セガ×ディライトワークスのアプリ『サクラ革命』始動。太正100年を舞台に帝国華撃団が出撃

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 本日9月2日に配信された新プロジェクト正式発表生放送で、セガとディライトワークスが手がけるアプリ『サクラ革命 ~華咲く乙女たち~』が発表されました。配信時期は2020年予定。

 放送にはMCの織永さわさんに加えて、声優の岸本萌佳さん、松浦愛弓さん、セガの木原卓さん、ディライトワークスの岡村光さん、テーマソング『Wonderful Future』を手掛けた田中公平さんが登場。タイトルについての情報を公開しました。


 舞台となるのは、『サクラ大戦』シリーズから先となる、太正100年の日本。太正84年に帝都を壊滅させた“大厄災”から復興し、蒸気に代わる新エネルギー・ミライが発見されています。“日本、奪還”が、物語のポイントとなるそうです。


 放送では出演声優が、演じた役の印象や感想を述べました。また、これまでの『サクラ大戦』では霊子甲冑で戦っていたが、本作では霊子ドレスをまとい戦うとのこと。

 “帝国華撃団”の前には、ライバル“大帝國華撃団B.L.A.C.K.”が立ちはだかります。その“大帝國華撃団B.L.A.C.K.”のセンターを務める統星プラナは、Lynnさんが担当されます。

 『Wonderful Future』について田中さんは、正統派ではなく、強さを意識して作ったことを明かしました。Lynnさんについては、想定よりも歌がうまかったため、現場でさらに上を目指すように指示を出したそうです。それもあって、渾身の1曲になったとのこと。


 『SAKURA HIKARU Revolution』は作詞の畑亜貴さんが先に詞を手がけたものに、田中さんが曲をつけるという工程で作られたそうです。『SAKURA HIKARU Revolution』についてはどこかのタイミングで配信されるとのこと。



 タイトルの発表に合わせて公式サイトなどがオープン。あわせて10大キャンペーンの開催も発表となりました。

(C)SEGA / (C) DELiGHTWORKS

『サクラ革命 ~華咲く乙女たち~』

  • メーカー:セガ/ディライトワークス
  • 対応端末:iOS/Android
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2020年予定
  • 価格:基本無料/アイテム課金