raytrekクリエイター向けPC“Quebico使用スペックモデル”発売

電撃オンライン
公開日時

 創る人のためのPCブランド“raytrek(レイトレック)”は、10月8日より、全国のドスパラ店舗およびドスパラ通販サイトにて、クリエイター向けPC“raytrek Quebico使用スペックモデル”の販売を開始いたしました。

 当製品は、映像・CG制作プロダクション使用モデルの第2弾として、映像制作を行うアニメーションスタジオ“Quebico”様の制作現場に導入されており、サバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』シリーズ初のフルアニメーションCGシリーズである“バイオハザード:インフィニット ダークネス”の制作に活用されております。

 製品構成としては、CPUに“Zen2”アーキテクチャー採用の第3世代AMD Ryzenプロセッサー、GPUに“RDNA”アーキテクチャー採用のAMD Radeonグラフィックスを搭載しています。

 アプリケーションの実行に必要なメモリを最大64GB搭載。読込速度最大5000MB/s、書込速度4400MB/sで動作する高速なPCI-Express Gen4対応1TB NVMe SSDを全モデルに採用し、クリエイター垂涎の制作環境を実現いたしました。

 本製品は全国の“ドスパラ”各店舗、およびドスパラ通販サイトにてお求めいただけます。

販売製品

■raytrek TR Quebico使用スペックモデル(AMD Ryzen Threadripper 3970X/AMD Radeon RX 5700 XT)569,980円(税抜)

■raytrek AXR Quebico使用スペックモデル(AMD Ryzen 9 3900X/AMD Radeon RX 5700 XT)194,980円(税抜)

■raytrek AR Quebico制作使用モデル(AMD Ryzen 7 3700X/AMD Radeon RX 5500 XT)149,980円(税抜)

製品特長

■圧倒的なマルチスレッド性能を誇る“Zen2”アーキテクチャー採用 AMD Ryzenプロセッサー搭載

 32コア/64スレッドで動作する最新の“AMD Ryzen Threadripper”を始め、すべてのモデルに“Zen2”アーキテクチャー採用第3世代Ryzenを搭載。圧倒的なマルチスレッド性能により、クリエイティブワークを強力にバックアップします。

■AMD Radeon RX 5000シリーズ搭載

 最新の“RDNA”アーキテクチャーを採用した、高性能GPU AMD Radeon RX 5000シリーズを採用。上位2モデルには、高性能レンダリングエンジン“Radeon ProRender”に対応したRadeon RX 5700 XTを搭載。高速かつ正確なレンダリング環境を提供します。

■大容量メモリ、高速ストレージを搭載

 アプリケーションの性能を十二分に活かすためには、十分なメモリ容量が求められます。本モデルでは、最大64GBの物理メモリ搭載モデルをご用意いたしました。また、ストレージのスピードも作業速度に直結しますので、読込速度最大5000MB/s、書込速度4400MB/sで動作する高速なPCI-E Gen4対応1TB NVMe SSDを全モデルに採用。

raytrek Quebico おすすめ製品仕様

製品名:raytrek TR
モデル:ウルトラハイエンド
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:AMD Ryzen Threadripper 3970X
メインメモリ:64GB
グラフィックス:AMD RadeonTM RX 5700 XT
ストレージ:1TB(M.2 2280/NVMe Gen4)
価格:569,980円(税抜)