【先行公開】『シャドバ』第18弾新カード。ネメシス新LG“イルガンノ”でまさかの4コスト12点疾走!?

電撃オンライン
公開日時

 サイゲームスが配信するiOS/Android/PC用デジタルTCG『Shadowverse(シャドウバース)』で、9月末に第18弾カードパック“Storm Over Rivayle / レヴィールの旋風”が追加されます。また、第18弾アディショナルカードが11月に追加されます。

 本記事では、9月に実装されるカードの中から一部を先行公開。各カードの評価や使い道も紹介します。

ストレイホロウ・イルガンノ

  • ▲進化前
  • ▲進化後
クラス ネメシス
カードタイプ フォロワー
レアリティ レジェンド
タイプ
コスト 1
攻撃/体力(進化前) 1/1
攻撃/体力(進化後) 2/2
能力 【ラストワード】“ストレイホロウ・イルガンノ”1枚を手札に加え、+0/+Xする。Xは「破壊される直前の体力」である。
【ファンファーレ】これの体力が4以上なら、“ヴォイドリアライズ”1枚を手札に加え、これは消滅する。
進化後の能力 【ラストワード】“ストレイホロウ・イルガンノ”1枚を手札に加え、+0/+Xする。Xは「破壊される直前の体力」である。
【進化時】相手のフォロワーすべてを-1/-1する。(体力の最大値が0以下のフォロワーは破壊される)
声優 沢城みゆき

ヴォイドリアライズ

クラス ネメシス
カードタイプ スペル
レアリティ レジェンド
タイプ
コスト 4
能力 “異形”3体を出す。
このバトル中に破壊された自分のフォロワーが20体以上なら、それらは【疾走】を持つ。
声優 沢城みゆき

リソースを増やし、フィニッシャーにもなれる

 破壊されるたびに体力を増やしながら手札に戻り、一定条件を満たすとスペルに変化するフォロワー。

 1/1とスタッツは低く、進化時の能力も特筆するほどの強さはなし。“ヴォイドリアライズ”が本命で“イルガンノ”自身はあくまで“ヴォイドリアライズ”を手札に加えるためにプレイするという位置づけです。

 “ヴォイドリアライズ”を手札に加えるには、基本的に4ターンかけて4枚の“イルガンノ”が破壊されることが必要。能力の性質上、複数の“イルガンノ”を手札に抱えていてもターン数が短縮できません。

 ただ、特設サイトで公開済みのカードや“しゃどばすチャンネルSP第16回 新カードパックリリース記念生放送”での発表を踏まえると、第18弾ではフォロワー1体のスタッツを上げつつ消滅するアミュレットがいくつも登場するはず。

 体力を上げるアミュレットが同時に実装されるなら、より短いターンで“ヴォイドリアライズ”を手札に加えることができますね。

“ヴォイドリアライズ”でフォロワーを異常なほどのコスパで展開

 一定条件を満たした“イルガンノ”の効果で手札に加わる“ヴォイドリアライズ”は後述の4/3突進フォロワー“異形”を3体場に出すスペル。

 4/3突進に加えて効果を持ったフォロワーは、1体場に出せるだけでも4コストの効果と言える範囲。“イルガンノ”を使った準備が必要とはいえ、4コストで“異形”3体は破格の効果と言えます。

 さらに、プレイした“異形”それぞれがラストワードで“機動二輪車”を場に出すため、“ヴォイドリアライズ”をプレイしたターンと次のターンは相手の場のフォロワーを容易に破壊することができるでしょう。

 そして、条件を満たせば“ヴォイドリアライズ”から場に出る“異形”は疾走を持つように。4コストで相手リーダーに12ダメージ、しかも3体のフォロワーによるダメージなので“つかの間の幸福”などのダメージカットにも耐性があるという点はフィニッシャーとして十分なものになります。

 もちろん疾走を持った“異形”もラストワードで“機動二輪車”を場に出すため、相手のターンで3体の“異形”が破壊されたとしても、続くターンで攻撃力2以上の疾走フォロワーをプレイすれば2ターンで相手リーダーの体力を20減らすのも現実的な範囲。

 実戦では手札に加わった“ヴォイドリアライズ”をフィニッシャー用に残しておきつつ、ピンチのときには低コストで相手のフォロワーを倒すための役割を担ってもらう形になりそうです。

特定のデッキに寄らないネメシスとの相性バツグン

 前弾までのデッキでは“ヴォイドリアライズ”から場に出る“異形”が疾走を持つ“20体のフォロワーを破壊される”条件を満たしやすいのはアーティファクトネメシス。ですが、第18弾のアミュレットがまだまだ未知数なうえに、追加カードで人形ネメシスが復権すれば無理なく“イルガンノ”を組み込めるはず。

 そもそもネメシス自体がカードの効果でフォロワーを大量に場に出すデッキが多いので、デッキタイプを問わず“イルガンノ”の活躍が期待できそうです。

異形
(いぎょう)

  • ▲進化前
  • ▲進化後
クラス ネメシス
カードタイプ フォロワー
レアリティ ブロンズレア
タイプ
コスト 4
攻撃/体力(進化前) 4/3
攻撃/体力(進化後) 6/5
能力 【突進】
【ラストワード】“機動二輪車”1つを出す。
進化後の能力 進化前と同じ能力。
声優 中村和正

機動二輪車
(きどうにりんしゃ)

クラス ニュートラル
カードタイプ アミュレット
レアリティ ブロンズレア
タイプ
コスト 2
能力 自分のターン中、自分の場にフォロワーが出たとき、それ1体は+2/+0されて【突進】を持ち、これは消滅する。

突進と疑似進化でフォロワー同士の交戦をサポート

 まず、“異形”はカードパックから通常排出されるため、単体でデッキに採用することが可能です。

 EPを使った攻防が行われ始めるころに、相手フォロワーの処理役として役立つフォロワー。スタッツはやや物足りない面がありますが、ラストワードで場に出る“機動二輪車”の+2/+0する能力によって、その後の相手フォロワーの処理がしやすくなります。

 相手の場にフォロワーがいれば、ほぼ確実にラストワード発動を発動できる“アナライズアーティファクト”や、ドレインによる回復量を増やせる“エッジアーティファクト”など既存のカードではアーティファクトとのシナジーに期待できそうです。

闘志の人狼
(とうし/じんろう)

  • ▲進化前
  • ▲進化後
クラス ヴァンパイア
カードタイプ フォロワー
レアリティ ブロンズレア
タイプ
コスト 2
攻撃/体力(進化前) 2/2
攻撃/体力(進化後) 4/4
能力 【突進】
【ファンファーレ】【狂乱】状態でないなら、自分のリーダーに1ダメージ。【狂乱】状態なら、+1/+1して、【疾走】を持つ。
進化後の能力 【突進】
声優 青木瑠璃子

序盤も終盤も動ける狂乱軸の万能アタッカー

 狂乱状態でなければ自傷回数を稼げ、狂乱状態なら強化されるフォロワー。狂乱状態でなくても突進、狂乱状態なら疾走を持つため、プレイしたターンに即ダメージにつなげられるのが魅力的です。

 “サードニックデーモン”や“アンテロープウォーリアー”といった既存の狂乱軸の2コストフォロワーと比べると、より攻撃的な使い方になりそうですね。狂乱状態になったあとの、2コスト3ダメージを手札から出せるという性能の使いやすさは『シャドウバース』において今さら語る必要がないほどメジャーなもの。
 
 フォロワー同士の相打ち前提でスペルのように使う、“永久凍土のベヒーモス”などのフィニッシャーでとどめを刺すための相手リーダーの体力調整に使うなど、柔軟な使い方ができそうです。

魔剣の騎士・ハザン
(まけん/きし)

  • ▲進化前
  • ▲進化後
クラス ヴァンパイア
カードタイプ フォロワー
レアリティ ゴールドレア
タイプ
コスト 4
攻撃/体力(進化前) 2/4
攻撃/体力(進化後) 2/8
能力 1ターンに2回攻撃できる。
【ファンファーレ】【狂乱】状態なら、「EPを消費せず進化できる」を持つ。(1ターンに1体しか進化できない制限はある)
進化後の能力 【必殺】
【ドレイン】
1ターンに2回攻撃できる。
声優 小山剛志

狂乱状態で強力なボードスイーパー

 狂乱状態でEPを消費せずに進化して、相手のフォロワーを破壊することのできるフォロワー。狂乱状態でなくても後攻4ターン目に進化して、序盤の不利を巻き返すためのプレイができるのも好印象です。

 狂乱軸のヴァンパイアデッキでは、自傷をしていてリーダーの体力が減ったところを一気に攻められてしまうという弱点がありましたが、このカードは4点回復した上で場に残り、実質的に守護のような役割も果たしてくれます。EPがなくなる頃に狂乱を達成した結果、守り切れなくて負けてしまうような場面で耐え抜いて、“永久凍土のベヒーモス”のような強力なフィニッシャーへとつなぐカードとなってくれるでしょう。

 進化回数を増やすことができるので、“堕落の決意”や“魅惑の教鞭・イオ”の能力を最大限活用できるようになり、既存デッキにすんなりと入れることが想像できます。

 さらに第18弾の“機動二輪車”などのアミュレットで強化すれば、ドレインの回復量を上げたり、場持ちをよくしたりもできそう。新カードを入れた狂乱軸のヴァンパイアデッキも期待できそうです。

“Storm Over Rivayle / レヴィールの旋風”の特徴

新能力“操縦”が登場

 今回から新たな能力“操縦”が登場します。操縦能力を持つフォロワーは攻撃不能ですが、操縦の条件を満たすフォロワーが自分の場に出たときにそれが場からいなくなることで、攻撃可能になります。そのとき“操縦時能力”があれば働きます。

 操縦したフォロワーは場からいなくなりますが、それの“場を離れたときに働く能力”は働かず、墓場の枚数は増えません。

 操縦能力を持つフォロワーが場を離れたとき、操縦していたフォロワーは“離脱”して場に戻ります。離脱したフォロワーの“場に出たときに働く能力”は働きません。

© Cygames, Inc.

Shadowverse(シャドウバース)

  • メーカー: Cygames
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: カード
  • 配信日: 2016年6月17日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

Shadowverse(シャドウバース)

  • メーカー: Cygames
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: カード
  • 配信日: 2016年6月17日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金