『DQ3』ゲームブック世代に刺さるガイアのつるぎ狙いでふくびき30連【電撃DQW日記#572】

そみん
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、RPG好きな筆者(そみん)によるふくびきレポートをお届けします。

ゲームブック世代には思い出深いガイアのつるぎ狙いでふくびき30連

 『ドラクエウォーク』を遊んでいると、次はどんな思い出深い装備が登場するんだろうとワクワクすることがあるんですけど……まさがガイアシリーズが来るとは!?

 往年の『DQ』ファン、特にファミコン時代からのファンにとってガイア関連の装備はなつかしい気持ちが大きいのでは?

 そもそもは『ドラゴンクエスト2』のデルコンダルで、金のカギを使って開ける宝箱に入っている“ガイアのよろい”として登場し、設定本によると地の精霊ガイアの加護を得た鎧とのことでした。
(ガイアという神の名前は、たしか『ドラゴンクエスト アイテム物語』(僕を設定好きにさせた一因である名著)で出てきたはず)

 そして、こちらのほうが思い出深い人が多いと思いますが、『ドラゴンクエスト3』ではイベントアイテムとして“ガイアのつるぎ”が登場。サマンオサ出身のサイモンが持っていた剣で、とある牢獄で入手でき、ネクロゴンドへ進むために必要なアイテムとなっていました。

 まあ、ちょっと謎解きにかかわるのでぼかしますが、今回、火山にまつわるイベントとあわせてガイアのつるぎが登場したことに、ニヤリとしたファンも多かったのでは?(自分もその1人)

 シリーズの派生作品などにはたまに登場しますが、本シリーズだと『DQ11』まで再登場の機会がなかったので、知名度があるようなないような微妙なラインかもしれませんけど。

 さて、筆者がなぜ、そんなガイア関連装備への愛着が深いかというと、ファミコン版が出た当時は小説やゲームブックなどで『DQ』を楽しむことが多く、そこでのガイア装備の扱いが重要で、印象に残っているからです。

 ちょっとネタバレですが、ゲームブック版『DQ3』(上中下巻の大作でしてなあ)にも当然ながらガイアのつるぎが登場するわけですが、隠しエンディングに関連する重要アイテムにもなっていたんですよね。

 ゲームの展開上、普通だったらオリハルコンと交換しちゃうでしょ、みたいなトラップもありつつ、友だちから隠しエンディングの存在を聞かされた時は、悔しいながらも「おおお!」と感動したもんです。

 と、『ドラクエウォーク』プレイヤーをある意味でおいてけぼりにしてしまった気もしますが、そんなこんなでガイアのつるぎ狙いでふくびきに挑みます!


 あ、そんなわけで、実はシリーズ本編だとガイアの剣や鎧は出てきたものの、盾や兜はゲームブックのオリジナルで、ゲームだと『星ドラ』など一部の作品でしかでてきてない……はず。と、また余談が長くなりそうなので、ふくびきいっきまーす!

10連1回目(累計10回)

  • ▲いきなりオーロラ+流星群で期待が高まる!

  • ▲虹!

  • ▲ローブでござったか……。

10連2回目(累計20回)


  • ▲昇格ナシ!

 がーん。

10連3回目(累計30回)


  • ▲虹! 何かガイア来てくれ!

  • ▲凱歌ー。

 なんということでしょう。ふくびきレポートよりも、ゲームブックとかの余談のほうが長くなってしまった気がします。まあ、たまにはそういう日もあるということで……。

 でもなあ、ガイアシリーズはなかなか珍しいジバリア属性系なので、同じくジバリア属性のカンダタシリーズを持っている自分的には、普通に欲しいんですよね。後日、リベンジするかもしれません!

 ……が、あぶない水着の頭装備が欲しいので、そっちを優先するかもしれません(煩悩に弱いタイプ)。

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
©2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金