『プロジェクトセカイ』日野森志歩役の中島由貴さんが語る、収録秘話やゲームの魅力とは?

ライターM
公開日時
最終更新

 ついに配信がスタートしたスマートフォン用アプリ『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク(プロジェクトセカイ)』。本作に出演する声優・中島由貴さんのインタビューをお届けします。

 9月23日~27日にかけて開催された東京ゲームショウ2020 ONLINE。そのセガの生配信番組内『プロジェクトセカイ』のコーナーに出演した中島由貴さん(Leo/need・日野森志歩役)に、本作についてお話を伺いました。

  • ▲日野森志歩役・中島由貴さん

 ストーリーやキャラクター、リズムゲーム、バーチャルライブなど、ゲームの魅力についてガッツリ語っていただきましたので、ぜひご覧ください!

中島由貴さんインタビュー

――日野森志歩役はオーディションで決まったのでしょうか?

 オーディションでは他のキャラクターをいくつか受けたんですけど、最終的に決まったのが日野森志歩でしたね。

――あらかじめ、どのようなキャラクターであるか知らされていたのですか?

 設定とオーディションの際のセリフをいただいてという感じですね。キャラクターイラストは、まだできていない子もいたかも。

 オーディションでは「Leo/need」の子たちが入っていなくて、私は「25時、ナイトコードで。」のキャラクターでオーディションを受けたんですね。

 オーディションを受けたキャラクターじゃない役で決定しましたという連絡をいただいたんですが、そのときは志歩たちがいなくて、バンドをやりますとだけ聞いていて、どんな楽器をやるんだろうと思っていたんです。発表する直前にいただいた資料を見て「え!? ベース?」ってなりました(笑)。

――志歩役に決まったときはどんなお気持ちでしたか?

 初音ミクやボーカロイドがめちゃくちゃ好きで、小さい頃から『Project DIVA』をすごく遊んできていたので、まさかそういう作品に関わることができるなんてという驚きとうれしさですね。

 志歩に関しては、クールで一匹オオカミというか、ちょっと浮いてしまっているじゃないですけど、なかなか気持ちを前に出せなかったり……でもすごく友だち思いのキャラクターというのは初めてで。あまりクールなキャラクターを演じてこなかったので、新鮮でした。

 ベース担当という部分もあって、音楽の部分で少し志歩と同じような気持ちの部分があったらいいなって、決まったときに思いましたね。

――今回ゲーム内ではミクさんたちと一緒に歌うわけですが、収録は何か特殊な形式だったのでしょうか?

 仮歌が人間、というのも変な表現ですけど(笑)、普通の人が歌っているものもあれば、ミクバージョンもあって。そこは普段のレコーディングとは違う資料が入っていたので驚きつつ、ミクちゃんが歌うとこういう感じなんだっていうイメージも沸きました。

――別にボカロ楽曲として流しながらという形ではないんですね?

 そういう形ではないですね、普通に資料としていただきました。

――アプリはすでにプレイされたのでしょうか?

 はい、生放送のときにもプレイさせていただいて、βテストにも参加させていただきました。

――ファーストインプレッションはいかがでしたか?

 もうめちゃくちゃキレイ! 映像がすごくキレイだし、リズムゲームをプレイしているときにみんなが歌ったり踊ったりバンド演奏したりという姿があまりにも滑らかで、譜面以上にバックを集中して見ていたいという感じはすごくありましたね。

 触ってみておもしろいなと思ったのは、『プロジェクトセカイ』ならではの部分としての“バーチャルライブ”です。リアルタイムでみんなと一緒にライブを見ることができるというのは今までに無い機能で本当にすごいですね。

 自分たちは「こういう形になります」というものをスタッフさんに映像で見せていただいたんですけれども、それが感動し過ぎてみんな言葉が出ないみたいな。語彙力をなくしちゃうくらい、自分の好きな場所でキャラクターが歌って踊っている姿を見られるというのは感動しましたね。

――中島さんは電撃ゲームライブでもMCを担当されるなど、普段からさまざまなゲームをかなりやりこんでいらっしゃいますが、リズムゲームとしての『プロジェクトセカイ』はいかがでしたか?

 リズムゲームをいろいろ触ってきて思ったのが、このゲームは難易度がめちゃくちゃ多いなと。簡単なところから難しいところまで幅広くあるので初心者の方はもちろん、リズムゲームをやり込んでいてどんな難易度でもドンと来いという人でも楽しめる内容になっているなと。

 あと、落ちてくるノーツが結構キレイなので遊んでいてテンションが上がるというか、演出がすごく凝っていてすごいなと思いました。リズムゲームとかもすごく遊ばれていて、「ロキ」という楽曲では曲名がアルファベットで出てきたりとか、そういうのがすごく楽しいなって思いましたね。

――それ、難易度EXPERTじゃないと出ませんよね。気づく辺り、さすがです……!

 本当ですか? やった~!(笑)

――ゲーム中のカットインセリフなども、本編ストーリーを終えてみると内容がしっかりと反映されていることに驚かされますよね。

 そうですよね。キャラクターとの絡み方というか、関わり合いがゲーム中に出てくるのでそこは微笑ましいというか、ああ、この2人がこんなこと言ってるみたいな「ふふふ」って思える部分ではありますね。

――ちなみに、ゲームの収録はいつ頃だったのでしょうか?

 今年の1月くらいですね。

――収録の様子はいかがでしたか?

 いろんな本編のストーリーだったりユニットのグループごとのストーリーでも、微妙なニュアンスを変更というのは結構ありましたね。新規のセリフを収録している中で「すみません、この前のセリフ、他の子たちと並べてみてこういう風に」とセリフ自体が変わっちゃったりとか、録り直しもちょこちょこしました。

――ミクさんたちは一部パートボイスになっているものの、ゲーム全体ではほぼフルボイスでものすごいボリュームになっていますよね。

 毎回収録するたびにたくさんあるなって思いながら(笑)。今日はこんだけとか、分厚い台本だな~と思いながらやっていました。

――しかも本編どころか、レアリティ別のキャラクターにも固有のサイドストーリーが用意されているじゃないですか。

 そうですね、メモリアル的な感じで短い物語にはなるんですけれども、後日譚だったり本編では描かれていない部分とかもあるので、そこまで見てほしいですね。

――日野森志歩のエピソードの中でもイチオシの部分は?

 「Leo/need」のストーリーは、絶対押さえてもらいたいなというのはもちろんあります。なんでみんながすれ違ってしまったのかという部分とか、志歩がどれくらいツンツンしているのかというのと(笑)。

 不器用だな~と思いながら収録したので、なんでそんなこと言うんだという部分もあったり。みんながぶつかり合う部分とかももちろん出てくるので、そこはもう一番見ていただきたい部分ですね。

 思わず赤面してしまいそうな場面もあるのですが、でも学生だったらあるあるなのかな?

――ちなみに中島さんは学生の頃はどんな青春を過ごされたんでしょうか?

 私ですか? 志歩たちと同じで仲がいい子たちとずっと一緒にいたり、その子たちとアニメやゲームの話をギャーギャー言いながら休み時間に話したり、あとは部活をやったりと、もう普通の学生をしていました(笑)。

――「Leo/need」で描かれるようなぎくしゃくしたような経験も?

 あ~、女子同士はあるじゃないですか、こう独特の(笑)。そういうのは端からずっと見ていたような気はします。こういうのはあるあるだよなって、読んでいて思いましたね。

――今回の収録で、気合いの入ったシーンや手こずったシーンなどは?

 ネタバレになるのであまり言えないですけど、穂波と志歩のエピソードはすごく頑張りました。志歩の不器用な部分が出ているシーンでもあったりとかするので、でも、どうにかして思いを伝えたいみたいな志歩の気持ちもありつつ、穂波の気持ちもわかる~みたいな思いもありつつ、そこはいつも以上に感情が。

 志歩ってあまり感情を表に出さないので、「もう少し抑えてください」って言われたりとかした部分ではあったので、その辺りも聞いていただきたいなというのはありますね。

――「Leo/need」でこんな新曲を歌ってみたいなど、『プロジェクトセカイ』への要望などはありますか?

 ん~、メンバーシャッフルを見てみたいです。まだ(取材時は)リリース前なのでキャラクターたちがどんな風に関わるのかなというのがみなさんあると思うんですけど、この仲よしのメンバーで、グループの子とは違う子たちと一緒に一曲歌うというのはすごくおもしろそうだなって。セガさん、できるのであればシャッフルしてください(笑)。

 男の子キャラクターも多いので、男の子だけの楽曲があっても結構おもしろいんじゃないかなって思ったのでお願いしま~す!(笑)

――最後に、『プロジェクトセカイ』に注目しているユーザーさんにメッセージをお願いします。

 『プロジェクトセカイ』にはいろいろな世界観があって、キャラクターたちも本当に個性豊かなので、ストーリーにも注目していただきたいです。

 ボカロの楽曲も幅広くて色々なジャンルが入っていて、そこは『プロジェクトセカイ』でしかできないものだと思っているので、たっぷり楽しんでいただけたらなと思っております。あとは、「Leo/need」を好きになってください!

© SEGA
© Craft EggInc. Developed by Colorful Palette
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net All rights reserved.

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク

  • メーカー:セガ/Colorful Palette
  • 対応端末:iOS
  • ジャンル:リズム/ADV
  • 配信日:2020年9月30日
  • 価格:基本無料/アイテム課金

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク

  • メーカー:セガ/Colorful Palette
  • 対応端末:Android
  • ジャンル:リズム/ADV
  • 配信日:2020年9月30日
  • 価格:基本無料/アイテム課金