マウスコンピューター、第10世代CPU搭載17.3型大画面ノートPC発売

電撃オンライン
公開日時

 マウスコンピューターは、6コア12スレッドの第10世代インテルCore i7-10750HプロセッサーとGeForce GTX 1650/4GBを搭載した17.3型大画面ノートパソコン“mouse K7”シリーズを8月4日より発売します。

製品特長

1.第10世代 CPUとGTX 1650の組み合わせによる高い汎用性を実現

 ノートパソコンながら、ターボ・ブースト時の最大動作周波数が5.00GHzに到達した、インテルCore i7-10750Hプロセッサーを搭載。従来製品(“mouse W”シリーズ)と比較して、シングルスレッド性能は約4.7%、マルチスレッドの性能は約3.7%向上。画像や動画の編集作業など、高処理性能が要求される用途で快適にお使いいただくことが可能です。

 また、グラフィックスも“GeForce GTX 1650”を搭載しており、描画する画面データを
格納するビデオメモリを、従来製品のGDD5メモリから高速なGDDR6メモリに変更したことで、3Dグラフィックス性能が約7.3%向上いたしました。

2.奥行きが短くなり、コンパクトに

 従来製品に比べ、よりコンパクトな筐体を採用することで、奥行を15.6mm短縮し、フットプリントを6.4%の小型化を実現いたしました。

3.高速・低遅延の無線LAN規格 Wi-Fi6に標準対応

 従来製品(“mouse W”シリーズ)と比較して約5.5倍高速のWi-Fi6に対応した無線LANモジュールを搭載いたしました。対応ルーターと組み合わせることで、LANケーブルの取り回しが難しいスペースにおいても快適な通信環境を確保することができます。

4.実用的な“使いやすさ”

 指紋情報によってWindowsへログインできるWindows Helloに対応した指紋センサーをタッチパッド部分に内蔵しています。指で触れるだけでWindows 10にログインが可能で、
パスワードを入力する手間がなく、パスワードをのぞき見される心配もありません。

 また、キーボードは、明るさや15色から発光色を選択できるLEDバックライトを内蔵しており、周囲が暗い環境でもタイピングしやすいキーボードを採用しています。

 外部映像出力は、4K UHD解像度に対応したHDMIとmini DisplayPortを各1基備えており、
本体の液晶画面と合わせて、同時に3画面表示が可能。さまざまなディプレイ環境でお使いいただけます。

 最大10Gbpsの高速なデータ転送速度を実現するUSB3.1端子(Type-A/Type-C)2基
を含む、計4基のUSB端子や、大容量なSDXCカードが使用可能なUHS-I対応カードリーダーも内蔵。さまざまな周辺機器と簡単、高速にデータ転送が可能です。

mouse K7仕様詳細】
OS:Windows 10 Home
CPU:インテル Core i7-10750H プロセッサー
メモリ:8GB
ストレージ:512GB M.2 SATA SSD
グラフィックス:GeForce GTX 1650/4GB
Web販売価格:12万9800円(税別)