私のワイフを騙すのはやめてもらおうかっ!!(ピエール副局長)【軌跡シリーズ名言集】

Zenon
公開日時

 日本ファルコムの名作ストーリーRPG『軌跡』シリーズの名言集をお届けします。

 本記事で紹介するのは、『零の軌跡』『碧の軌跡』の登場キャラクターであるピエール副局長の名言。

 彼は主人公のロイドたちが所属する“クロスベル警察”副局長であり、いわゆる警察の幹部の1人です。今回は、とある事情で奮起する彼のドラマを振り返っていきましょう。

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

私のワイフを騙すのはやめてもらおうかっ!!(ピエール副局長)

●序章 特務支援課(英雄伝説 零の軌跡:改)

 彼が初登場するのは、《特務支援課》が最初の任務であるジオフロントの探索から帰還した直後。

 ロイドたちは偶然ダンジョンに迷い込んだ子どもたちを保護していたのですが、ピンチに陥ったところを遊撃士アリオス・マクレインに助けられ、それを雑誌の記者にネタにされてしまいました。

  • ▲警察の体面を気にする副局長という立場のせいか、ネチネチと小言を繰り返すピエール副局長。上司には媚びへつらい、部下の失敗には厳しい、あまり上司にしたくないタイプの人物です。
  • ▲《特務支援課》を立ち上げたセルゲイ課長を「疫病神」と呼ぶほど忌々しく思っており、ロイドたちに支援課への着任を辞退するようにうながします(誰も従いませんでしたが)。

●第2章 金の太陽、銀の月(英雄伝説 零の軌跡:改)

 ピエール副局長の支援課に対する評価が変わる転機が訪れたのは、約2ヵ月後。

 酒を飲んだ勢いで結婚指輪をどこかに落としてしまい、恐い奥さんにバレるのではないかと右往左往していました。そんな彼を見かねた支援課が、指輪の捜索に乗り出します。

  • ▲結論から言えば、指輪は裏通りのホステスが持っていました。妻へのうっぷんが爆発し、「これは君への贈り物だ!」なんて言いながらプレゼントしてしまったとか。ロイドは思わず「副局長、落としたんじゃないじゃないか!」と叫んでしまいます。

  • ▲「なにかの間違いじゃないのかね!?」と部屋を高速でうろうろするピエール副局長。まったく身に覚えがないようで、ここまで狼狽すると段々といい味を出すキャラクターに見えてきます(笑)。ひとまず奥さんにバレるのだけは回避できて、ひと安心というところ(じつはバレているのですが)。

●第2章 西ゼムリア通商会議(英雄伝説 碧の軌跡:改)

 次にピエール副局長の事情がわかるのは半年ほど経過した《西ゼムリア通商会議》でのこと。

 『零の軌跡』の最後に起きた《教団事件》のせいで、警察の局長が解任。2人いる副局長から後任を選ぶことになるのですが、ピエール副局長は選ばれず、もう1人の副局長が昇格してしまったというのです。しかもそれが彼の後輩ということでショックを受け、ますます卑屈になっていきます。


  • ▲通商会議の休憩時間に外を眺めながらたそがれるピエール副局長。ちなみに彼は通商会議の警備対策室の室長という立場にありつつ、現場のことは信頼のおける部下(ダドリー)に一任して、余計な口を出さないという、わきまえた(?)一面も。

●第3章 胎動~獣たちの謝肉祭(英雄伝説 碧の軌跡:改)

 そしてとある日の巡回中、自動販売機の前でブツブツ言っている副局長を見つけた支援課の一行。嫌っていたはずの支援課に「依頼」を出すほど切羽詰まっているという副局長の話を聞くと、つまりは彼の奥さんがホストと密会している(浮気の疑い)ため、真相を明らかにしてほしいというものでした。

  • ▲なりふり構っていられない様子のピエール副局長。指輪を失くしたり局長になれなかったりしたのが奥さんにバレたせいで、家ではかなり肩身の狭い思いをしているそうです。
  • ▲ピエール副局長の不安をあおるワジ。元ホストの支援課メンバーということで、もはや彼の存在自体が副局長にとってはストレスの元のようなもの。

 ロイドたちは彼の奥さんであるマーガレット夫人を尾行することに。

 その結果、会っていた男はホストではなく、不動産を取り扱うセールスマンだとわかりました。マーガレット夫人はピエール副局長に断りなく、ミシュラムの高級別荘地を買おうとしているとロイドたちは推理します。

  • ▲副局長は「我が家にそんな資産はない」と言い、マーガレット夫人が悪徳不動産業者に騙されていると決めつけます。そして取引の現場に乗り込み、「ワイフの頬をはたいてでも連れ帰る!」と豪語しました。これにはロイドたちも「恐妻家が大きく出たな……」と驚きです。

 そして訪れるその瞬間。高級クラブ《ノイエ・ブラン》の物影に隠れ、マーガレット夫人がセールスマンと会うのを見守ります。やがて話が進み、いよいよ契約書にサインをする段階となったところで、ピエール副局長が飛び出して放った一世一代のセリフが今回の名言です。

 「私のワイフを騙すのはやめてもらおうかっ!!」



  • ▲年貢の納め時とばかりに、悪徳不動産業者へ推理をたたきつけるピエール副局長。マーガレット夫人はそれを制止しようと何度も呼びかけますが、副局長の勢いは止まりません……!


  • ▲止まりました(笑)。思わずロイドも「よ、弱っ!?」と思ってしまうほど一気にシュンとしてしまったピエール副局長。さすがにかわいそうになってきますね。

 マーガレット夫人は株取引で儲けた(ピエール副局長の給料数年分)お金を使って、別居用の屋敷を買おうとしていたというのです。

 セールスマンはまっとうな不動産業者で、購入するための資産は彼女が個人で稼いだもの。ローンを組ませて無理やり、というピエール副局長の思い込みは完全に否定された形になります。

  • ▲ほとほと愛想が尽きていたと話すマーガレット夫人。結婚指輪の件や局長の件、妻に頭の上がらない情けなさ、家から逃げるように一晩中飲み明かして家計を圧迫する無計画さなど、怒涛のダメ出し攻撃を展開。そして一緒に住むのはもう無理と感じたため、ひとまず別居していずれは離婚するつもりだったと話します。

 しかしここで流れが変わりました。勘違いとはいえ、妻を心配してここまで乗り込んできたピエール副局長のことを評価し、別居の話は2人であらためて話し合うことに。当然セールスマンは「そりゃないよ」と契約を迫りますが、一旦保留にして解散しました。

  • ▲話し合った結果、別居の話はなくなったようですが結局別荘は購入することになったとか。ますます妻に頭が上がらなくなった様子。
  • ▲ただ、離婚という最悪の事態だけは回避できたと胸をなでおろすピエール副局長。手伝ってくれた支援課にも素直に礼を言えるくらいには認めてくれたようです。

●チャプター1 再独立の日(英雄伝説 創の軌跡)

 ちなみに、シリーズ最新作の『創の軌跡』にもピエール副局長は登場しています。以前より少しだけ頼もしくなったいっぽうで、相変わらずな面も(苦笑)。シリーズを通してプレイしていると、サブキャラにも愛着がわいてくるので要チェックですよ!



  • ▲最新作におけるピエール副局長。クロスベル解放作戦の際には前線に出張って来る(戦っているとは言ってない)など、以前よりは上司として頼れる存在に成長しているようです。2年ぶりに再会したワジからは、例の浮気調査の件でからかわれる場面も描かれています。……どうぞお大事に。

 シリアスなものからコメディ的なものまで、軌跡シリーズにはほかにも数々の名言が存在します。今後もそれらをピックアップしてお届けしていく予定なので、お楽しみに!

※画面はPS4『英雄伝説 零の軌跡:改』『英雄伝説 碧の軌跡:改』『英雄伝説 創の軌跡』のものです。

(C)2010-2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)2020 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

英雄伝説 零の軌跡 Evolution

  • メーカー: 角川ゲームス
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2012年10月18日
  • 希望小売価格: 6,090円(税込)

英雄伝説 碧の軌跡 Evolution

  • メーカー: 角川ゲームス
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2014年6月12日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

英雄伝説 碧の軌跡 Evolution(ダウンロード版)

  • メーカー: 角川ゲームス
  • 対応機種: PS Vita
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2014年6月12日
  • 価格: 4,800円+税

英雄伝説 創の軌跡

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年8月27日
  • 希望小売価格: 7,800円+税

英雄伝説 零の軌跡:改

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年4月23日
  • 希望小売価格: 3,980円+税

英雄伝説 碧の軌跡:改

  • メーカー: 日本ファルコム
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2020年5月28日
  • 希望小売価格: 3,980円+税