2人の深層心理があきらかに!! 木村良平・岡本信彦の『ガルスマ』第172回ガルスマ編集部レポート

ガルスタオンライン
公開日時

 声優の木村良平さんと岡本信彦さんが、なかよしトークを繰り広げる人気ラジオ『電撃Girl’sSmile(ガルスマ)』。

 毎回エンディング後に、2人がさまざまなお題に挑戦するミニコーナー『ガルスマ編集部』を配信中! その挑戦の様子や結果をレポートします★

第172回ガルスマ編集部

 第172回ガルスマ編集部は、久々“心理テスト”に挑戦! これまでも何度か心理テストは行ってきましたが、そのたびに「当たってる!」「おもしろい!」と楽しんでいた2人。今回のテストは、果たして当たっているのか、そして2人の深層心理とは!?

 今回ご用意した心理テストはこちら。

 「あなたは今、知らない街にいます。目の前には、あながた一番好きな動物が1匹、うずくまって泣いています。なんと声をかけますか? 3つ声をかけてください」

 最初に答えたのは岡本さん。3つの言葉は、

 「どうしたの?」
 「大丈夫?」
 「ご飯食べる?」

 語尾を上げて優しく問いかけるように回答した岡本さん。首を少し傾けながら、まさに目の前にその動物がいるかのように、声をかけます。岡本さんの回答を聞き「同じようなもんだよ」という木村さん。そんな木村さんの3つの言葉は、

 「どうした?」
 「おいで」
 「一緒に行こっか」

 深刻になりすぎない明るめのトーンで、優しくソフトな口調で語りかけます。似たニュアンスの回答になったため、2人は「まぁこうなりますよね……」と、少しいぶかしげです。そんななか、岡本さんは木村さんの回答に「セクシーな感じがします」と独特な感想を言い、「なんでだよ!」とツッコまれる場面も(笑)。

 この質問、じつは3つのフレーズのうち、最初の2つには意味がなく、3つ目のフレーズが重要になってきます。泣いている動物は、守りたいもの、か弱い存在を意味し、自分自身の弱い部分を示すのだそう。そこから、この心理テストで分かるものは、「自分が落ち込んでいる時に、かけられたい、人から言われたら心に響く言葉」になります。

 今回の結果から、落ち込んでいる時に響く言葉は、岡本さんは「ご飯食べる?」木村さんは「一緒に行こっか」となります。結果を聞き「あぁ~!」と声を上げた岡本さん。「ぶっちゃけ、その通りかもしれないです」と目を見開き、大きく頷きます。木村さんは岡本さんの結果に「“ご飯食べる?”って、いいね。『耳をすませば』を思い出したよ」と笑顔に。

 木村さんは「“一緒に行こっか”は、寄り添ってほしい、みたいなことかな……」と自身で噛み砕きます。そのニュアンスに「分かる気がします」という岡本さん。誰がやっても差が出ないような心理テストかと思っていたというお2人ですが、それぞれちょっとずつ違っており、「3つ目って、たしかに本質だよね」「なるほどって思いました」と、示された結果に納得した様子!

 構成作家が「のぶくんが落ち込んでいたら、良平くんはご飯に連れてってあげるといいんですね」というと、木村さんは「そういうことですよね」と頷き、岡本さんは「言ってくれそう!」と嬉しそうに、はにかんだのでした❤

 ちなみに、“いちばん好きな動物”は、岡本さんが「クワッカワラビー。いつも笑顔の!」、木村さんが「猫ちゃん」を想定していたとのことでした! 選んだ動物も、なんだかご本人に似ているかも!? お2人お墨付きのこの心理テスト、ぜひご家族やお友達にも試してみてくださいね。大切な人が落ち込んだ時に、本当にかけてほしい言葉をかけてあげられるかもしれません♪

第171・172回収録後インタビュー

――『魔女の宅急便』を観ると泣けてきてしまう、という話題がありましたが、お2人が最近泣いたのはいつ、どんなことでしたか?

木村:最近、海外のオーディション番組にハマってるんですよ。あれ、夜お酒呑みながら見てると泣いちゃうね。オーディション受ける人にそれぞれの背景とかもあって、そんな人たちがステージの上で輝く瞬間とか、いいよね。
岡本:あぁ~!! ……そういう系でなら、何か……(泣いたこと)ある気がする……。なんだろうなぁ~………………。
木村:あれ? これひょっとしてアレ(岡本さん機械説)か? 機種変したか?(笑)
岡本:あ!! 最近、『ハガレン(鋼の錬金術師)』を読み直したんですよ。時間があったので、漫画の方を。やっぱり、あの漫画めっちゃいいなって思いましたね。みんなカッコいいんですよ。モブキャラも。で、兄弟愛のところで、涙が出そうになった気がしますね。

――出てはいない……? 

岡本:そうですね(笑)。アルフォンスが、本当の弟かどうかっていうところで、涙腺にはきました。
木村:あぁ~!! あのウェンディに怒られるところね! 
岡本:そうです、そうです!!

―――兄弟愛、いいですよね。『かみラジ』でも兄弟からの一言を特集しましたが、お2人は一人っ子ですよね。兄弟がほしいと思ったことはありますか?

岡本:子どもの頃は、ずっと遊ぶ相手がいなくて、1人でゴム人形でアテレコする遊びをしていたので(笑)、兄弟ほしかったですね。
木村:今と一緒だね?(笑)
岡本:(笑)。本当は、一緒にゲームで対戦とかやりたかったですね。
木村:俺は、兄弟ほしいって思ったこと一度もないんだよなぁ。
岡本:そうなんですね!?
木村:一人っ子最高! って思って生きてきた(笑)。ただ、大人になってから、人生の負担とかを分かち合える存在がいたらいいな、とはちょっと思った。兄弟って絶対に切れないものじゃん、血は。
岡本:確かにそうですね。声優で妹がいる人って、大体“妹大好き人間”じゃないですか。目に入れても痛くない、みたいな。あの感覚がちょっと分からなくて。実際に妹がいないと分からないんだろうなと思いますね。
木村:はいはいはい(笑)。
岡本:かっきー(柿原徹也)さんとか(笑)。
木村:……まぁ、妹がいたら、俺もかわいがっちゃうだろうな……。
岡本:良平さんかわいがりそう!! 5つくらい離れてたら、そりゃあもう! もう!! みたいな!(笑)
木村:……うん(笑)。

 次回ガルスマ編集部は11月5日にお届け予定です。お楽しみに!!