『ポケモン』デザインマンホール“ポケふた”が近畿に初登場!

電撃オンライン
公開日時

 ポケモンは、『ポケモン』のキャラクターがデザインされたマンホール“ポケふた”を、新たに近畿地方にも設置しました。滋賀県大津市の大津湖岸なぎさ公園に、通常のギャラドスと色違いのギャラドスの2枚が設置されています。

大津市にギャラドスの“ポケふた”が登場

 2018年12月に始まり、これまで全国各地に設置されてきた『ポケふた』が、近畿地方で初となる滋賀県・大津市に設置されました。

 目の前に琵琶湖が広がる、大津湖岸なぎさ公園に設置される2枚の『ポケふた』には、ギャラドスや色違いの赤いギャラドスが描かれています。


 『ポケふた』は、1枚1枚がオリジナルデザインで、それぞれ世界に一つだけのマンホールです。また、『ポケふた』は、今後何年、何十年にもわたり設置され続ける予定です。

 なお、設置される『ポケふた』は、順次、スマートフォン向け位置情報ゲーム『Pokémon GO』のポケストップになる予定です。

 『ポケふた』は、今後も、引き続きいろいろな場所に設置される予定です。ポケふた公式サイトにて詳細を掲載しています。

ポケふた一覧
・鹿児島県・指宿市:9枚
・岩手県:13枚
・香川県:17枚
・宮城県:15枚
・神奈川県・横浜市:5枚
・北海道:15枚
・鳥取県:14枚
・福島県:9枚
・東京都・町田市:6枚
・滋賀県・大津市:2枚
※神奈川県・横浜市の内4枚は期間限定のため、現在は設置されていません。

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。