市長である私が落ち込んでいたら町はどうなるの?(メイベル)【軌跡シリーズ名言集】

アツゴロウ
公開日時
最終更新

 日本ファルコムの名作ストーリーRPG『軌跡』シリーズの名言集をお届けします。

 本記事で紹介するのは『空の軌跡』シリーズに登場した、リベール王国・ボース市を治めるメイベル市長。まだ若輩ながらも有能で、美人の女市長としても有名な彼女が、ボース市に危機が訪れた際に口にした台詞をチョイスしました。

※本記事には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

市長である私が落ち込んでいたら町はどうなるの?(メイベル)

●第五章 ~守るべきもの~ (英雄伝説 空の軌跡SC)

 リベール王国を構成する5つの地方のなかでも、とくに商業が盛んなボース地方。その中心地である商業都市ボースの市長を務めているのがメイベルです。

 実家はボース市の中央にある巨大屋内市場・ボースマーケットの事業権を持つ高名な商家で、父親はメイベルの前の市長を務めていました。父の死後、メイベルはマーケットの事業権と政治基盤を受け継ぎ市長に就任。商売への情熱と優れた経営手腕を見せ、周囲からの信頼も厚い女性市長として活躍していきます。

 メイベルの初登場は『空の軌跡FC』。ボース地方で飛行客船が行方不明になる事件が起きた際、メイベルはその調査のためにボース市を訪れた主人公・エステルとその仲間たちに初めて出会います。そのときメイベルは、ボースマーケットで食料を買い占めて利益を得ようとする商人たちをしかりつけていました。

 メイベルは、利益を上げてボースマーケットを栄えさせたいという商人たちの情熱は肯定しつつも、生活必需品で暴利をむさぼることがマーケットの悪評につながりかねないこと、何より商売は人と人との信頼関係で成立していることを語り、商人たちに猛省を求めます。その姿はまさしく商人の鑑! メイベルの商売への真摯な姿勢が垣間見える名シーンと言えます。


 飛行客船の行方不明事件に際しては、王国軍がすでに調査に動いていましたが、メイベルは軍よりもフットワークが軽く、謎解きなどにも長ける遊撃士(ブレイサー)の協力が必要と判断。遊撃士であるエステルたちに事件の調査を依頼します。

 メイベル自身も、エステルたちが動きやすいようにいろいろと便宜を図ったことで、事件は見事に解決。正遊撃士のシェラザードはもちろん、当時はまだ見習い扱いの準遊撃士だったエステルとヨシュアのことも信用し、調査を任せたメイベルの懐の深さが呼んだ結果ともいえるでしょう。

 常に市長としての責務を果たそうと努力するメイベルですが、ときにはこなすべき仕事の多さにうんざりしたり、王族の晩餐会の料理を楽しみにしたりと、普段は隠している素の自分を見せることも。立派な市長として振る舞うメイベルも素敵ですが、彼女の自分に正直な、うら若き乙女としての一面も非常に魅力的です。


 そんなメイベルが、市長としての冷静さを失い、取り乱したこともありました。それは『空の軌跡SC』の中盤、結社《身喰らう蛇(ウロボロス)》の実験により暴走した古代竜レグナートが、ボースマーケットを破壊したときです。なぜメイベルが取り乱したかというと、彼女の大切な家族であるメイドのリラに不幸が訪れたためでした。

 リラはメイベルの専属メイドですが、出身はリベール王国ではありません。彼女が幼いころ、両親とともにリベールを訪れた際、北の軍事大国・エレボニア帝国が王国を侵略する《百日戦役》が勃発。

 この戦いで両親を失ったリラはメイベルの父に引き取られ、メイドとして働くことになります。以降10年以上も同じ家で育ったメイベルとリラは、主従関係にありながら家族同然の存在だったわけです。

 古代竜がボースマーケットで暴れた際、メイベルは崩落する天井の下敷きになるところでした。しかし、近くにいたリラがメイベルをかばって身代わりに。リラは市民の救助にきたエステルたちの活躍で一命をとりとめますが、意識不明の重体に陥ってしまいます。


 古代竜がボース市から去ったあと、メイベルは古代竜にまつわる事態の収拾をエステルたちや王国軍に依頼。彼女は市内やマーケットの被害状況の確認や復旧への手続きなど、自分のやるべき仕事をこなしていきます。そんな最中に口にしたのが今回の名言です。


 日々の激務を上回る仕事量に加えて、リラの安否も心配で心配で仕方がない。そんな心をめちゃくちゃにかき乱される状況にさらされながらも、市長としての責務を果たそうとすることは決して止めない。ここに、メイベルの市長としての矜持と、自分をかばってくれたリラの心に報いたいという想いを感じました。

 メイベルは武器を手に戦うようなキャラクターではありませんが、市長という自分の立場に正面から向き合い、責務を果たそうとする意志の強さは、エステルたちメインキャラクターにも劣らないものがあると思います。彼女のような、いわゆるサブキャラクターの心のあり方までしっかり描いてくれるのですから『軌跡』シリーズはやめられない!

 もちろんこのあと、リラの負傷は完治。古代竜事件を含めた結社の計画も終了し、リベールには一時の平和が訪れます。『空の軌跡』以降のシリーズ作品でメイベルとリラは未登場ですが、有能な彼女たちのこと、メイベルが変わらずボース市長として活動し、リラがそれを支えているのは間違いないでしょう。少しでいいので、いつかまた2人の姿を見たいところです。

 ちなみに『空の軌跡 the 3rd』では、メイベルとリラのとあるエピソードが語られています。ざっとあらすじを語ると、リラに想い人らしき人物が現れ、激しく動揺するメイベル。果たして真相は!? といった感じです。どこかで機会があれば、この話についても大いに語りたいですね。


※画面はPS Vita『英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution』、PS Vita『英雄伝説 空の軌跡 SC Evolution』、PS Vita『英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution』のものです。

(C)2015 Chara-Ani Corporation. All rights Reserved
(C)2016 Chara-Ani Corporation. All rights Reserved
(C)Nihon Falcom Corporation

英雄伝説 空の軌跡 FC:改 HD EDITION

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS3
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2012年12月13日
  • 希望小売価格: 3,990円(税込)

英雄伝説 空の軌跡 SC:改 HD EDITION

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS3
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2013年4月25日
  • 希望小売価格: 4,830円(税込)

英雄伝説 空の軌跡 the 3rd:改 HD EDITION

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS3
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2013年6月27日
  • 希望小売価格: 3,990円(税込)

英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution

  • メーカー: 角川ゲームス
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2015年6月11日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

英雄伝説 空の軌跡 SC Evolution

  • メーカー: 角川ゲームス
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2015年12月10日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution

  • メーカー: 角川ゲームス
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2016年7月14日
  • 希望小売価格: 5,800円+税