一撃死のシビアな駆け引きが味わえる『ダイ・バイ・ザ・ブレード』のクラウドファンディングが開始

電撃オンライン
公開日時

 スロバキアのパブリッシャー“GRINDSTONE”は、10月13日より『ダイ・バイ・ザ・ブレード』(英語表記:Die by the Blade)のキックスターターキャンペーンを開始しました。

『ダイ・バイ・ザ・ブレード』とは?

 『ダイ・バイ・ザ・ブレード』は、“一撃死”を主軸を置いた1対1の剣戟対戦格闘ゲームです。『ブシドーブレード』や『侍道』など、刀をテーマにした名作ゲームにインスピレーションを受けて作られています。

 舞台設定はオリジナルの架空の世界。“サムライパンク”をテーマに掲げ、日本の伝統美とスチームパンクとが融合された世界を舞台に戦います。一撃のクリーンヒットで勝敗が決まるシステムを採用し、シビアな駆け引きや読み合いが楽しめる作品です。

 開発会社はスロバキアの“Triple Hill Interactive”。“Toko Midori Games”と共同で開発し、PCとコンソールで2021年発売予定です。

キックスターターキャンペーン内容

 本プロジェクトをご支援いただけるファンの方々のため、熟練の職人・気鋭のアーティストとのコラボレーションで、多数の特典をご用意しました。

1.鬼神面(The Mask of Oni)

 “鬼神面”のリワードは、職人による実物の革製お面です。鬼は超自然的なモンスター。精霊・悪魔のような生き物の1つで、巨大で力強く頭からはツノが生えている恐ろしいモチーフです。ゲーム内で使用できる鬼モチーフの武器セットも含まれます。限定10名様、999ドルでのご提供です。

2.武士道の指輪(Bushido Ring)

 “武士道の指輪”のリワードは、銀細工師による実物の指輪です。武士道をテーマにしたデザインの異なる3種類をご用意しました。ダマスカス鋼製の小板と樹脂で製作され、武士道ロゴが施されています。ゲーム内で使用できる武器・防具セットも含まれ、1,200ドルでのご提供です。

 武士道の指輪の実物・制作風景はこちら

3.和包丁(Japanese knife)

 “和包丁”のリワードは、一点物の実物和包丁です。制作担当はパべル・ボルフ氏。日本で修行を積み、ヨーロッパで最も人気のある名刀匠の1人です。今回特別に『ダイ・バイ・ザ・ブレード』のために和包丁を作ってくださいました。加えて、開発スタジオ訪問の招待状と特別なゲーム内装備セット“GODZILLAS”も含まれ、1,500ドルでのご提供です。