【創の軌跡キャラ考察】レクターの周辺に某国の影。そして“約束”の行方は? 近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 《子供達》の中の誰よりも近く、誰よりも距離を置いて《鉄血》を見続けてきた男。オズボーン亡き今、戦後の世界でレクターが見出す己の存在意義とは。

レクター・アランドール(声優:森田成一)

「ったく、タヌキオヤジが引退して少しは楽になるかと期待したんだがなぁ」

 帝国軍情報局に所属する特務少佐にして、外交書記官としての肩書も持つヤリ手の情報将校。

 元《鉄血の子供達(アイアンブリード)》の一人であり、いい加減に見えて裏ではあらゆる方法で交渉を成功させることから《かかし男(スケアクロウ)》とも呼ばれている。

 災厄《巨イナル黄昏》ではオズボーン宰相の駒として非情に徹し、勝敗が決した際は自決まで考えていたが、リィン達の説得もあって考えを改め、情報局に留まる形で今後の帝国を支えていくことになった。

 天賦の才である“カン”によって、災厄後のゼムリア大陸で何らかの異変が起こる事を察し、再独立を控えたクロスベルへと向かうことになるが……。

  • ▲列車の中で無数の銃口を向けられるも、その裏にあるものを見通すかのような言葉。

 いきなり緊迫感あふれる場面ながらも、まったく動じていないあたりがさすがレクター。常人離れした“直観”を持つ彼だけに、易々とピンチに陥るとは考えにくいところですが、はたして。

 CID(中央情報省)といえばカルバード共和国の諜報機関ですが、そうなるとこの状況も、タヌキオヤジ=ロックスミス元大統領の退陣にともなう、共和国の新体制に何か関わりがあってもおかしくはないでしょう。

 また、CIDにはキリカさんやカエラさんも所属していたわけですが、直属のロックスミスが退陣した今、彼女たちの現状についても気になってきますよね。

  • ▲キリカ・ロウラン(※イラストは『碧の軌跡』のものです)
  • ▲カエラ(※イラストは『閃の軌跡IV』のものです)

 『碧の軌跡』以来の、レクターとキリカの情報戦なんかもまた見てみたいところ。とんでもないレベルでの腹の探り合いは、まさにこの2人ならではですし。

 そしてレクターにしても、帝国軍情報局の状況が変わっていくなかで、いろいろと思うところがあって身の振り方を考えている様子。

 彼の“軌跡”が、本作ではどこへと向かい、どのような道と繋がっていくのか、要注目です!

  • ▲情報分析に長けた人材を目にして、口をつくのは本音か軽口か。

 真・夢幻回廊で、ティオとレンを眺めるレクター。その言葉からは戦後の情報局の立場も、なんとなく垣間見えてくるのでは?

 とはいえ、もし彼女らが本当に協力するとなったら、ただでさえ手が付けられなかった情報局が、さらにとんでもないことになりそうなので、それはぜひやめていただきたい(笑)。

 そしてこの2人の少女といえば、『零の軌跡』では導力ネットの電脳空間内で丁々発止にハッキングバトルをやり合った仲。

 2人で端末を並べて何を話しているのか。ティオやレンなら、“ポムっと!”で対決というのも十分考えられますよね。天才少女同士の超絶連鎖バトル、見てみたい!

 こういった配役の妙があるのも、本作の真・夢幻回廊の大きな魅力ですね。

レクター OnePoint PlayBack

 幼少期にオズボーンと出会い、その直属の《鉄血の子供達》として各地で暗躍してきたレクター。

 あらゆる物事に対する異常なまでの勘のよさ――“直観”を持つ彼は、オズボーンによる《黄昏》の先にもたらされる悲劇も見通していながら、あくまでともにその信念に殉じる覚悟で、リィンたちと対峙。

 しかし、かつてリベール王国のジェニス王立学園で彼と学生生活をともにしたルーシー、クローゼは、そんなレクターに、ある約束を投げかけます。

 もう一度、あのときの顔ぶれで集まって“同窓会”を開くこと。それはつまり、自分の命も顧みない覚悟を見せるレクターに対し、“必ず生き残り、帰ってくること”を願う言葉でもありました。

 そして、《黄昏》を巡る世界大戦は終結。オズボーンも戦死し、《子供達》に残されたのは、戦いを引き起こした当事者としての大きな責任。

 この先レクターが歩んでいく道は、ある意味でこれまで以上に辛く苦しいものになるのかもしれません。

 いつか果たされるべき1つの約束を胸に抱き、彼は変わりゆく世界で何を見出し、どこを目指していくのでしょうか?

  • ▲お互いに戦いが避けられないことをわかっていながらも、そこで交わされた大切な約束があった。(※写真は『閃の軌跡IV』のものです)
  • ▲事態を引き起こした《鉄血の子供達》の1人として、最後までオズボーンと運命をともにし、決戦に臨む。(※写真は『閃の軌跡IV』のものです)

 そして、本作に用意されたエピソード“同窓の標”では、『閃の軌跡IV』で交わされた約束についての、その後の彼らが描かれます。

 こちらも、レクターファンにとっては絶対見逃せないところです。もちろん、クローゼやルーシーのファンにとってもまた然り!

  • ▲《腕力》のルーシーさんのコワイお言葉。そのときは……もしかしてオラオラですかー!? Oh My God……なんちゃって。

 そういえばレクターは、シリーズでいうなら『空の軌跡』のリベール編、『零の軌跡』『碧の軌跡』のクロスベル編、『閃の軌跡』の帝国編と、まさにすべての物語に登場しているんですよね。

  • ▲初お目見えは『空3rd』。クローゼやオリビエのエピソードに登場していた。(※写真は『空の軌跡 the 3rd Evolutiobn』のものです)
  • ▲クロスベルの異変を見届けた際には、オズボーンについての気になる台詞も。(※写真は『碧の軌跡:改』のものです)

 クローゼのエピソードで出てきたなんだか得体の知れない先輩が、まさかここまで存在感を発揮するキャラになるとは……想像もしなかった人も多いんじゃないでしょうか。かくいう自分もその1人。

 もはやメインキャラに匹敵するくらい、『軌跡』シリーズには欠かせないピースとなったレクター。

 どのシリーズのファンでも楽しめるキャラの1人として、本作でも活躍してくれること請け合いです!

日本ファルコム近藤社長コメント

 オズボーン宰相亡き後、情報局に留まる形で今後の帝国を支えていくことになったレクターですが、彼自身何を考えて行動しているのか?といった部分にもスポットがあてられることになります。

 『空の軌跡 the 3rd』以降、ある時は学生として、ある時は観光客として、またある時は情報将校として『軌跡』シリーズに登場してきたレクターですが、実は彼の内面についてはハッキリと見えていない部分があったんですよね。

 本作では本編とエピソードを通して、そんなレクターの内面にも踏み込んだ話が展開されるので、周囲の人物との関係性も含めて、彼の言動に注目してみてください。

 なお、複数の男たちがレクターに銃を向けている画面写真も公開していますが、実はこのシーン、かなり複雑な事情が絡み合った場面でして、今後のシリーズ展開に向けた“ある重大な伏線の1つ”となっています。

 前作『閃の軌跡IV』に登場したカエラ特務少尉が所属するCID(中央情報省)を含め、レクター関連のエピソードに登場する人物、キーワードには要注目ですよ。

創の軌跡マガジン、8月27日発売!

 日本ファルコムが贈る大人気RPG、『軌跡』シリーズ。その最新作である『英雄伝説 創の軌跡』の発売に合わせて、ファン必携の特別増刊が電撃から発売です!

 前作までの増刊“閃の軌跡マガジン”に引き続き、登場キャラクターや舞台となるゼムリア大陸についての詳細な設定情報を掲載するほか、取り逃しなくゲームを進めるために役立つ物語中盤までの濃密な攻略チャートを収録。

 さらに、近藤季洋社長へのインタビュー、新久保だいすけ氏・啄木鳥しんき氏・さがら梨々氏によるトリビュートイラスト企画など盛りだくさんの内容でお届け。

 ティオのオリジナル衣装を入手できる特典プロダクトコードも付いてきます!

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2011-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2016 Chara-Ani Corporation. All rights Reserved
(C)Nihon Falcom Corporation

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税