのお話で進展があるかもしれません! 引き続き応援のほど、よろしくお願いします! 

佐藤さん:平成最後の『A’s×Darling』の収録ということで、今この時空では各方面で「平成最後」というワードが流行ってるんですけど! (笑) 本当に楽しい収録をさせて頂きました。今作で3作目となりまして、マネージャーも出てきたことによって彼らを取り巻く世界がどんどん明確になっていくのは非常に興味深かったですね。うちの事務所はどんなところなんだろう……! という部分でも、弊社(DIGP)の今後の展開に是非ご期待ください! 

前野さん:今回は新キャラクターも登場しましたし、彼らの中ですごく大きな決断をするお話だったので、その決断が今後どんな風に展開していくのか非常に気になる内容にもなっております。今回のドラマCDを聴いて頂いて、更に感想や期待を頂ければ今後も展開していけると思いますので、引き続き『A’s×Darling』の応援を何卒よろしくお願いいたします! 

伊東さん:今回初登場のキャラクターを演じさせて頂きました。非常に爽やかなキャラクターたちで今後が楽しみでもあると同時に、マネージャー役を演じたからでしょうか……。若干の危うさを内包した状態でもあるので、僕自身早く続きが聴きたいです(笑)。皆様も若干のハラハラを感じつつ、僕と一緒に『A’s×Darling』を応援して頂ければ嬉しいなと思います! ありがとうございました! 

駒田さん:『A’s×Darling』シリーズにマネージャーが二人追加されました! そのおかげで見えてくる彼らの仕事をしている環境やディティールが細かくなってくる部分、仕事が決まるまでの事務所としての動きが出ると、更に世界観も掘り下げることが出来るのかなと。また、彼らのパーソナルを活かした上で、マネージャーたちがどういうことを考えて仕事をしているのかという裏側が見れて面白いのではないかと思います。令和の『A’s×Darling』にも期待しつつ、引き続きマネージャーを加えた事務所メンバーを楽しく見守って頂けると嬉しいです! 

『A’s×Darling —Dear My Honey!—』CD情報

【STAFF】
キャラクターデザイン:秋鹿ユギリ、真久
シナリオ:関 涼子

【Story】
人気モデルで、仲のいい四人――太一、千草、羽鳥、志狼。

それぞれの活動に加え、最近は四人一緒の仕事も好評。
先日はハワイで初海外ロケを経験。
マネージャーふたりのアシストで無事仕事を終えたあとは、
彼女と甘いバカンスも。

仕事に恋に大忙しだけど、充電だってバッチリ!
毎日楽しいことばっかり……なんだけど、
ちょっぴり困ったトラブルが発生。
 
「改めて聞くぞ。今後、おまえたちはどうしたい?」

『3』のハードルを乗り越えたいまだからこそ、ちゃんと考えたい。
今日も明日も明後日も全力でがんばりたい。
だから、きみに、隣にいてほしいんだ――。

【トラックリスト】
Scene 1:ビックリするほど順調です!
Scene 2:でも……実はちょっと心配事があります
Scene 3:Dear My Honey!…Type-Wolf
Scene 4:Dear My Honey!…Type-Cat
Scene 5:Dear My Honey!…Type-Penguin
Scene 6:Dear My Honey!…Type-Dog
Scene 7:突然のエマージェンシー!
Scene 8:彼女の事が好きだから
Scene 9:覚悟、決めました!

【キャスト】
犬塚太一(声優:江口拓也)、猫谷千草(声優:古川 慎)、七海羽鳥(声優:佐藤拓也)、森山志狼(声優:前野智昭)、飛倉奏空(声優:伊東健人)、巌原獅紀(声優:駒田 航)

【価格】3,000円+税
【発売日】2019年6月26日
【発売元】ティームエンタテインメント

©MintLip