『ポケモンGO』復帰のススメ。ガチ勢いわく、3周年直前の今が一番面白い!

シュー
公開日時

 『ポケモンGO』が配信された当時、機種が対応していなかったので、ソッコーで機種変更しに行き、それからずっと遊んでいるライターのシューです!

 約3年間、ゆるりと自分のペースで楽しんできた経験と思い出を定期的にレポートしていきますので、よろしくお願いしまーす!

 それでは記念すべき1本目ということで、7月22日で日本での配信3周年を迎える『ポケモンGO』の要素をこの機に始める方も、そして久々に起動される復帰勢の方に向けてまとめたいと思います。

『ポケモン』の世界といつでもリンクする楽しさいろいろ

 『ポケモンGO』は『ポケットモンスター 赤・緑』に登場するポケモンから順に追加されており、現在実装されているのはシリーズ4世代目となる『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』までに登場する約500匹ほど。

 基本的には歩いていれば出現しますが、中にはタマゴの孵化からでしか出現しないポケモンや海外限定のポケモンなど、拡張され続けていますが“歩いて見つける!”という基本的な所は変わっていません。

  • ▲図鑑コンプリートはやっぱり最終的な目標でしょうか。

 またフレンド機能を活用すると、より多くのポケモンを見つけやすくなるので、遊び方の幅が広がります!

 フレンド登録したトレーナーからはギフトを受け取ることができ、なかにはポケモンを育成するのに必要な“ほしのすな”や貴重なタマゴが入っていることがあります。

 さらに、フレンドと一緒にレイドに参加するとダメージボーナスや捕獲時のプレミアボールの数が増える恩恵がお互いに発生するので、仲間と一緒に旅をするのが楽しくなりますね。

  • ▲親密度が上昇すると恩恵の効果も上がっていきますよ。

 さらにおなじみのポケモン交換もフレンドと行えます! 本家と同じように交換で進化するポケモンはいませんが、交換すると稀に“キラポケモン”となり、強化に必要な“ほしのすな”が減るため育成が楽になります。

 そしてフレンドとは“トレーナーバトル”もできちゃいます! この“トレーナーバトル”は3匹のポケモンを選出し、“レイドバトル”と同じようにタップして戦う簡単なもの。初心者でも安心安全楽チンで戦えるのがポイント。

 おまけに勝ち負けにかかわらず報酬を受け取れるので、気軽に対戦を楽しみ交流してみましょう。

  • ▲チームリーダーとバトルができるので、ソロプレイヤーの僕もバトルを楽しんでます!

 しれっと話題にした“レイドバトル”は通常では出現しにくいレアなポケモン、強力な伝説のポケモンと戦い捕獲できる大チャンスのイベント!

 よく都内の公園や有名な建物付近で人だかりができてると「やってるな!」と画面を見ずとも察知できるアレです。

 最大20人で一緒に戦えるこの“レイドバトル”に挑むにはレイドパスが必要ですが、ポケストップを回すことで1日1つ手に入るので気楽に挑戦してみましょう。

 タマゴの柄で難易度が分かれているので、自分のポケモンたちの強さに合わせて順にステップアップしていくのがオススメですね。

  • ▲伝説のポケモンをゲットできるのはレイドバトルならでは!

 デイリーボーナスやフィールドタスクといった目標を設定し、達成すると報酬を受け取れる要素も用意されています。

 デイリーボーナスは7日間続けることで大量の経験値をゲット! フィールドタスクでは“特定のタイプを○匹捕まえよう”、“ポケモン交換をしよう”などの目標を達成すると、アイテムをもらえるほか、ポケモンが出現します。

 これだけ要素が多いと大変な印象を受けるかもしれませんが、“歩いてポケモンと出会う”という根本的な楽しさは変わりません。

 “レイドバトル”を目標に歩きながら“フィールドタスク”を達成したり、タマゴを孵化させたりと歩きながらついでに遊べるのが魅力なんですね。

 どんどん遊びやすく、楽しみやすく進化し続け、気軽に『ポケモン』の世界に入り込める『ポケモンGO』を遊んでみませんか? 遊ぶのを休んでいた人も、今こそ復帰のチャンスです。

 サービス開始から進化を続けている『ポケモンGO』は、今が一番面白い!

※ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.