『モンハンライズ』移動や攻撃のカギになる翔蟲や新オトモのガルク、メインモンスターのマガイマガドが判明

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 9月17日23:00よりライブ配信された“Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9”にて、Nintendo Switch用ソフト『モンスターハンターライズ』が発表されました。



 “Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.9”終了後、そのまま“モンスターハンター Direct 2020.9.17”がスタート。辻本良三プロデューサーと、一瀬泰範ディレクターがソフトについて解説しました。

 タイトルの“ライズ”には本作におけるハンターのアクションと、世界中で盛り上がってほしいという願いがあるとのこと。

 Switchの特性を生かして、いつでも誰とでもプレイできるタイトルとなっています。



 フィールド移動、アクションに欠かせないのが新要素の“翔蟲(かけりむし)”。これにより、さまざまな場所への移動や、攻撃との組み合わせができるとのこと。移動や攻撃のバリエーションが増えていることを明かしました。


 フィールドはシームレスになっていることに加えて、翔蟲が生きるフィールドを意識しているそうです。

 本作で新たに登場するフィールドは“大社跡(たいしゃあと)”。廃墟が点在していることが特徴で、さまざまな発見がちりばめられていると、一瀬さんは説明していました。


 攻撃タイプのオトモとして姿を見せたのはガルク。乗って高速で移動している間は、スタミナが減らず、一部アイテムを使用できます。


 おなじみのアイルーは援護タイプのオトモ。シングルプレイではオトモを2匹まで、マルチプレイではハンターが1匹まで連れていくことができるとのこと。

 メインモンスターとして登場するのは牙竜種のマガイマガド。怨虎竜という名が示すように“まがががしいモンスター”になっているそうです。


 他にも、とさかで突進してくる鳥竜種アケノシルム、三位一体で行動してくる鳥竜種オサイズチ、砂利を飲んで巨大化するヨツミワドウが明らかに。

 また、アオアシラとヨツミワドウが争っているシーンも紹介。このようにモンスター同士の対決も描かれるようです。アオアシラ以外のモンスターや新モンスターもまだ控えていると、2人は説明していました。



 本作の拠点となる野は“カムラの里”。こ里のキャラと物語が展開するそうです。


 通常版に加えて、重ね着パーツやジェスチャーなどがセットになった『デラックスエディション』が存在。

 限定特典として、オトモガルクとオトモアイルーの重ね着装備などが用意されて言います。

 また、『モンスターハンターライズ』ゲーム内で使用すると、特別な重ね着装備を入手できるamiiboが同日に発売。さらに、いろんなアイテムが入手できる福引に、毎日チャレンジできるとのこと。

 最後に2021年夏に発売予定の『モンスターハンター ストーリーズ2 破滅の翼』との連動要素があることが発表され、放送は終了となりました。

© Nintendo
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
※画像は配信をキャプチャーしたものです。