『あつまれ どうぶつの森』が日本ゲーム大賞2020 年間作品部門の大賞を受賞!

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 任天堂のNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』が、日本ゲーム大賞2020「年間作品部門」の大賞を受賞しました。

 今年度の日本ゲーム大賞2020は、19年4月から20年3月末までの期間中、日本国内で発売された作品が対象となります。日本ゲーム大賞2020「年間作品部門」の各賞は以下の通り。

大賞

●『あつまれ どうぶつの森』任天堂

 『どうぶつの森』シリーズの最新作。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、自粛生活を余儀なくされた中、何をするのも自由な本作でのスローライフ体験は、世界中の人々の癒しに。

 また、本作を通じた親しい友人とのコミュニケーションやイベントでの他の人々との交流は、単なるゲームの枠にとどまらず、日本発のエンターテインメントの持つ力を改めて人々に示した点、さらには一般投票で、子どもからシニアまで、多くのユーザーから圧倒的な支持を受け、“優秀賞”ならびに、満場一致で令和最初の“大賞”受賞となりました。

 なお、日本のコンピュータエンターテインメントソフトウェア産業の成長・発展に寄与し、多大なる貢献をされた人物や団体に贈られる今年度の“日本ゲーム大賞 経済産業大臣賞”も『あつまれ どうぶつの森』開発チームが受賞されました。

優秀賞

●『あつまれ どうぶつの森』任天堂

●『十三機兵防衛圏』アトラス

●『DEATH STRANDING』SIE

●『仁王2』コーエーテクモゲームス

●『ファイアーエムブレム 風花雪月』任天堂

●『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』アトラス

●『ポケットモンスター ソード・シールド』ポケモン

●『モンスターハンターワールド:アイスボーン』カプコン

●『龍が如く7 光と闇の行方』セガ

●『リングフィット アドベンチャー』任天堂

©2020 Nintendo