[PR]【キングスレイド】待望のアニメ放送開始! 育成RPGの完成形とも言える『キンスレ』の魅力を解説

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 『キングスレイド(キンスレ)』は、VESPAが開発・運営しているスマホ向けRPG。全世界で1,300万ダウンロードを突破しており、日本では2018年からサービス開始しています。

 やり込みがいのある骨太なゲーム性や、魅力的なキャラクター達が織りなす王道ファンタジーストーリーなどが注目されているゲームです。2020年10月からはTVアニメも放送開始しており、さらなる盛り上がりが期待されます。

 筆者は日本でのサービス開始頃から現在までプレイを続けていますが、二年の変遷で環境や仕様も改善されていき、リリース当初よりもかなり遊びやすくなったと思います。

 この記事ではそんな『キンスレ』がどういうゲームなのか、その魅力についてアニメ情報とあわせてご紹介していきます。

TVアニメが放送中

 『キングスレイド』はゲームだけでなく、TVアニメ『キングスレイド 意志を継ぐものたち』アニメ公式Twitter)が2020年10月2日からテレビ東京他にて毎週金曜25:23から放送されています。

 この記事が掲載されたタイミングではすでに第1話が放送済みですが、各種配信サイトでも視聴可能となっています。ニコニコ動画では第1話を無料で視聴できるうえ、最新話が公開から1週間無料で見ることができます。まだ見ていない人はぜひチェックしてください。

※放送時間は変更になる場合があります

イントロダクション

 “聖剣の戦士”カイル王が魔王アンムグンドを葬り去って100年。平和な時代に主人公の見習い騎士・カーセルは生きていた。

 だが、魔族が近隣に現れたとの知らせからカーネルの運命が動き始める。大賢者に導かれ、頼れる仲間を得たカーセルは旅立つ。封印されし聖剣を求めて……。

キャラクター

 ゲームとは異なるストーリーが展開する本作では、ゲームに登場するキャラクターに加え、オリジナルキャラクターも登場します。それが、リヒトとリピネの2人です。

  • ▲リヒト
  • ▲リピネ

 ダークエルフであるこの2人は、傭兵としてオルベリア王国に力を貸すものの、ダークエルフを虐げ、両親を殺したオルベリアの人間に対し強い憎しみを抱いており、復讐を目論んでいます。そんな彼らが作中でどんな動きを見せるのか……? こちらも注目ポイントのひとつです。

【キャスト】
カーセル:石川界人
フレイ:加隈亜衣
クレオ:小澤亜李
ロイ:河西健吾
リヒト:鈴木崚汰
リピネ:南條愛乃

OP&EDアーティストは超豪華!

 本作のオープニングテーマはfripSideの『legendary future』、エンディングテーマはKOTOKOさんの『SticK Out』となっています。PVでは『legendary future』を聞けますので、ぜひご覧ください。

TVアニメ放送を記念した特別なキャンペーン&新規ユーザー向けのお得なイベント開催中!

 TVアニメ放送を記念して、10月31日23:59までの期間中ゲーム内アイテムを入手できる4日間のログインイベントが開催されています。

ログインイベント詳細

1日目:ランダム専用武器チケット×1
2日目:ランダム専用宝物チケット×1
3日目:遺物の欠片×1,000
4日目:専用武器チケット×1

 また、アニメを見て『キンスレ』をはじめようと思った人にぴったりの新規ユーザー向けのイベントが開催中。この現在実施されている“ジャンピングイベント”では、ルビーやキャラの育成に使うアイテムなどを多数獲得でき、始めたばかりのユーザーでも序盤から育成をガンガン進めていけるようになっています。

・英雄2人を一気に育成が可能!
・5超越&レベル90までに必要なアイテムがすべて無料で手に入る!
・ゲーム内の“エステールジャンピング指令”をチェック!
・期間:2020年9月22日(火)~12月2次メンテナンス開始前まで

 アニメ放送を記念して他にもお得なイベントが随時開催されます。各種イベントの詳細はゲーム内の注意事項とキングスレイド公式PLUGで確認しましょう。

 アニメについて説明したところで、改めてゲームの詳細や魅力をお届けしていきたいと思います。

好きなキャラを自由に選んで育てられる

一人一人作り込まれたキャラクターの個性に注目

 『キンスレ』では現在90人以上の“英雄”と呼ばれるプレイアブルキャラクター達が実装されています。一人一人のモーションやコスチューム、ストーリーの背景設定などが作り込まれており、どのキャラも魅力的な存在となっています。


▲キャラクターのバリエーションがとにかく多いです。だいたいは人間ですが、その他にも獣人、天族魔族、エルフ系、リザードマン、ドワーフ、ゴブリン、ヴァンパイア、ハーピー、ドラゴンなどなど。

欲しいキャラは必ず手に入る

 キャラゲーとして特に注目してもらいたいのは、一般的なスマホRPGとは違い、『キンスレ』にはキャラガチャがなく、全てのキャラがゲームプレイによって獲得可能であるということです。

 入手方法はさまざまですが、最もポピュラーなのはルビーによる購入です。新旧問わず実装されているキャラクターのほとんどはこれで入手できます。

 ルビーは無課金でもストーリーやミッションをこなしていくことで沢山手に入るため、ゲームを進めていけば程なくして好きなキャラを入手できるでしょう。

  • ▲ゲーム内の特別ショップでキャラの購入が可能。
  • ▲買う前にキャラ性能やモーション、コスチュームなどを確認することもできます。(図鑑機能でも確認可能)

 その他にも“英雄の宿屋”という施設で、ランダムに訪れるキャラと会話し、仲良くなっていくことで仲間にできるシステムもあります。

  • ▲宿屋には日替わりでキャラが訪れます。絆を結び始めたキャラは仲間になるまで宿屋に常駐するようになります。

 また、各施設を担当する一部のNPCは、アイテムを渡して親密度を稼ぐことで仲間にできます。

  • ▲NPCの一人で雑貨店を担当しているメイ。仲間にすると商品を割引してくれるといったボーナスも。

キャラの見た目を変更できるコスチュームも充実

 通常衣装の他にも、季節やコンセプトごとのコスチュームが揃っており、これもルビーで購入して着せ替えられます。

 キャラの購入もコスチュームの購入も販売期限はないので、実装されたあとは好きなタイミングで購入できます。

 さらに、コスチュームとは別で“装身具”という小物のパーツも販売されており、自分好みにカスタマイズが可能。装着する位置や角度、大きさまで細かく調整できます。

  • ▲ウェディング衣装+プルメリアの装身具をつけた状態。

  • ▲水着衣装+サングラスの装身具をつけることも。

キャラの個性を彩るカットシーンやイベントにも注目

▲英雄の獲得・成長演出シーンでは、そのキャラの特徴や背景がうかがえるワンシーンが見られます。
▲関連キャラクターとの日常や掛け合いを楽しめる誕生日イベント。英雄たちの意外な一面が垣間見えたりも。

 ゲーム内図鑑で確認できるフレーバーテキストからも、各キャラの人物像や物語の一端を読み取れます。


  • ▲キャラごとの専用装備にもフレーバーテキストが用意されており、そのアイテムにまつわる背景を知ることができます。

全てのプレイアブルキャラを最大まで成長させられる

 本作ではキャラのレアリティはなく、全てのキャラを均等に最大まで育成することができます。

 キャラについている“星”の数は成長段階を示しており、成長していくごとに衣装や武器などの見た目が変化していきます。また、成長させた後でも以前の見た目に戻すこともできます。


  • ▲キャラの成長による段階的な見た目の変化の例。

シンプルで奥深いバトルシステム

 『キンスレ』の戦闘は基本的に“どのスキルをどのタイミングで発動するか”というだけのシンプルなものとなっており、オート操作やオート周回にも対応しています。手動で行う場合も操作自体は簡単ですが、戦況に応じた使い分けが重要となってきます。

パーティ編成やキャラのビルドによって様々な戦い方ができる

 キャラにはそれぞれ“タンク”“ダメージディーラー”“サポーター”などの役割があり、それらをバランスよく編成することがパーティ編成の基本です。

 さらに各キャラの持つ“スキル”“超越特性”“装備”といった要素の組み合わせによって様々な戦い方が可能。オート周回向けに敵を素早く倒せるような編成にしたり、高難易度のバトルでは耐久戦ができるような編成にしたりなど。

  • ▲追加のパッシブ効果を得たり、スキルに追加効果を付与する“超越特性”。装備と合わせてどれを選択するかがビルドの要となります。

 また、自分のキャラをより理想的なビルドとして完成させるために、装備を集めてキャラの特性に合わせたものを厳選していく、いわゆるハクスラのような要素もあります。

▲装備集めのレイド周回はソロでもマルチでも可能。一度クリアしたダンジョンを自動で周回させる“派遣”機能もあります。

 好きなキャラの“育成”“装備”“編成”、これらの組み合わせを試行錯誤して、目標を打開していくことが『キンスレ』の醍醐味と言えるでしょう。

▲“装備保存スロット”や“装備プリセット”といった機能を使えば、各キャラの装備やビルドの管理もスムーズに行えます。

育てたキャラでコンテンツに挑戦


 『キンスレ』のコンテンツは、ソロでの戦い以外にも、他のプレイヤーとの協力マルチや対戦など多種多様なものが揃っています。育てたキャラとパーティで様々なコンテンツに挑戦してみましょう。
  • ▲ドラゴンレイドなどのレイドコンテンツでは協力マルチプレイも可能。

  • ▲ギルドでは仲間と協力して専用のコンテンツに挑めます。ギルドに所属していればステータスバフや、ゴールド&経験値アップのボーナス、ショップのラインナップが増えるなどの恩恵も。

  • ▲決闘場では他のプレイヤーとリアルタイムで戦う対人戦(PvP)が行えます。

  • ▲ボスに与えたダメージを全世界のプレイヤーと競う、スコアアタック的コンテンツの“ワールドボス”。

  • ▲高難易度のコンテンツでは特殊な形式での戦闘も。

噛めば噛むほど味が出るストーリー

 『キンスレ』のストーリーの大筋としては、“見習い騎士カーセル”“神官フレイ”“魔法師クレオ”“暗殺者ロイ”の主人公4人パーティを中心とした冒険譚で、様々な人たちとの出会いや、敵との戦いを通して、やがて聖剣をめぐる世界の真相が明らかになっていくというものです。




  • ▲王道ファンタジー的なお約束を踏襲しつつも独自の世界観を持つ『キンスレ』のストーリー。後半には大きなどんでん返しも……?

 また、先述したようにアニメではリヒトやリピネなどのオリジナルキャラクターも登場しており、ゲームとは違った展開も見られます。アニメとゲーム、両方のストーリーをチェックしていくことで新しい発見があるかもしれません。

新たなストーリーが展開される新章が追加

 ゲームのストーリー9章のクライマックスでは、主人公たちや世界を取り巻く状況に大きな転機が訪れました。

 そして、新しく追加された10章では、新マップ“魔導王国”を舞台に、今までの主人公4人組とは別視点でのストーリーが描かれます。

 悲壮的な過去を持つ新キャラクターの“ヒルダ”と、魔導王国を訪れた英雄たち、それぞれの目的が交差する物語に目が離せません。

  • ▲10章のメインキャラクターとなる“テオ”“ヒルダ”“クロウ”“クラウス”

©Vespa Inc, All Rights Reserved
©VESPA/キングスレイド製作委員会・テレビ東京