『薔薇王の葬列』TVアニメ化決定!

電撃オンライン
公開日時

 シェイクスピアの史劇『リチャード三世』を原案に、菅野文さんが描く運命のダーク・ファンタジー『薔薇王の葬列』(月刊プリンセス連載/秋田書店)のTVアニメ化が決定しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

 株式会社秋田書店(所在地:東京都千代田区/代表取締役社長:樋口茂)は、シェイクスピアの史劇『リチャード三世』を原案に、菅野文先生が描く運命のダーク・ファンタジー『薔薇王の葬列』のTVアニメ化が決定したことをお知らせいたします。また、本日9月16日(水)にコミックス最新14巻を発売いたします。

 TVアニメ化発表、コミックス14巻の発売に伴い、初の菅野文先生オンライントークイベントの開催が決定! SHIBUYA TSUTAYAオンラインストアにて対象商品を購入いただくと、 参加可能です。更に、新作グッズの発売、10月6日(火)発売の掲載誌「月刊プリンセス」11月特大号では表紙・巻頭カラーを飾ります。また「月刊プリンセス」11月特大号には、プレミアム付録として、合計8枚もの『薔薇王の葬列』ミニ複製原画が付きます。

 菅野文先生が描く魅力的な登場人物たちが、TVアニメでどのような表情を魅せるのか。TVアニメに関する続報は、今後も連載誌の「月刊プリンセス」や『薔薇王の葬列』公式Twitterで発表して参りますので、是非楽しみにお待ちください!

TVアニメ化決定記念コミックス告知PVを公開中!

作品概要

あらすじ

 中世イングランド。

 白薔薇のヨークと赤薔薇のランカスターの両家が王位を奪い合う薔薇戦争時代──。

 ヨーク家の三男・リチャードには身体に〈ある秘密〉を抱えていた。

 己を呪うヨーク家の三男リチャードはある日、 羊飼いの男・ヘンリーと出会う。

 運命的な出会いを重ねる中、 自然と彼に惹かれていくリチャード。

 だが、 闇と光の二人は知らなかった。

 そう、 互いが敵同士であるということを──。

 ウィリアム・シェイクスピアの史劇『リチャード三世』を原案に描かれる、運命のダークファンタジー!

最新コミックス情報

タイトル:『薔薇王の葬列』14巻
著者:菅野文
レーベル:プリンセスコミックス
発行:秋田書店
本体価格:454円+税
発売日:2020年9月16日(水)
ISBN:978-4-253-27339-8

©AKITA PUBLISHING CO.,LTD.