劇場版『鬼滅の刃』“煉獄さん200億の男”がトレンド急上昇

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 10月16日より公開中の『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』より、4週目となる11月7日・11月8日の興行成績のほか、累計興行収入が約200億円となったことが発表されました。

 以下、リリース原文を掲載します。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開4週目週末及び公開24日間興行成績のご報告

 2019年に放送が開始されたTVアニメ「鬼滅の刃」。同年9・10月に放送された最終話で、主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)とその仲間たちが、“無限列車”に乗り込むシーンで“竈門炭治郎 立志編”の物語が幕を閉じました。その無限列車を舞台に、炭治郎たちの新たなる任務が描かれた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が10月16日(金)に全国公開となりました。

 以下、4週目となる11月7日・11月8日の興行成績のご報告、並びに、累計興行収入が約200億円に達しましたご報告となります。

11月7日(土)
観客動員:628,614人 興行収入:863,827,750円

11月8日(日)
観客動員:667,179人 興行収入:909,098,150円

 日々大変多くの方にご覧いただき、本当にありがとうございます。1日1日の、1回1回の上映への感謝を心に、これからも興行を続けて参ります。

 公開24日間の累計興行成績及び累計観客動員数は、以下になります。

 引き続き、何卒、よろしくお願い申し上げます。

10月16日(金)~11月8日(日) 24日間成績 

全国411館(IMAXシアター 38館含む)
計15,373,943人 20,483,611,650円
2020年11月9日東宝、アニプレックス 

劇場版『鬼滅の刃』“無限列車編”作品概要

公開2020年10月16日から上映開始(現在上映中)

スタッフ(敬称略)
原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃
脚本制作:ufotable
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸・梶山庸子・菊池美花
プロップデザイン:小山将治
コンセプトアート:衛藤功二・矢中勝・樺澤侑里
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野学
音楽:梶浦由記・椎名豪
アニメーション制作:ufotable

出演声優(敬称略)
竈門炭治郎(かまど・たんじろう):花江夏樹
竈門禰豆子(かまど・ねずこ):鬼頭明里
我妻善逸(あがつま・ぜんいつ):下野紘
嘴平伊之助(はしびら・いのすけ):松岡禎丞
煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう):日野聡
魘夢(えんむ):平川大輔
猗窩座(あかざ):石田彰

鬼滅の刃 23巻 フィギュア4体同梱版

  • メーカー:集英社
  • 発売日:2020年12月4日
  • 価格:5,200円+税

■『鬼滅の刃』に関連するアイテムを楽天で探す


※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となります。
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable