スクエニ新作『RANBU 三国志乱舞』は戦乱の世を駆ける熱きリアルタイムストラテジー!

滑川けいと
公開日時
最終更新

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『RANBU 三国志乱舞(以下、RANBU)』。本格三国志シミュレーションと銘打つ本作のゲーム内容と魅力を紹介します。

 『RANBU』は、同社初の三国志ゲーム『三国志乱舞』のオリジナル開発スタッフが贈る、スマートフォン向けの新作アプリ。三国志の世界で乱舞する美しき武将たちを操り、知略をめぐらすシミュレーションゲームです。

 この記事では、本作がどのようなゲームなのか、その内容を紹介していきます。

三国志の武将が歩んできた物語を追体験!

 『三国志演義』の著者と言われている“羅貫中”に呼び出されたプレイヤーは、彼女の物語をより盛り上げるため、三国志のひとつの勢力として参戦することになります。

 曹操や劉備、呂布といったおなじみの武将たちが歩んできた物語を、ひとり用モードの“列伝”で追体験できるのです。

●曹操

●孫権

●劉備

  • ▲ストーリーは“魏伝”、“呉伝”、“蜀伝”に分かれており、まずは魏の曹操をメインしたストーリーを楽しめます。

 列伝には物語パートと戦闘パートが用意されており、一部の物語パートでは3Dで描かれたキャラクターたちがボイス付きで大活躍します! ぜひ音声にも注目していただければと。

武将を操って戦乱の世を生き残れ!

 列伝の戦闘パートでは、自分の手に入れた武将で“部隊”を使用したシミュレーションバトルが展開。戦闘は、見下ろし型の戦場で敵味方入り乱れて戦うリアルタイムストラテジーです。

 戦闘開始時に、各武将へ攻撃相手や移動場所などの指示を出すことが可能。指示は戦闘開始時以外にも常に出すことができるので、状況に応じて指示を出し、勝利を手にしましょう!

 もちろん、お手軽に進めたい人に向けてオート設定も用意されています。

 各武将は“兵科”を持っており、騎兵は弓兵に強く、歩兵は騎兵に強いというような“相性”があります。

 ただ見ているだけでなく、最初に相性のいい兵科の相手に集中攻撃させて少しでも早く戦力を減らす、不利な兵科の相手とはなるべく距離をおいた場所に移動させるなど、考えながら指示を出して戦うと、より楽しく戦闘が行えますよ。

  • ▲赤の矢印は有利、青の矢印は不利な兵科になります。視覚的にもわかりやすく、戦いやすくなっています。
  • ▲画面をタップすると、矢印が変化。その方向に武将を移動させることができます。

 火花散る戦場をさらに彩ってくれるのが、各武将に用意された“究極奥義”の数々。究極奥義は時間経過でたまっていく“奥義ゲージ”を消費して繰り出す必殺技のようなもの。相手武将にダメージを与える、味方武将を強化するなど、さまざまな効果があります。

 最大5人の武将に対しひとつの奥義ゲージを共有しているので、どのタイミングでどの武将の究極奥義を出すのかが大事になります。

 各武将への指示だしや究極奥義の発動を駆使して戦う姿は、まさに軍師! 本格的なリアルタイムストラテジーバトルを楽しめますよ。

  • ▲画面右下にあるのが奥義ゲージです。一定の間隔でたまっていきます。
  • ▲究極奥義によってはカットインが入るものも。3Dで描かれたカットインは見応バツグンです。

数多の武将で夢の部隊を作ろう!

 戦闘で使用する武将たちは、基本的に“登用”で手に入れます。三国志の物語を彩った武将たちを手に入れて、自身の部隊の戦力としましょう。

 手持ちの武将は最大5人まで部隊に編成可能です。武将に兵科があるのは前述した通りですが、この兵科は戦闘だけでなく編成でも意味を持ちます。

 武将は部隊編成時3×3のマス上に配置することになるのですが、武将の配置する場所によって能力にボーナスが付与されます。ボーナスが得られる場所は、武将によって異なります。

  • ▲部隊に入れたい武将を選ぶと、どこに配置すればどのくらいボーナスが得られるかを確認できます。

 各武将は、レベルアップや進化によって成長させられます。また、アイテムの“宝石”を装備させることも可能です。宝石にはいろいろな効果がついているので、お気に入りの武将に装備させて強化していきましょう。

  • ▲宝石を装備させらるのは6箇所。同じ種類の宝石を装備させると、ボーナスがつきます。

 武将の中には戦闘中に繰り出せる究極奥義以外にも、“大将奥義”、“奥義”を持っている者がいます。大将奥義はリーダースキルのようなもの。武将によって異なりますが、対象の兵科の能力アップをはじめとするさまざまな効果を得られます。

 また、奥義は特定の条件下で発動する特殊な技。“体力が50%以下のとき”、“特定の回数攻撃したとき”といった条件を満たすと自動で発動します。周囲にダメージを与えたり、自身の防御力をアップさせたりと戦闘を有利にしてくれますよ。

  • ▲奥義はすべての武将が持っているわけではなく、一部の武将が持っています。

 好きな武将で自由に部隊を組むのもいいですが、編成の位置や奥義の有無などの要素を気にすることで戦いをより有利に行えます。少しでも戦いやすいように、戦闘前からしっかり準備を整えておきましょう。

領地の発展が己を強くする!

 本作には拠点となる“領地”があり、領地に設置された施設を発展させていくのもプレイヤーの役目。プレイヤーの本拠地となる“官庁”や一定時間で資金を獲得できる“民家”、武将を強くする“武将訓練所”など、多くの施設が存在します。

 昇級と呼ばれる施設の強化を行えば、得られる効果もアップ。領地の発展にも目を向けることで、ゲームの進行がよりしやすくなります。

 施設の昇級には、プレイヤーLv、官庁のLvが一定値以上必要に。また、昇級時には施設が完成するまで時間がかかります。列伝をプレイしながらプレイヤーLvを上げるための経験値をため、レベルが上がったら昇級させられる施設はないかこまめに確認しておくといいですよ。

  • ▲こちらが領地の画像。ずらりと施設が並んでいるのがわかります。同時に昇級できる施設の数には限りがあるので、効率よく上げていきましょう。

 三国志をベースに、3Dキャラクターたちが織りなすストーリーが楽しめる本作。中でもリアルタイムストラテジーとなる戦闘は、プレイヤーの出す指示によって有利に進められるため、戦術的に楽しむことができます。

 また、ひとり用のモードだけでなく、本作にはギルド機能や乱舞戦、一騎打ちといった他のプレイヤーと交流できる機能も実装されています。三国志が好きな方はもちろん、シミュレーションゲームが好きな人にもオススメですよ!

※開発中の画面となります。
(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved

RANBU 三国志乱舞

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2020年
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

RANBU 三国志乱舞

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2020年
  • 価格: 基本無料/アイテム課金