『ライフ イズ ストレンジ 2』レビュー。この過酷な旅は自分自身を写す鏡の物語【レビューエクストラ】

カワチ
公開日時
最終更新

 電撃オンラインのメンバーが、好きでやり込んでいるタイトルについて自由に魅力を語る“レビューエクストラ”。連載第6回は、スクウェア・エニックスから発売中のPS4/Xbox One/PC(Steam)用ソフト『ライフ イズ ストレンジ 2』のレビューをお届けします。

※本記事には『ライフ イズ ストレンジ 2』についてのネタバレが含まれます。なお、画面はPS4版のものです。


『ライフ イズ ストレンジ 2』

 アドベンチャーゲームはアニメや小説、映画と違って主人公の行動を自分で選ぶことができるので、より感情移入をして作品の世界を楽しむことができるのが魅力です。

 あ! とはいえ、最近はゲームでなくても『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』のような選択式の映像ドラマなどもあり、選択できる物語がゲームだけの特権だけではなくなってきていますが、そこまで語り出すと長くなるのでここでは割愛しましょう(笑)。

 今回は自分がとてつもなく感情移入したアドベンチャーゲーム『ライフ イズ ストレンジ 2』について語らせてください。

 ちなみに『2』といっても、前作をプレイしていなくても楽しめる作品になっています。とはいえ、前作は前作で本当に素晴らしい作品で、ぜひ触ってみてほしい1本です。

 『ライフ イズ ストレンジ 2』はプレイヤーの選択によって物語の内容が変化するアドベンチャーゲーム。

 主人公はショーンというシアトルに住む少年で、日本に住む中年の自分とはまったく違うのですが、このゲームをプレイしているとき、俺はショーンなんだと完全に彼と一体化してプレイしていました(笑)。

 ゲームを遊ぶ以上、どんな主人公にもなりきって遊べるものですし、それが楽しいポイントだとは思うのですが、普通はどこかで少しは客観視はすると思うんです。「このキャラクターのことは嫌いだけど、ゲーム的な正解はこっちだからこっちを選ぼう」とか「主人公をよりよい結末に導くためにはこっちだろう」とか考えながらプレイしてしまう。

 でも、このゲームの場合は「俺はショーンだから俺が考えることを素直に選ぼう」と思えるんです。恥ずかしながら、それぐらい感情移入しました。前作『ライフ イズ ストレンジ』の主人公であるマックスは、最終的に自分にとってかけがえのない大事な友人のような存在になりましたが、ショーンは鏡に映る自分を見ているようでした。

 外見とか年齢とかそういうことではなく、がんばっているのに人生がうまくいかないところとか、拗ねたりいじけたり、ほかにあたってしまうところがあったりと完璧じゃないところに自分を重ねるんですよね。たぶん、これは自分だけではなく、多くのプレイヤーがそう感じるのではないのかなと思っています。

 そんな本作は、ある悲劇的な事件のあと、主人公のショーンと超能力に目覚めた幼い弟のダニエルの2人がアメリカからメキシコに逃避行をしていくというストーリー。

 エピソードごとにロケーションが変わり、登場キャラクターが変わるのも大きなポイント。ロードムービーのような作品になっています。



 最初の悲劇的な事件は、ちょっと物語のご都合主義っぽくて、「いやぁ、ありえないだろう」と思っていたぐらいなのですが、2人の兄弟の過酷で長い旅路を追っていくうちにどんどん感情移入していき、気付けばどっぷりとこの世界に浸かっていました。





 また、これは前作から引き継がれている長所でもありますが、本作は舞台となる家や店など、任意で調べられるところが膨大にあり、調べることでどういった歴史や背景があるのかを知ることができます。気になるところを調べていくうちに、自分がこの世界に溶け込んでいきます。

嘘のないリアルなキャラクターたち

 キャラクターに関してもリアルな人物が多いのが特徴です。ここで言うリアルとは、宗教観や政治観などの価値観を持っているキャラクターであるということ。

 もともと、個人と社会、そして政治は引き離せないものなので、物語のキャラクターが政治観を持っていてもおかしくありません。とはいえデリケートであることは確かで、簡単に取り扱えるテーマでもなく、ゲームのなかで描かれることは少ないです。


 しかし、本作ではショーンがメキシコ移民の家族ということで差別を受けるシーンをはじめ、同性愛などのこれまでほかの作品が避けてきたテーマもしっかり描いています。


 こういったテーマを物語の表に出しすぎると教科書のように説教臭くなってしまう部分もあると思うのですが、本作は自分が目の当たりにする出来事として描かれるので、そういった問題を自然に考えるようになります。

 たとえば、物語の終盤で不法越境を試みるメキシコ人夫婦と不法移民を攻撃してとらえている自警団の女性が言い合いをしているシーンが展開します。

 そう言われてもピンと来ない人が多数だと思いますが、実際にゲームをプレイして、ショーンの立場でこの話を聞くと本気で何が正しいのか考えさせられます。





 冷静にゲームの内容を振り返ると、前作よりも社会問題などの取り入れ方についてあからさまな部分も多いのですが、それでもしっかりゲームというエンターテイメント作品のなかで、本作は政治や宗教の問題について触れている貴重な作品になっていると思いました。

 とくに、エピソード3“不毛の地”は印象に残るストーリーです。所持金不足となったショーンとダニエルが流れ者のグループに混じって、違法農園の作業をするという内容ですが、実際にプレイヤー自身で操作するところがリアル。フィクションではなく、こういうことが実際あるのだなと気付かされます。

 本作で一番リアルに感じるのは、もう1人の主人公とも言える弟のダニエル。9歳の男の子である彼は年齢相応の可愛らしいところとうんざりさせられるところを合わせ持った人物になっています。

 自分も弟がいるため、「弟ってこんな感じだよな」「長男ってたいへんなんだよね」と、かなり共感してプレイしました(苦笑)。


 本作ではダニエルに対してどのような対応をするかで、物語が変化していきます。ダニエルをどう教育するかという部分は、彼のことを考えるのと同時に、自分がどういう人間であるかあらためて気付かされる部分でもあります。

 選択肢で個人的にしっかり作られているなと思ったポイントは、「これを選ぶ必要がある?」と思えるような選択も用意されていること。

 たとえば、本作には信心深い祖母からいっしょにお祈りをするように言われるシーンがあり、これをわざわざ断るプレイヤーは少ないと思うのですが、プレイヤーの多様性を否定しないために用意されています。こういった細かい部分が世界に没入できる仕掛けになっているのだと思います。

 また、本作の大きなポイントは、前作の主人公であるマックスが時を戻す能力を持っていたことに対し、ダニエルが持っているのは念動力ということ。

 どんな理不尽なことが起きても時を戻してやり直すことができないというのはとても重要で、前作をやっている人であるほど「なんでここでやり直すことができないんだ」とはがゆい思いをするハズ。

 ショーンの旅はとても過酷でツラいもので、理不尽に彼のことを攻撃してくるような大人もたくさんいます。ただ、逆にジャーナリストのブロディやストリートシンガーのキャシディなど、世間の常識に縛られないものの、自分の考えや信念をしっかり持っており、ショーンのことを助けてくれるキャラクターたちもたくさん登場します。物語の終盤ではショーンがこれまでの旅を振り返ることも何度かありますが、自分は自然に“いい人たちに出会えた”といったような肯定的な選択肢を選んでいました。



 また、旅のすべてを終えたときは、これが俺の選んだ俺のショーンの人生だったと強く肯定することができ、壮絶な内容だったものの最後は清々しい気持ちになりました。

 前作『ライフ イズ ストレンジ』をクリアしたときも達成感と脱力感がすごかったですが、本作もクリアしたときにはしばらく放心しました。ぜひみなさんも、そんな本作をプレイしてみてもらいたいです。


※Xbox One版はDL販売のみ。本編および無料の日本語化DLCを3月26日に配信。
※Steam版はDL販売のみ。本編はグローバル版が配信中。無料の日本語化DLCを3月26日に配信。
Life is Strange 2 © 2018-2020 Square Enix Ltd. All rights reserved.
Developed by DONTNOD Entertainment SA.
LIFE IS STRANGE 2 and LIFE IS STRANGE are registered trademarks or trademarks of Square Enix Ltd.
SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are registered trademarks or trademarks of Square Enix Holdings Co., Ltd.
DONTNOD is a trademark of DON'T NOD Entertainment SA.
All other trademarks are the property of their respective owners.

Life is Strange 2(ライフ イズ ストレンジ 2)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ADV
  • 発売日: 2020年3月26日
  • 希望小売価格: 4,980円+税

Life is Strange 2(ライフ イズ ストレンジ 2)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ADV
  • 配信日: 2020年3月26日
  • 価格: 4,980円+税

Life is Strange 2(ライフ イズ ストレンジ 2)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Xbox One
  • ジャンル: ADV
  • 配信日: 2020年3月26日
  • 価格: 4,980円+税

Life is Strange 2(ライフ イズ ストレンジ 2)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • プラットフォーム: Steam
  • 対応機種: Windows/Mac
  • ジャンル: ADV
  • 発売日: 2020年3月26日
  • 価格: 4,312円(税込)