『ゲッターロボ アーク』アニメ化決定! PVの時点で血がたぎる!!

電撃オンライン
公開日時

 1974年の連載開始から46年を迎える、永井豪・石川賢による大ヒット漫画『ゲッターロボ』シリーズ。その最終章である『ゲッターロボ アーク』のアニメ化が決定。ティザービジュアルとPV第1弾が公開されました。

 以下、リリース原文を掲載します。


 『ゲッターロボ アーク』は、1974年に連載が開始された永井豪・石川賢による漫画『ゲッターロボ』をはじめとする《ゲッターロボ・サーガ》の最終作品です。

《ゲッターロボ・サーガ》とは

 《ゲッターロボ・サーガ》とは、『ゲッターロボ』から始まる「ゲッターロボ」諸作品の総称です。原点である『ゲッターロボ』は、合体変形ロボットの金字塔を打ち立てた作品。その後、数々の作品で「合体変形」の魂が継承されました。

 「ゲッターロボ」は、その後『ゲッターロボG』(1975~)、『ゲッターロボ號』(1991~)、『真ゲッターロボ』(1997~)と描き続けられ、2001年に双葉社のアクションピザッツ増刊『スーパーロボットマガジン』に連載開始されたのが『ゲッターロボ アーク』です。

 その後、石川賢が急逝。『ゲッターロボ アーク』も《ゲッターロボ・サーガ》も未完の名作となりました。

『ゲッターロボ アーク』がついに動きます。

 今回制作されるアニメは、原作の特徴をより色濃く反映させた作品となっています。

 公開されたティザービジュアルでは、物語の主人公・流拓馬(ながれ たくま)と主人公機<ゲッターアーク>、そして『ゲッターロボ』の初代パイロットであり、その後のシリーズにも深く関わっている神隼人(じん はやと)が描かれています。

 また、PV第1弾では、OVA作品「真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日」で、高い人気を誇る影山ヒロノブによる楽曲「HEATS」を、新録したニューバージョン「HEATS 2021」に載せ、躍動する<ゲッターアーク>の姿も確認できます。

本作『ゲッターロボ アーク』は、2021年夏にアニメ化予定。

 監督は『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』『新ゲッターロボ』などの作品を手掛けた川越淳、アニメーション制作はOVA「ゲッターロボシリーズ」のBee・Mediaが担当します。

 シリーズ誕生からはや46年。「ゲッターロボ」という作品が放つ、迸るような“熱き魂”が、令和の閉塞と混沌を突き破ります。ご期待ください。

『ゲッターロボ アーク』、「TAMASHII NATION 2020」にて特設展示実施!

 また、11月6日(金)~8日(日)にオンライン開催されるフィギュアの祭典「TAMASHII NATION 2020」で、『ゲッターロボ アーク』が特設展示されます。

 秋葉原UDX会場に実際に作りこまれる「ROBOT exhibition」の会場に、全長2mを超える<ゲッターアーク>の立像を設置。『ゲッターロボ アーク』関連フィギュアの試作品を含め超合金魂での歴代ゲッターロボを展示。『ゲッターロボ アーク』登場とともに拡がる、魅力的な商品展開を予感させる特設展示となっております。更にゲッターロボの歴史がわかる特別番組を配信いたします!

 オンライン開催される「TAMASHII NATION 2020」会場で、ぜひご確認ください!

『ゲッターロボ アーク』のアニメ化を記念し、OVA版「ゲッターロボ」三作品が期間限定YouTube配信!

 さらに、『ゲッターロボ アーク』のアニメ化を記念して11月2日(月)12:00~9日(月)10:00まで、YouTubeにてOVA版「ゲッターロボ」三作品の無料配信が実施されます。この機会に己の熱き魂を呼び覚ましましょう!

TAMASHII NATION 2020配信番組概要

「ゲッターロボ大検証 -アークへの果てしない道-」

配信期間:11月6日10:00~終了未定

 オンラインイベント「TAMASHII NATION 2020」内配信番組です。1974年の『ゲッターロボ』から最新作『ゲッターロボ アーク』への流れを永井豪先生をはじめとした関係者のインタビューを交え検証します。ゲッターロボシリーズの基礎的な知識や歴史をお伝えします。

OVA「ゲッターロボ」三作品YouTube配信情報

配信日時(予定):11月2日12:00~9日10:00

真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日(全13話)

※1998年制作

真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ(全4話)

※2000年制作

新ゲッターロボ(全13話)

※2004年制作

配信チャンネル:BANDAI NAMCO Arts Channel

『ゲッターロボ アーク』放送情報

2021年夏 アニメ化

スタッフ
原作:永井豪・石川賢
監督:川越淳
アニメーション制作:Bee・Media

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画・真早乙女研究所
©1998永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
©2000永井豪・石川賢/ダイナミック企画・早乙女研究所
©2004永井豪・石川賢/ダイナミック企画・新早乙女研究所