【創の軌跡キャラ考察】ディーター元大統領が再び説く“正義”とは。近藤社長コメント付き

ジュンキ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムが世に贈る人気ストーリーRPG『軌跡』シリーズ。その最新作であるPS4用ソフト『英雄伝説 創の軌跡』のキャラクター情報&考察を、日本ファルコム近藤社長のコメントとともにお届けします。

 かつてクロスベルと世界を大きく揺るがした男、ディーター・クロイス。誰よりもクロスベルの独立を望んでいた彼が、再独立を前にしたこの地で行う“正義”とは?

ディーター・クロイス(声優:竹本英史)

「己の“正義”の在り方、今一度ロイド君たちと見つめ直すといい」

 元IBC(クロスベル国際銀行)総裁にして、古より錬金術を継承してきたクロイス家の末裔。結社《身喰らう蛇》の使徒第三柱・マリアベルの実父にあたる。

 自身の“正義”を実現するため、《零の至宝》キーアを利用するなど強引な手法でクロスベルの国家独立を画策し、自ら大統領に就任するといった暴挙に及んだが、ロイドたち《特務支援課》の活躍により国際的犯罪者として逮捕された。

 その後、帝国によるクロスベル占領、災厄《巨イナル黄昏》が引き起こした世界大戦を経験する中、獄中で“正義”の在り方を問い直す日々を送っていたらしい。

  • ▲エリィやマクダエル議長らを見下ろし、再会の言葉を投げかける。

 じつに『碧の軌跡』以来となるディーターの姿。身なりは相変わらずバシッと決まっているものの、どこか顔つきに苦労がにじみ出ているような気も?

 そもそも本来ならまだ獄中生活にあるはずの彼が、こうして外に出ていること自体がちょっとした異常事態。背後にただよう“闇”のようなものも目を引きます。

 かつては設立したばかりの《特務支援課》に“正義”というものの本質を説き、強い影響を与えたほどの人物。彼の再登場は、クロスベルや《特務支援課》にとって大きな衝撃をもたらすはず。

  • ▲ロイドたち《特務支援課》に大きな期待を寄せ、“正義”についての自らの考えを語っていた。(※写真は『零の軌跡:改』のものです)。

 写真からはどうにもあまり歓迎できる状況には見えませんが、エリィやマクダエル議長とはもともと家族ぐるみで懇意にしていただけに、彼女もショックを隠せないでしょう……。

  • ▲かつて雇用関係にあった《赤い星座》と再契約!?

 ディーターと《赤い星座》といえば、クロスベル独立国事件の際に手を組んでいた間柄。

 しかし、だからこそ《特務支援課》に諭されて悔い改めたはずのディーターがまた行動をともにするのは、何か不自然にも思えるのですが……。

 ともあれ《赤い星座》の、しかも《閃撃》のガレスほどの戦力を投入する時点で、ただならぬ事態に首を突っ込んでいるのは確かです。

 さらに本作では、ディーター同様にクロスベル警察の拘置所に収監されていたガルシアの登場も確認されているだけに、その関係性についても注目したいところ!

  • ▲ガルシア・ロッシ

ディーター OnePoint PlayBack

 ゼムリア大陸一の総資産を誇る大銀行・IBCの総帥として、各国の政財界にも強い影響力を持っていたディーター。

 彼は、“人は正義を求める生き物である”という独自の哲学を抱き、マクダエル前市長の後を引き継ぐ形でクロスベル市長に就任します。

 そして、クロスベルにて周辺諸国の首脳が一堂に会する《西ゼムリア通商会議》の開催を提案するとともに、その会議の場で“クロスベルの独立”構想を提言。

 その後、クロスベル警備隊を再編した“クロスベル国防軍”、さらには《零の至宝》キーアの力で稼働する“神機アイオーン”という絶対的な軍事力を誇示し、ディーターを初代大統領とする“クロスベル独立国”の創立を宣言したのでした(クロスベル独立国事件)。

 しかし、その野望は《特務支援課》によって阻まれるとともに、自身もまた別の黒幕によって利用されていたことを知ります。

 私利私欲ではなく、あくまで“正義”を貫いていたはずの自分……その道がいつしか歪んでしまっていたことに気づいたディーター。

 クロスベル警察の拘置所に収監後、改めて彼が見つめ直したという“正義”の在り方は、はたして今のクロスベルに何をもたらそうとしているのか?

  • ▲IBC総帥という立場ながら、フランクな態度で《特務支援課》と接していた。(※写真は『零の軌跡:改』のものです)
  • ▲《零の至宝》キーアの力を後ろ盾に、クロスベル独立国大統領の座に就任。(※写真は『碧の軌跡:改』のものです)

 このディーターやガルシア、さらにはノバルティス博士などなど、懐かしくも意外な顔ぶれが次々と姿を現す『創の軌跡』。

 まさに“クロスベル編”の締めくくりでありつつ、そこにリィンや《C》の物語も絡んできて、ボリューム感も半端ない! 体調にも十分に気を付けながら、気合を入れて楽しくプレイしましょう(笑)。

日本ファルコム近藤社長コメント

 『軌跡』シリーズでは『碧の軌跡』以来の登場となるディーターですが、IBC銀行の総裁として、また、クロスベル新市長として物語を動かす大きな起点となっていた彼が何故このタイミングで、《特務支援課》の前に姿を現すことになったのかが本作でのポイントの1つですね。

 クロスベルのあるべき姿を見据え、自身の“正義”を貫こうとしていたディーターが本作ではロイドたちにとってどのような存在となるのか、エリィやマクダエル議長に対し何を語り掛けるのか、といった点にもご注目いただければと思います。

 《赤い星座》の猟兵らしき男と会話しているシーンもそうですが、ルーファス、ガルシアといった本来収監されているはずの人物たちと時期をあわせるように姿を現した、というのも不気味な感じがしますよね。

創の軌跡マガジン、8月27日発売!

 日本ファルコムが贈る大人気RPG、『軌跡』シリーズ。その最新作である『英雄伝説 創の軌跡』の発売に合わせて、ファン必携の特別増刊が電撃から発売です!

 前作までの増刊“閃の軌跡マガジン”に引き続き、登場キャラクターや舞台となるゼムリア大陸についての詳細な設定情報を掲載するほか、取り逃しなくゲームを進めるために役立つ物語中盤までの濃密な攻略チャートを収録。

 さらに、近藤季洋社長へのインタビュー、新久保だいすけ氏・啄木鳥しんき氏・さがら梨々氏によるトリビュートイラスト企画など盛りだくさんの内容でお届け。

 ティオのオリジナル衣装を入手できる特典プロダクトコードも付いてきます!

※画面は開発中のものです。
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2010-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2011-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税