『ゼルダ無双 厄災の黙示録』2章までを先行プレイ! 英傑の使い心地をプレイレポート

電撃オンライン
公開日時

 コーエーテクモゲームスから11月20日発売予定のNintendo Switch用アクションゲーム『ゼルダ無双 厄災の黙示録(以下、厄災の黙示録)』の発売が迫って参りました! 現在、体験版が配信されていますので、少し触ってみた方もいるのではないでしょうか。

 さて、今回は『厄災の黙示録』を先行プレイしたレポートをお届けします! 体験版では第1章の終わりまでがプレイできますが、今回の先行プレイでは2章の終わりまでをプレイしました。

 体験版のあと、どんな展開になるのか……待ちきれない方たちにちょびっとだけお見せします!

ハイラルの騎士リンク戦う!

 復活を目前にした厄災ガノンの影響を受けて、魔物たちの動きが活発化。ハイラル王国は、魔物討伐と厄災への備え双方の問題に直面しました。

  • ▲魔物の討伐に向かう兵士たちを鼓舞するハイラル王。
  • ▲王の話を聞く兵士の中に、彼がいます。

 ハイラル城に迫る魔物を討伐するため、さっそく出撃することになりました。操作するキャラクターは、もちろんリンクです!

  • ▲まずはリンクで基本操作を覚えます。
  • ▲通常攻撃のあとに強攻撃を行うと、広範囲への攻撃など強攻撃をするタイミングによっていろいろなアクションが発生します。

 ただやみくもに目の前の魔物と戦うだけではなく、全体の戦況にも注意しておく必要があります。時間が経つごとに、新たな敵の出現や味方のピンチ、通路の閉鎖など戦況が動きます。

 新しい目的地が設定されることもあるので、ときどき発生する味方との会話やマップの変化に対応していきましょう!

  • ▲目的を達成すると戦況が変化し、新たな目的が示されます。
  • ▲右下表示されているマップで、オレンジ色の丸が向かうべき目的地です。

 リンクの攻撃は、剣や弓だけではありません。古代の遺物“シーカーストーン”の機能を使うことができます。敵に囲まれたときや強敵と戦うときなど、シーカーストーンを使うと使わないとでは展開がだいぶ違う印象です。

 うまく使って器用に戦いを切り抜けていきたいものですね!

  • ▲氷の柱を作る“アイスメーカー”。上からパラセールで飛ぶこともできます。
  • ▲“リモコンバクダン”は、爆発で攻撃するほか敵のガードも崩せます。
  • ▲敵の動きを少しの間止めることができる“ビタロック”。
  • ▲金属製のものを動かす“マグネキャッチ”。地中の宝箱を掘り出すのにも役立ちます。

 行くべき場所、やるべきことの情報は戦っている最中に随時入ってきますので、行動に迷うことはありません。刻々と状況が動く臨場感が味わえました! まさに、戦場は生き物です。

リンクと一緒に戦う頼もしい仲間

 戦いを進めていくと、リンクと一緒に戦ってくれる仲間が合流します。仲間と合流したあとは、少しだけ戦い方が変わります。

  • ▲仲間が増えると、ボタンひとつで操作が切り替えられるようになります!

  • ▲操作していない仲間には、指示を出して移動してもらうことができます。

  • ▲複数の目的地がある場合、一カ所を攻めている間に仲間を次の場所に向かわせておくと攻略が早くなるはず。

  • ▲仲間から声をかけられると、力を合わせている感があって気合いが高まります。

 それでは、リンクとともに戦う仲間たちを紹介していきます。リンクの周りは、かなり女性たちが強いイメージですね。

インパ

 知識や技術に秀でたシーカー族ですが、かなり身軽で戦闘もお手のもの。

  • ▲100年後の孫娘パーヤによく似ているインパ。
  • ▲リンクとは操作感が異なるので、新鮮で楽しい!
  • ▲自分の分身を作り出して……。
  • ▲分身たちと一緒に必殺技攻撃! 演出が派手で気持ちいいです。

ゼルダ

 後ろで静かにしているようなタイプではないゼルダ。今回は、自分自身も戦いに出ます!

  • ▲凛々しいゼルダ姫。神獣の繰り手をスカウトするため、各地に赴きます。

 ゼルダの武器はシーカーストーンです。それならリンクたちも使える……と思うかもしれませんが、ゼルダのほうがより機能を引き出しているといった感じです。

  • ▲リンクたちがシーカーストーンを使うと、次に使うためには青いゲージがたまるまで待つ必要がありますが……。
  • ▲ゼルダはそれとは別に、通常攻撃としてガンガン使うことができるんです!

4人の英傑と出会いともに戦う!

 インパとゼルダだけではなく、神獣を操作するために選ばれた4人の英傑も、リンクと一緒に戦う仲間となります。彼らとの出会い、そして実際に戦う姿が見られるのも本作のうれしいポイントです!

 英傑との物語の一部、そして戦う姿を見ていきましょう。

ミファー

 ゾーラ族の姫。やさしくて、話し方もかわいらしい雰囲気がありますが、里のためであれば敵前に立って槍を振るいます。

  • ▲ミファーの父、ドレファン王は娘が神獣の繰り手となることに対して消極的。娘が心配のようです。
  • ▲だけど、ミファーの心は早いうちから決まっていたような印象です。
  • ▲水のない場所でも泳ぐように移動するミファー。動きが軽やかで見た目も楽しく、積極的にミファーを選びたくなりました。
  • ▲必殺技が広範囲。倒したいボスだけでなく周りも巻き込んで一網打尽です!

ダルケル

 ゴロン族のダルケルは、二つ返事で神獣に乗ることを引き受けてくれます。頼もしくて気持ちのいい性格の持ち主。

  • ▲命がけの戦いにも前向きなダルケル。
  • ▲リンク一行のことも、すぐに信頼してくれました。このあとご紹介するリト族の彼とはあまりにも対照的。
  • ▲大爆発を巻き起こす必殺技は、ド派手な演出が楽しいです。
  • ▲そしてこの決めポーズ! ダルケルは男らしいうえにイイ奴すぎて最高です。

ウルボザ

 ゼルダの母親の親友で、ゼルダにとっても親戚や姉のような存在。すぐに神獣に乗る役を引き受けてくれるに違いないと考えて、一行はゲルドの街に向かうのですが……。

  • ▲なんだか街の様子がおかしいです。ゲルドのヴァーイ(女性)たちが襲ってくる……?
  • ▲ウルボザの様子も少しおかしいようです。このあとの物語はぜひプレイしてご確認を!
  • ▲ウルボザに操作を切り替えると、左上に特別なゲージが登場。雷をためて、攻撃に利用できます。
  • ▲敵を寄せ付けない雷攻撃が強力です。ゲージを使い切ったら、すきを見てまたためます。

リーバル

 リト族の戦士。とにかく自分の強さに自信があります。でも、ただの自信過剰ではなくて、その自信に見合う実力を持っています。

  • ▲空を飛ぶことができるリト族。かわりに地上はちょっと苦手なようです。
  • ▲力を認められること、頼られることに悪い気はしないようです。ただし、リンクのことは好きではない様子。
  • ▲リーバルの魅力は、なんといっても空を飛べること! 他のキャラクターとはまるで違う戦いができます。
  • ▲空から攻撃! ものすごい爽快感です。ただし、背の高い敵や遠距離攻撃に注意。

巨大な神獣を操作できちゃう!

 英傑が乗る神獣を、プレイヤーが操作できることが判明しました。巨大な神獣から地上を見下ろす景色や、アリのように小さい敵を蹴散らす爽快感をぜひ味わってください。

  • ▲神獣での操作画面です。まさに乗り物のコックピットといった雰囲気ですね。
  • ▲この神獣を今、自分で操作していると思うとゾクゾクします。
  • ▲ちょっと魔物が気の毒に思えるほど、圧倒的な力です。
  • ▲魔物だけではなく、行く手を塞ぐ壁も簡単に崩してしまいます。
  • ▲必殺技の威力も規格外。
  • ▲ただし、神獣にもハートがあります。こちらに攻撃を当ててくる敵を優先的に倒す必要がありますね。

 まさかの神獣操作に、発売がますます待ち遠しくなりました。操作できるキャラクターも多く、それぞれアクションが異なるので常に新鮮な遊び心地でした。

 また、ぜひプレイして確かめていただきたかったので今回はうっすらとしたご紹介でしたが、ストーリーがかなり濃厚です。早く先の展開を知りたい気持ちと、じっくり隅々まで遊びたい気持ちが大ゲンカしました。

 きっと、実際にプレイすればこの気持ちがわかっていただけるはず。楽しみにしていて、間違いありません!

  • ▲あっ、コーガ様とも2章終わりまでにちゃんと出会えました。このあとも絡んでくるようです。お楽しみに!

© Nintendo © コーエーテクモゲームス All rights reserved.
Licensed by Nintendo

ゼルダ無双 厄災の黙示録

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2020年11月20日
  • 希望小売価格: 7,920円(税込)

ゼルダ無双 厄災の黙示録(ダウンロード版)

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2020年11月20日
  • 希望小売価格: 7,920円(税込)

ゼルダ無双 厄災の黙示録 TREASURE BOX

  • メーカー: コーエーテクモゲームス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: アクション
  • 発売日: 2020年11月20日
  • 希望小売価格: 16,720円(税込)