愛していると言っても過言じゃないくらいだ(ワジ)【軌跡シリーズ名言集】

Zenon
公開日時

 日本ファルコムの名作ストーリーRPG『軌跡』シリーズの名言集をお届けします。

 本記事で紹介するのは、『零の軌跡』『碧の軌跡』の登場キャラクター・ワジの名言。旧市街の不良グループ“テスタメンツ”のリーダーである彼が、ことあるごとに主人公のロイドをからかおうと発するセリフです。

 また、彼自身の生い立ちについて振り返るとともに、なぜか豊富な衣装バリエーションもまとめていきたいと思います。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

愛していると言っても過言じゃないくらいだ(ワジ)

●序章 特務支援課(英雄伝説 零の軌跡:改)

 まずはワジとの出会いのシーンから軽く振り返っていきましょう。《特務支援課》が発足して間もないころ、旧市街の不良集団“サーベルバイパー”と“テスタメンツ”が一触即発の衝突を起こしそうになっているところに出くわし、その原因のとある事件を調査することに。

  • ▲ワジ衣装その1。テスタメンツの衣装。
  • ▲情報提供をしてくれるなら、ワジたちの抱える疑念を晴らす真実を提供する。的なクサい言い回しですっかり気に入られたロイド。以降、ワジはロイドをことあるごとにからかうようになっていきます。

  • ▲事件の黒幕であるマフィアをおびき寄せる危険なオトリ役に志願したロイドに対し、「個人的には嫌いじゃないかな」と語るワジ。彼が言うとBL的な意味に聞こえてきて、ロイドはいつも焦ってしまいます。

●第3章_クロスベル創立記念祭(英雄伝説 零の軌跡:改)

 やがて《黒の競売会》に潜入することにした支援課の一行。ロイドと同行者のコーディネートをワジは手伝ってくれました。不良のリーダーだけでなく、ホスト業も臨時のアルバイトでやっているとのこと。これは彼の“本業”の情報収集の一環と思われますが、ほぼ彼の趣味でしょう。

  • ▲ワジ衣装その2。ホストの衣装。
  • ▲不倫中の旦那を問い詰めるために夫人の潜入を手伝ったワジ。のちにロイドたちと合流して行動することに。

●序章 Dの残影(英雄伝説 碧の軌跡:改)

 そして月日は流れ、『碧の軌跡』では《特務支援課》の準メンバーとしてワジが加入することに。ティオやランディがほかへ行っているので、その戦力増強ということですね。

  • ▲ワジ衣装その3。支援課準メンバーの衣装。

  • ▲早速にじり寄って、慌てるロイドの反応を楽しむワジ。この光景もたびたび見られます。

●インターミッション ~束の間の休息~(英雄伝説 碧の軌跡:改)

 《西ゼムリア通商会議》のご褒美として、ミシュラムへ招待された支援課の一行。ロイドたちはまず水着に着替えてレイクビーチを楽しみ、ミシュラムワンダーランドで楽しい休暇を過ごすことに。

  • ▲ワジ衣装その4。セパレートタイプの水着(男女兼用)。
  • ▲ビーチバレーではとっさの合図を的確に判断したロイドに対し、「愛の為せるワザ」とアプローチをかけていきます。


  • ▲観覧車のひと幕。密室に二人っきり……「これは愛が芽生えてもおかしくない」と発言するも、ロイドは引きつった笑顔になります。ちょっと身の危険を感じてません?
  • ▲鏡の城ではヴァルドの更生を願ったワジに「叶ってくれるといいな」と話したロイド。すかさずワジは「君って本当にお人よしだよね。そういう所がたまらなく好きさ」と茶化しにかかります。

 ほかにも占いの館では秘密を抱えていることを明かしたり、ホラーコースターでは悲鳴をあげつつ抱き着こうかと提案してきたりと、仲のよい時間を過ごしてきました(任意イベントのため一部のプレイヤーに限る)。

●断章 偽りの楽土を越えて(英雄伝説 碧の軌跡:改)

 やがてディーターによるクロスベル独立国宣言が発せられ、支援課はバラバラに軟禁されてしまいます。じつはそうなることを察していたワジは事前に「用事がある」と言って支援課を離脱。のちに合流するためアッバスとともに姿を消していました。

 そしてツァイトの導きによって星杯騎士団として、拘置所から脱獄したロイドと合流します。

  • ▲ワジ衣装その5。星杯騎士団の衣装。

 混乱するロイドに事情を説明し、《零の至宝》の関係者であるロイドを助けるという名目で、星杯騎士団として協力したいと申し出るワジたち。それに対してロイドは「至宝となったキーアの処遇を勝手に決めようとしたら、そのときは全力で阻止する!」と熱く宣言します。

 そんなロイドに好感を覚えたケビンが「ワジ、お前が気に入るのもわかる気がするで」と語りかけた際にワジから発せられたのが、今回の名言その1です。

  • ▲これまで「嫌いじゃない」「ほかならぬ君のため」「愛の為せるワザ」「愛が芽生えてもおかしくない」「たまらなく好きさ」と熱烈アピールしてきたワジのセリフのなかでも、もっとも印象深いのがコレ。

●終章 それでも僕らは。(英雄伝説 碧の軌跡:改)

 その後、最終決戦前の絆イベントでも同じセリフを聞くことができます。こっちが今回のタイトルになっている名言「愛していると言っても過言じゃないくらいだ」ですね。


  • ▲休憩室で待ち合わせの約束をする際、「秘匿事項に入る、君たちに大きく関係すること」を伝えたいと非常に思わせぶりな言い方をしていました。それをロイドはボヤいています。

 そしてワジは自分がかつて故郷では《神》の声を聞く《巫子》であったこと、その《神》は古代遺物の石板で絶対的存在ではなかったこと、石板が里の人たちから精気を奪う事件が起こったことを話しました。

  • ▲ワジの生まれ故郷は、ゼムリア大陸のとある辺境にある隠れ里。空の女神とは異なる太古の《神》をまつる外界との接触が禁じられた場所だったという。魔女の里のようなものでしょうか? ワジがノーザンブリアのスラムに詳しかったことから、北方地域にあると推察していますが……。

 さらに、ワジは《巫子》の役割に不満を覚えており、その束縛から脱却しようと考えて石板を壊そうとしたと話します。すると石板が反撃してワジの命を奪おうとしたとのこと。

 そこでワジの胸に《刻印》が顕れ、石板の力を逆に残らず奪ってしまったと語りました。ケビンと似た状況なんですよね。

  • ▲ワジ衣装その6。隠れ里の《巫子》装束。
  • ▲胸に顕れた《聖痕》(スティグマ)のおかげで命は長らえたものの、古代遺物はただの板となって力を失い、両親を含む里の人たちからはすごく恨まれたそうです。信仰の対象を殺した神殺しですからね。

 そしてワジは里を出て、星杯騎士団に身を寄せることとなります。それが10歳のときで、15歳から2年間クロスベルで過ごしてきたそうです。ただ、里へのケアは七耀教会がしているらしく、いつか故郷には顔を出したいと話していました。


  • ▲ロイドはワジがクロスベルを去ることを知り、「いつでも遊びに来るといい。もうワジにとってクロスベルは第2の故郷みたいなもんだろう」と語りかけます。そしてワジも故郷の代わりではなく「君たちとの腐れ縁を確かめにね」と、いつかクロスベルに帰ってくることを約束するのでした。

●おまけ(英雄伝説 創の軌跡)

 その約束どおり、ワジはクロスベルへ帰ってきます。《魔人化》の後遺症を治療するためにアルテリア法国へ連れて行ったヴァルドも従騎士にし、彼らの第2の故郷へ。

  • ▲ワジ衣装その7。星杯騎士団衣装Ver.創。
  • ▲相変わらずロイドを「愛する人」などとからかうワジ。ロイドは「誤解を招くからやめろ」と言いますが、恐らくワジはわりと本気な気も……。
  • ▲そしてにじり寄るワジ。クロスベルを離れていた間、ロイドは誰と進展したのか話している際のひと幕です。最新作でもこのやり取りが見られるのは、懐かしかったですね。

 はい、というわけでワジの衣装七変化と、彼の名言「愛していると言っても過言じゃないくらいだ」をお送りしました。作中でやたらと「ワジは男か、じつは女なのでは」という描写がありますが、ここまで愛をささやかれるともうわかりませんね!(謎)

 きっとその謎は明らかにしないほうがおもしろい類の謎ということで、深く考察するのはやめておきましょう。

 シリアスなものからコメディ的なものまで、軌跡シリーズにはほかにも数々の名言が存在します。今後もそれらをピックアップしてお届けしていく予定なので、お楽しみに!

※画面はPS4『英雄伝説 零の軌跡:改』『英雄伝説 碧の軌跡:改』『英雄伝説 創の軌跡』のものです。

(C)2010-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 零の軌跡 Evolution

  • メーカー: 角川ゲームス
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2012年10月18日
  • 希望小売価格: 6,090円(税込)

英雄伝説 碧の軌跡 Evolution

  • メーカー: 角川ゲームス
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2014年6月12日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

英雄伝説 碧の軌跡 Evolution(ダウンロード版)

  • メーカー: 角川ゲームス
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2014年6月12日
  • 価格: 4,800円+税

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税

英雄伝説 零の軌跡:改

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年4月23日
  • 希望小売価格: 3,980円+税

英雄伝説 碧の軌跡:改

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年5月28日
  • 希望小売価格: 3,980円+税