【創の軌跡キャラ考察】なぜ!? ルーファス再来の真相とは。近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 弟たちの絆の力の前に敗北し、敗戦の責を一身に背負う道を選んだルーファス。本来あるはずのない彼の姿が、再独立の気運高まるクロスベルに新たな暗雲をもたらす。

ルーファス・アルバレア(声優:平川大輔)

「この私が手ずから祓うとしよう。クロスベルの歪みの象徴たる“支援課”という幻想を」

 四大名門の一角、アルバレア公爵家の長子にして、ギリアス・オズボーンの直属《鉄血の子供達(アイアンブリード)》の元筆頭。

 欺瞞に満ちた帝国貴族を見限り、“真の父”と崇めたオズボーンを乗り越えることで“この世に生まれた意味”を見出そうと、あらゆる手を尽くして己の力を蓄えていった。

 災厄《巨イナル黄昏》では人としての生を捨ててまで勝利を掴もうとするも、リィンたち新旧《VII組》の前に敗北。

 人を信じず、誰にも頼ろうとしなかった自身と、人の絆を信じた弟・ユーシスとの違いを悟り、自ら負けを認めた。

 その後、オズボーン亡き後は、筆頭としてルーファス自身がすべての罪をかぶる形で逮捕されたはずなのだが……。

  • ▲赤をあしらった装束を身にまとい、黒い衛士を従え、誰もが予想だにしなかった宣言を行う。

 ようやく再独立にこぎ着けようとしていたクロスベルに、最もこの場にいてはならない男が!

 “オズボーンの遺志”を謳い、何かをしでかそうとしている様子は、『閃の軌跡IV』で描かれた彼の顛末を考えるとあまりにも意外な状況。

 弟ユーシスの拳と想いをぶつけられ、すべて吹っ切れたかのようなあの姿すらも、今このときのためのブラフだったのか?

 そして、これまでとは異なり“赤”が印象的な本作の姿にも、はたして何か意味があるのか?

 『閃の軌跡IV』までの彼は、《鉄血の子供達》としての異名《翡翠の城将(ルーク・オブ・ジェイド)》に相応しい色合いの装いだったのですが……。

  • ▲『閃の軌跡IV』ルーファス

 また、本作のイラストでは、最初からアルバレア家に伝わる《聖剣イシュナード》を手にしていることからも、その本気度合いがうかがい知れます。

 まさかのルーファスの再登場が引き起こす、急転直下の展開から目が離せません!

  • ▲思わせぶりな言葉とともに、再びロイドの前に立ちはだかる。

 ロイドたちの前に、またもや大きな“壁”として立ちふさがるルーファス。正直、もうクロスベルのことはそっとしておいてあげてほしい……。いくらそういう地だからとはいえ、クロスベル受難すぎでしょ(涙)。

 そもそも、クロスベルのヒーローである《特務支援課》を“幻想”とのたまう彼の傲慢な態度を、市民たちが易々と受け入れるはずもなく。どう考えても大きな抵抗にあうのは必至。

 とはいえ、かつては《鳥篭作戦》で《特務支援課》の動きを封殺したほどの切れ者ルーファスだけに、なんの勝算もなしにまたこの地に現れるわけもありません。

 その手段や、彼の行動に秘められた意図は、物語全編を通した大きな見どころとなっています!

ルーファス OnePoint PlayBack

 帝国における内戦終盤、自らが《鉄血の子供達》筆頭であることを明かしたルーファスはその後、クロスベル総督としてその統治を任されることに。

 そこで最大の脅威となる《特務支援課》のメンバーを《鳥篭作戦》と称してミシュラムに封じ込めるなど、並外れた采配を見せ、帝国によるクロスベルの支配を盤石にしていきました。

 そして《巨イナル黄昏》において彼は、騎神の起動者の1人としてリィンたちと対決。

 しかしその戦いで、実は不義の子である自身への欺瞞によって凝り固まっていた“ルーファス・アルバレア”という存在は、多くの仲間たちと強い絆を育んできたユーシスやリィンの前に粉々に打ち砕かれることとなりました。

 人と人とが生み出す力の強さを知り、偽りで染め上げられた自分すらも、その中に在れる1人であることを、弟の拳によって気づかされたルーファス。

 だからこそ彼は、オズボーンに従い戦った《鉄血の子供達》が負うべき罪を、一身に引き受けることを選んだはずでした。

 そのルーファスが再び、クロスベルにとっての大きな脅威として表舞台に姿を現したこと……それが意味するものとはいったい?

  • ▲弟ユーシスが育んだ絆の力の前に、自らの完全な敗北を認める。(※写真は『閃の軌跡IV』のものです)
  • ▲《黄昏》を巡る戦いが終わったあと、《子供達》の筆頭としてすべての責任を負ったはずだったが……。(※写真は『閃の軌跡IV』のものです)

 公開されたOPムービーでは、ロイドだけでなく謎の男《C》と切り結んでいるシーンなどもあり、彼の動向が本作において大きなウェイトを占めているのは間違いありません。

 その真相は、ぜひ実際にプレイしてその目で確かめてみてください!

日本ファルコム近藤社長コメント

 かつて初代総督として占領下のクロスベルを統治していたルーファスですが、本作では、再独立を控えたクロスベルの地で起こる、ある事件の首謀者として表舞台に姿を現すことになります。

 前作『閃の軌跡IV』をプレイして新旧《VII組》とルーファスの対決を見届けた方であれば、彼が登場することそのものに何らかの違和感を感じるかと思うのですが、それこそが、本作の物語を語る上で重要なポイントとなっています。

 ちなみに、ルーファスの周囲をガッチリと固めているのは衛士隊で、本作でロイドら《特務支援課》や《C》たち《新生帝国解放戦線》が敵対することになる精鋭部隊です。

 デモムービーでも少しお見せしていますが、彼らがクロスベルの地に現れ、市民がそれを歓迎しているかのようなシーンも、本編“クロスストーリー”で描かれる重要な場面の1つですので、彼らに与する勢力や各ルートの登場人物たちがどのように立ち回っていくのか、そういった点にも注目しながら物語をお楽しみいただければと思います。

創の軌跡マガジン、8月27日発売!

 日本ファルコムが贈る大人気RPG、『軌跡』シリーズ。その最新作である『英雄伝説 創の軌跡』の発売に合わせて、ファン必携の特別増刊が電撃から発売です!

 前作までの増刊“閃の軌跡マガジン”に引き続き、登場キャラクターや舞台となるゼムリア大陸についての詳細な設定情報を掲載するほか、取り逃しなくゲームを進めるために役立つ物語中盤までの濃密な攻略チャートを収録。

 さらに、近藤季洋社長へのインタビュー、新久保だいすけ氏・啄木鳥しんき氏・さがら梨々氏によるトリビュートイラスト企画など盛りだくさんの内容でお届け。

 ティオのオリジナル衣装を入手できる特典プロダクトコードも付いてきます!

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2018 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税