『天穂のサクナヒメ』日本伝統の手法を取り入れた“米づくり”が公開!

電撃オンライン
公開日時

 マーベラスのPS4/Nintendo Switch用ソフト『天穂のサクナヒメ』の大きな魅力のひとつである“米づくり”に関する情報が公開されました。

 こだわりぬいて制作された本作の“米づくり”の工程を動画で見ることができます。

 以下、リリース原文を掲載します。

サクナヒメの成長と深く関係する“米づくり”

 本作では、日本古来の“米づくり”をゲーム史上類を見ない深さで体験することができます。

 田植、育成、刈り取りなどの工程を経て立派な米を育てましょう。

田植期

・田起こし

 石を取り除き、クワで田んぼを耕すことで稲が育ちやすい環境を整える工程。

 しっかりと耕すほど稲が根を張り育ちがよくなる。

・種籾選別

 より良い種籾(たねもみ)を選ぶ工程。

 種籾の沈んだ桶に泥や塩を入れて混ぜることで比重が軽く低品質な種籾を浮かせて取り除くことができる。

 ただし、収穫量も減るので注意が必要。

・育苗

 選別した種籾を育苗箱へまき、苗になるまで育てる工程。

 多くの苗が育つが品質が落ちる厚播き(あつまき)と苗の数は減るが品質が上がる薄播き(うすまき)がある。

・田植え

 育った苗を田んぼに植える工程。

 植える間隔が近すぎたり、離れすぎたりすると稲の育成に悪影響が出る場合もある。

育成期

・水やり

 水路を使って田んぼの水量と温度を管理する作業。

 稲の成長度合いやその日の天候に応じて適切な水量管理をするほど良い稲が育つ。

・肥料

 田んぼの土壌に養分を与えるため肥溜めへ様々な素材を混ぜて熟成させた堆肥を撒く作業。

 堆肥を捲くことで病気や害虫の発生を抑えることもできる。

・草むしり

 田んぼに生えた雑草を取り除く作業。

 時間と共に生えてくる雑草をこまめに取り除くことで稲に栄養がいきわたる。

収穫期

・稲刈り

 カマを使って稲を刈り取る作業。

 水を抜いてから稲を刈り取ることで稲架掛けの際に乾きやすくなる。

・稲架掛け

 刈り取った稲を干す工程。

 刈り取り直後の稲は水分量が多すぎるため適度に乾燥させることで美味しいお米になる。

・脱穀

 千歯こきなどを使い収穫した稲の穂先から籾を外す工程。

・籾摺り

 木臼などを使いもみ殻を取り除き籾を米にする工程。

 行うほど精米されて白米に近づき米の質は良くなるが食材にした時の栄養価が下がっていく。

豆知識

・稲作を任せる

 田起こしや田植えなど一部の農作業は仲間に任せることもできる。

 ただし、作業の質が低いので品質や収穫量が下がることも。

・使役動物

 農作業を手伝ってくれる動物も登場。

 鴨は田んぼの害虫を食べ稲の病気を防ぎ、牛は田んぼを耕すのを手伝ってくれる。


・稲作会議

 田んぼの状態を確認できる他、祈祷を行えば天気を変えることもできる。

 また、既定の条件を達成すると米づくりの極意が分かる“農書”がもらえることもある。

・稲作能力向上

 農作業を繰り返し行うことでサクナの農業力が向上。

 一度に多くの苗を植えたり、刈り取りが早くなるなど効率的な稲作が可能となる。

・能力成長

 豊穣神の子であるサクナの能力は収穫した米の品質・量に比例して上昇していく。

 また成長に合わせて技を習得することもある。

・交易

 収穫量が一定数を超えると米と交換で神界の神々から素材を入手可能となる。

©2020 Edelweiss. Licensed to and published by XSEED Games / Marvelous USA, Inc. and Marvelous, Inc.

天穂のサクナヒメ

  • メーカー: マーベラス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2020年11月12日
  • 希望小売価格: 4,980円+税

天穂のサクナヒメ

  • メーカー: マーベラス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2020年11月12日
  • 希望小売価格: 4,980円+税

天穂のサクナヒメ 限定版

  • メーカー: マーベラス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2020年11月12日
  • 希望小売価格: 6,980円+税

天穂のサクナヒメ 限定版

  • メーカー: マーベラス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2020年11月12日
  • 希望小売価格: 6,980円+税