夢と現実が交差するストーリーと、古き良き選択肢による好感度の上昇にグッと来る! 注目作『イリュコネ』レビュー

カワチ
公開日時

 Efunが配信予定のiOS/Android用ゲーム『イリュージョンコネクト』。そのCBTに参加した感想を2回に渡ってお届け。第1回はストーリーやキャラクターについて語っていきます。

夢と現実のふたつを舞台にしたストーリー

 『イリュージョンコネクト』は夢と現実を繋ぐタクティカルRPG。“ナイトメア”と呼ばれる人間を破滅へと導こうとするモンスターから世界を守るため、主人公は仲間の“コネクター”たちを率いて戦うことになります。

 本作では現実世界のほかに、人の欲で姿を自由に変えることが可能な世界“イリュージョン”があります。そこには現実世界とイリュージョンを自由に行き来できる“ナイトメア”が存在しており、現実世界を破壊しようと企んでいます。

 メインキャラクターたちの役職であるコネクターとは、“レンズ”と呼ばれる人智を超えた力を持つ特殊なクリスタルと共鳴する“コネクト”に成功した人間のこと。なお、レンズは歴史上の偉人や有名なフィクションが元ネタとなっており、その元ネタを調べる楽しさなどもあります。

 このように物語の構造自体はわかりやすいですが、主人公の所属する“フライトラップ”をはじめ、現実世界とイリュージョンの経済をする“不死鳥財団”や、秩序を拒む魔女たちの自由結社“魔女の集会”、さらには人類を滅亡させようと動いている組織“ウロボロス”などの多彩な派閥が存在しており、複雑に絡み合う思惑もストーリーの見どころになっています。

現実世界を守るために戦うキャラクターたち

 続いてメインとなるキャラクターたちを紹介します。どの女の子も魅力的なのでぜひチェックしてみてください。

村咲小夜

 織田信長のレンズとコネクトした少女。もともと主人公とは学校のクラスメイトで、彼女のほうが先にフライトラップに加わっていました。そのため、ゲームでは彼女がチュートリアルの解説をしてくれます。負けず嫌いな女の子で、ヤキモチ焼きなところも。

ニナ

 カール大帝のレンズとコネクトした女の子で、勉強は苦手だけどゲームは得意な少女。感情豊かで情熱的な性格をしています。フライトラップのムードメーカーになっている元気な女の子ですね。

ヴィクトリア

 フリードリヒ2世のレンズとコネクトした女性で、正義感と責任感が強く、つねに戦いの最前線に立ち続けています。また、感動しやすく涙もろいという面も持っています。

アンナ

 優しく気配りができる女性で、国民的歌姫として知られています。マリア・テレジアのレンズとコネクトしています。癒やし系の女性で、彼女が登場すると場が和みます(笑)。

 最初に登場するキャラクターはこの4人ですが、物語を進めるとほかの登場キャラクターも出てきますし、ガチャによって新しい仲間をどんどん増やすことができます。なお、キャラクターはLive2Dを搭載しており、ぬるぬると動く姿も見どころになっています。

 また、各キャラクターには好感度が存在。これはストーリーで選択肢を選んだり、拠点に配置したりすることで上昇し、一定数上げれば“アルバム”で個別のストーリーを見ることができるというもの。

 選択肢でキャラクターの好感度が上がるのは昔のギャルゲーをプレイしているような楽しさがあり、自分のようなおっさん世代にはたまらないものがあります(笑)。

 自分は最初こそお節介焼きの小夜が好きだったのですが、ゲームをプレイしていて、意外と(?)他人の気持ちを分かってあげることができる優しい性格のニナが気に入ったので、ついつい彼女に肩入れするような選択肢を選んでしまうようになりました。ごめん、小夜!

 とはいえ、選択肢を選んだときに好感度が上がるキャラクターが変わるだけで、誰からの好感度が下がるということはないのでご安心を。また、好感度は選択肢以外の方法でも上げられるので、そこまで慎重に選ばなくてもOKです。

 ちなみにかわいい女の子がたくさん登場する本作ですが、格好いい男キャラクターも複数存在。美少女たちとともに物語を盛り上げてくれるので、ぜひそちらも注目してみてくださいね。

 メインストーリーの内容に関しては、正式リリース後のお楽しみということで詳細は語りませんが、ゲーム部分のおまけのようなものではなく、単体でしっかり読ませるストーリーになっています。まるで短編小説を読んだような満足感があります。

 “イリュージョン”は人間の欲で出来たものですが、欲と言っても悪いものだけではなく、そこには人の希望や夢を内包しています。

 その夢がどういうものなのか、どうやって夢を守ろうとするのか、また、ナイトメアはどう介入してくるのかなど、気になるポイントはたくさん出てくるため、自然にストーリーに引き込まれています。

 また、ストーリーは章仕立てになっているのですが、章が変わるとストーリーやキャラクターが新しくなりますが、舞台もガラリと変わるので新鮮。次はどういった場所で物語が繰り広げられるのか気になって先に進めたくなる魅力を持っています。

 さて、次回の記事ではそんな本作のシステムの魅力について語っていくので、こちらも合わせてチェックしてみてください

©Efun Company Limited