AMD Ryzenプロセッサー搭載! フロントパネルを一新したFRONTIERデスクトップPC≪GXシリーズ≫

電撃オンライン
公開日時

 BTOパソコンの販売を行うインバースネットは、9月29日より、フロントパネルを一新し、スタイリッシュでエアフローを考慮したマイクロタワー型PC≪GXシリーズ≫に第3世代AMD Ryzenプロセッサーを搭載したデスクトップパソコンの販売を開始しました。

製品の概要

 このたび販売を開始する製品は、チップセットにAMD B550を備え、CPUには第3世代AMD Ryzenプロセッサーを搭載したデスクトップパソコンです。PCケースには、先日フロントパネルを一新し、よりデザイン性が高くなったマイクロタワー≪GXシリーズ≫を採用しました。

 ラインナップには9月17日に発売したばかりのNVIDIA次世代GPU“GeForce RTX 3080”搭載モデルを含め、CPUやグラフィックスカード、ストレージが異なるモデルを3機種ご用意しました。ご予算や用途に合わせて、ぜひお好みの1台をお選びください。

 こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストアにて、9月29日より販売を開始しています。

製品の特長

高いデザイン性でエアフロー&拡張性に優れたマイクロタワー型パソコン

 GXシリーズのフロントパネルを一新。スタイリッシュでエアフローを考慮したミドルタワーのGAシリーズと同様のフロントパネルをマイクロタワーにも採用しました。

 幅190mm×高さ356mm×奥行421mmとコンパクトながら最新のNVIDIA GeForce RTX 3080などの大型グラフィックスカードや、最大3基のストレージも搭載可能な拡張性に優れたマイクロタワーです。

 高速なNVMe SSDも搭載でき、膨大なデータ量の高解像度動画編集等の作業もスムーズに行えます。PCI Express Gen4×16スロットを装備しているため、Gen4に対応したNVIDIA GeForce RTX 3080の性能をフルに発揮できます。

 前面にはUSB Type-A 3.2(3.1/3.0)Gen1(Max 5Gbps)、USB2.0を2つずつ備え、背面にはUSB Type-A 3.2(3.1/3.0)Gen1(Max 5Gbps)を4つとUSB2.0を2つと計10ものUSBポートを備え多彩な周辺機器の接続も容易です。

第3世代 AMD Ryzenプロセッサー搭載

 第3世代AMD Ryzenプロセッサーは、AMDの7nmテクノロジーの新CPUマイクロアーキテクチャ“Zen 2”により、従来の“Zen/Zen+”より性能を大きく引き上げました。これにより、ゲーマーやクリエイターは、革命的な性能や比類のないテクノロジーと並外れた技術革新を体験することができます。

 キャッシュメモリ搭載量が前世代から倍増した事で、CPUによるボトルネックを感じにくく、また自動クロックアップ機能であるPrecision Boost2によってコア数に関わらず、CPU動作クロックが自動で引き上げられるため、パフォーマンスの応答性がより向上しました。

 世界初のPCIe 4.0接続を備えたこの新しいプロセッサーにより、ユーザーは最新かつ最先端のマザーボードとグラフィックス、そしてストレージ・テクノロジーを活用することが可能です。

ASRock製 B550M-HDVマザーボード

 マザーボードはチップセットにAMD B550を搭載し、コストパフォーマンスに優れ、厳選された材料から作られたASRock製“B550M-HDV”を採用しました。

 NVMe SSDにはデータ転送速度 最大64Gb/sのPCI Express 4.0×4対応のM.2スロットを1つ搭載しています。インターフェースには実績のあるUSB Type-A 3.2(3.1/3.0)Gen1(Max 5Gbps)を4つとUSB2.0を装備し、多彩な周辺機器の接続にも充分に対応できます。

多彩な内蔵ストレージ

 SATA SSDや、より高速なM.2 NVMe SSDもカスタマイズでお選びいただけます。最新規格のPCI Express 4.0×4に対応したNVMe SSDも装着できます。

 HDDを選択の際には、従来品だけではなく耐久性を向上させたWestern Digital製のRedシリーズの用意もございます。内蔵ストレージは最大3基搭載の構成も可能です。