『DQウォーク』混乱させたり回復したり。踊り子は攻守のバランスが絶妙な職業! 【電撃DQW日記#618】

kent
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、位置ゲーにハマっている筆者(kent)が、1周年で新たに追加された基本職の踊り子を実際に使ってみたので、その感想を書いていきます。

踊り子は回復もできて敵を混乱させられる職業

 1周年イベントがついに開催されました。

 ふくびきやらイベントやら新機能やら……やることが多くて嬉しい悲鳴をあげているところですが、もう1つ注目するのが踊り子と遊び人ですよね!

 基本職が追加されたので、さっそく転職して使ってみたいと思います。

踊り子遊び人のスキルや特殊効果は別記事で紹介しています。

 まずは育成から。ある程度戦えそうなレベル30まで育ててみました。

 レベル30まででは、スキルは“シャドーステップ”、“らせん打ち”、“いやしのおどり”を習得します。

 “らせん打ち”は、敵1体に180%の体技ダメージを与えたまに混乱させられます。

 混乱すると、別の敵を攻撃したりするのでバトルでは何かと重宝しますよ。

 攻撃力が高い敵を混乱させることで、数ターンはしのげるのでそれだけでパーティとしては助かりますしね。

 “いやしのおどり”は仲間全員のHPを少し回復できます。職業が覚えるスキルで全体回復ができるのは踊り子だけなので、とくに始めたばかりの方には嬉しいスキルと言えます。

 ただし、かいふく魔力がそこまで高くはないので回復量はそこそこといったところ。パーティのメインの回復役というより、サブの回復役という位置付けで使うのがおすすめです。

 ちなみに、かいふく魔力のステータスが高い緑色のこころをメインに装備して発動してみましたが、回復量は約10上がるくらいでした。

 踊り子は、レベル50でかいふく魔力+10(永続)を習得するので、賢者やパラディンのキャラクターを転職させるのが良さそうです。

 敵を混乱させたり仲間を回復したりと、どちらにも影響を与える職業なのでぜひ試してみてください。

 筆者はとりあえず、今後実装される上級職のためにレベル50を目指したいと思います!

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
© 2019, 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金