『CoD:BOCW』40人のプレイヤーが参加する新モード公開

電撃オンライン
公開日時

 SIEは、11月13日発売予定のPS4/PS5用ソフト『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』の新モード“Fireteam”を公開しました。

 以下、リリース原文を掲載します。

 『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』の第2回ベータテストを日本時間2020年10月16日2:00~10月20日2:00の間、実施いたします。今回のオープンベータから、完全新規ゲームモード“Fireteam”がプレイ可能となります。

 2020年10月15日より、“Fireteam”のプレイを紹介する新トレーラーを公開いたしました。

『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』“Fireteam”紹介トレーラー

 40人のプレイヤーが参加する“Fireteam”は、『ブラックオプス コールドウォー』で初めて追加される新モードです。4人分隊によるチームが10隊、陸・海・空のビークルとさまざまな目標が用意された大規模マップでぶつかり合います。プレイヤーは、敵チームを排除しながらマップ内に散りばめられたタスクをこなし、スコアを稼いでいき、特定のスコアに最も早く到達したチームが勝利となります。

 “Fireteam”では、プレイヤーがチームメイトと自分たちだけの独創的な戦略で戦えるような、高い自由度を持ったマップが提供されます。また、“Fireteam”用に用意された“Fireteam Spawn”というシステムでは、プレイヤーがどのようにリスポーンするか選ぶことができます。例えば、戦闘中でないチームメイトの近くにリスポーンする、パラシュート降下によって戦闘に戻る、チームメイトの操縦するビークルの助手席にリスポーンして仲間を助ける、といったものです。

 今回のオープンベータでは、“Fireteam: Dirty Bomb”をプレイいただけます。このモードでは、プレイヤーはマップ中に散乱したウランを収集し、“ダーティボム”」に投入して起爆することでスコアを稼ぎます。ウランは長く持ち運ぶほどプレイヤーに様々なダメージを与え、また“ダーティボム”は爆発するごとにマップ内に汚染エリアを広げていきます。ゲーム進行とともに目まぐるしく変化する戦況を見極め、臨機応変な戦略で戦うことが勝利につながります。

オープンベータに参加して製品版で使える限定武器設計図を入手せよ!

 『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』オープンベータは、日本時間10月16日2:00~10月20日2:00の間で開催し、18 才以上のすべてのPS4所有者が自由に参加いただけます。

 オープンベータをプレイし、キャラクターのレベルが10に到達したプレイヤーは、『コール オブデューティ ブラックオプス コールドウォー』製品版の発売時に、同じアカウントで限定サブマシンガンの武器設計図を入手いただけます。この機会にぜひオープンベータをプレイしていただき、製品版でのスタートダッシュを狙ってみてください。

© 2020 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY BLACK OPS are trademarks of Activision Publishing, Inc.