『ジャックジャンヌ』生放送レポ。気になる各クラス紹介PV&実機プレイが初公開

電撃オンライン
公開日時

 “ファミ通”と“ゲームの電撃”が9月25~27日にかけてお届けした生配信番組“GAME LIVE JAPAN(ゲームライブジャパン) 2020”。

 9月27日にはブロッコリーの新作Nintendo Switch用ソフト『ジャックジャンヌ』が紹介されました。

 本放送では、MCに青木瑠璃子さん、ゲストに開発チームの川上勇吾さんを迎え、初となるADVパートとシミュレーションパートの実機プレイや、初公開となるPVも流されました。

※『ジャックジャンヌ』の配信部分は7:17:42~

石田スイ先生原案! イベントイラストは160枚以上!!

 本作は全世界発行部数4,400万部を超える『東京喰種(トウキョウグール)』の作者でもある、石田スイ先生が原作・キャラクターデザイン・シナリオ・ゲーム内イラストを手掛けていることでも大注目の少年歌劇シミュレーションゲーム作品です。

 主人公は、性別を隠してユニヴェール歌劇学校に入学します。“最終公演で主役になること”を目標に、所属するクラス“クォーツ”の仲間たちとともに役者として成長するべく学校での生活を送っていくことになります。

 石田先生ならではの、手に汗握るアツい展開や、キャラクターの繊細な心理描写などが大きな魅力で、女性だけでなく男性も楽しめる内容となっています。

 まず注目は“160枚以上”の石田スイ先生描きおろしのイベントイラスト! 通常のゲーム制作では、イベントイラストとシナリオを同時進行で制作されるそうですが、本作はシナリオの完成後に先生が読み返し、ポイントとなる箇所にイラストを描いているそう!

 続いてのポイントは“ゲームで楽しめる舞台体験”。本作では、ユニヴェール歌劇学校に通うキャラクターたちの舞台公演の模様も描かれます。そんな劇中劇の脚本ですが、ゲームの都合上省かれてしまう部分もすべて作られているそうです。

 ゲーム本編では、舞台シーンは一部のみ見ることができますが、ゲームを進めると舞台脚本すべてを読めるようになるとのこと。おまけとは思えないほどの大ボリュームの台本にも注目ですね。

 また、30着以上の舞台衣装もすべて石田先生が手掛けています。もちろん舞台衣装だけではなく普段の服装、メイク、小物もすべて手掛けられているそうなので細かい部分までチェック必須です。

 さらに音楽も各公演ごとに作っているほか、すべて生音で収録! 本格的な演出で臨場感を味わえます。

 最後のポイントは“レッスン”。パラメータによって公演成績やイベントが変わる“やりこみ要素”も満載。キャラクターとの交流だけでなく、レッスンも重要となってきますのでさぼらないようにしましょう!!

 またここで、ユニヴェール歌劇学校に通うさまざまなキャラクターを紹介するPVが初公開となりました!!

※PVの配信部分は7:29:18~

 ユニヴェール歌劇学校には4つのクラスがあり、主人公が所属するクラス、透明にかがやく才能の原石“クォーツ”。そして、勝利を目指すダンサー集団“オニキス”、絢爛たるジャンヌらの歌声“ロードナイト”、暗躍せし奇才集団“アンバー”。

 個性的なキャラクターと豪華声優陣が集結しているのでぜひPVでご確認ください!

実機プレイ初公開

 まずは本作初公開となる、ADVパートをプレイ。

  • ▲ADVパートでは、主人公が所属するクォーツクラスのキャラクターとともに、授業の一環として行われる定期的な舞台公演に向けて稽古に励みましょう。ちなみにこちらはフルボイスで楽しめます!

 この日のプレイは、物語の序盤からスタート。主人公と兄(立花継希・たちばなつき)、幼なじみの過去の物語から始まります。早速美麗なイラストが続々とお目見え! イラストの数に青木さんも驚きつつ進めていきます。

 兄の継希はユニヴェール歌劇学校でも優秀な役者でしたが、現在行方不明……悩む主人公の前に不思議な男(実はユニヴェール歌劇学校の校長)が現れ、男子学校であるはずのユニヴェール歌劇学校に主人公を誘います。主人公は悩みつつもユニヴェール歌劇学校の試験に挑むことに……。

 AVDパートでは、織巻寿々(おりまきすず)との出会いまでをプレイしました。青木さんが思わず手を止めて聞いてしまった寿々の発声練習シーンはぜひアーカイブでご確認ください(笑)。

 続いては、こちらも実機プレイ初公開となるシミュレーションパート。

  • ▲選んだ内容に応じて、主人公の役者としてのパラメータを伸ばすことができます。育て方によって、ストーリーが変わったり定期公演で良い成績が取れるようになるので、重要です!

 まずは歌唱レッスンに挑戦。レッスンを受けることによってパラメータが上昇し、そのパラメータの上がり具合によって途中で登場するキャラクターやサブストーリーが変化します。

 続いてダンスレッスンと座学レッスンにも挑戦。レッスンを受けると体力が減ってくるので、定期的に休むことも大切です。どのように主人公を育てていくかは、プレイヤー次第!

 そして最後にプレイしたのは、リズムゲーム。

  • ▲リズムゲームには、ミュージックビデオを楽しみながらプレイできる“歌唱パート”と、キャラクターのダンスを楽しみながらプレイする“ダンスパート”の2種類があります。

 リズムゲームで遊べる楽曲は全15曲。こちらもすべて石田スイ先生が作詞をしています。(先生仕事しすぎでは……!?)

 今回は、ダンスパートに挑戦。公演のメイク&衣装姿のキャラクターたちが音楽に合わせて踊っている映像が後ろに流れている中、音ゲーをプレイ。上から降ってくるノーツに集中したいところですが、後ろの映像もかなり気になります……!

 ちなみに簡単な操作で遊べるため、リズムゲームが苦手な人でも楽しめる仕様となっています。また、リズムゲームが得意な人でも苦戦するような難易度のものも用意されているようなので、得意な人はぜひ高難易度で!

 コントローラーだけでなく、画面タップでも挑戦できるそうで、得意なやり方でプレイできるのがうれしいところ。

※今回配信されたゲーム画面は開発中のものです。

発売前にこちらもチェック!

体験版が配信予定

 今回放送された内容が楽しめる体験版が配信予定とのこと。配信に関する情報は今後発表予定なのでぜひ公式サイトやTwitter(@JACKJEANNE_JP)などでチェックしてください。

ボイスドラマ全14話が公開中

 公式YouTubeチャンネルでは、現在序盤のストーリーをまるごと楽しめるボイスドラマ(全14話)が公開されています。一足早く、世界観を感じられるものとなっています。

限定ユニヴェールコレクション予約受付中

 現在、豪華5大特典つきの“限定ユニヴェールコレクション”が予約受付中です。未公開イラスト・設定画が収録されたアートブックのほか、石田先生が脚本を担当したオリジナルドラマCDなどがセットになっています。

特典内容
1.石田スイ先生描きおろしスペシャル収納BOX(マットPP仕様)
2.ビジュアルアートブック(上製本/全80P)
3.ノベル:Another
4.オリジナルドラマCD
5.ボーカルコレクション ゲームサイズVer.

オープニングテーマが配信中

 本作のオープニングテーマ“Jack&Jeanne Of Quartz”が発売に先駆けダウンロード&ストリーミング配信中です。作詞は原作・キャラクターデザイン・シナリオを務める石田スイさん、作曲はゲーム内BGMや歌曲をすべて手掛ける小瀬晶さんが担当しています。

 歌はメインキャラクターの7人(寺崎裕香さん、近藤孝行さん、笠間淳さん、岸尾だいすけさん、梶原岳人さん、内田雄馬さん、佐藤元さん)が歌っています。

Amazonで“GAME LIVE JAPAN特設コーナー”が展開中!

 Amazonにて、GAME LIVE JAPAN 2020 ファミ通・電撃特設会場が展開中。

 GAME LIVE JAPANで紹介した作品や関連商品を予約・購入できますので、ぜひチェックしてみてください。

(C)Sui Ishida/BROCCOLI

『ジャックジャンヌ』

  • メーカー:株式会社ブロッコリー
  • 対応機種:Nintendo Switch
  • 原作:石田スイ
  • 発売日:2020年12月3日予定
  • 価格:限定ユニヴェールコレクション12,300円(税別)/通常版・DL版7,800円(税別)