熱いスタンドバトルが楽しめる『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』。ポイントやおすすめキャラを掲載

ハチ
公開日時

 バンダイナムコアミューズメントのアーケードゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー(以下、ラスサバ)』。本作の企画記事をお届けします。

 企画記事1回目では、熱いバトルを楽しめる『ラスサバ』の遊び方や魅力を紹介していきます。

 次回の記事では、『ジョジョの奇妙な冒険』好きに向けた『ラストサバイバー』こだわりの表現をお届けします。

『ラスサバ』ってどんなゲーム?

 TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』の第3部から第5部を題材にしたアーケードゲーム。空条承太郎やとジョルノ・ジョバァーナなどの主人公はもちろん、DIOやブローノ・ブチャラティなどの魅力的なキャラクターも多数登場します。最大20人のプレイヤーで最後の生き残り“ラストサバイバー”をかけたスタンドバトルが展開するゲームとなっています。

 個性豊かなスタンドで敵を攻撃することが可能。足音などは『ジョジョの奇妙な冒険』ならではの擬音で表現されています。

 現在遊べるステージは杜王町。『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の舞台で、杜王町の駅やカメユーなどの名所がたくさん再現されています。

ゲームセンターへ行って『ラスサバ』をはじめよう!

 まず必要なのがゲームデータの保存ができる“バナパスポートカード”もしくは対応携帯電話。“バナパスポートカード”はゲームセンターにある発券機などで購入可能です。カウンターなどに置かれているケースもあるので、店員さんに聞くとわかりやすいです。また、“アミューズメントICカード”も使用可能です。

 次に、プレイするために“PP”というポイントを筐体で購入。“PP”ゲーム進行に従って消費されるため、ゲームオーバーになったとしてもすぐにゲーム終了になるわけではなく、“PP”のある限り遊べるので初心者でも安心!

 “バナパスポートカード”を使うと、初回プレイ(400PP分)が無料で遊べるので、お試し感覚でプレイすることも可能です。

 なお、カード1枚に付き、1度のみ有効です。

 モードは、全国のプレイヤーと戦う“全国対戦ソロ”、日付・時間指定で解放される2人1組でペアを組み全国のプレイヤーと戦う“全国対戦ペア”、チュートリアル、店内のプレイヤーと戦う“店内対戦”、トレーニングがあります。

 まずは、チュートリアルをプレイして操作やルールを学びましょう。トレーニングではCPUと戦うことができるので、「いきなり全国対戦は怖い」というプレイヤーはこちらで練習するのがオススメです。

 どのモードも1秒ずつ“PP”を消費します。全国対戦などを行った後に“PP”が余ってしまったらトレーニングをして練習するのがいいです。

『ラスサバ』のルールを覚えよう!

 最大20人のプレイヤーが1つのステージで戦い、体力が0になったプレイヤーはリタイアとなります。ステージは“再起不能エリア”という危険地帯に囲まれており、“再起不能エリア”は時間とともに少しずつ縮小していきます。“再起不能エリア”に入ると、ダメージを受けるのですぐに脱出しましょう!

 “再起不能エリア”は紫色で表示されています。次のエリアの範囲も白い円で確認できるので、活用しましょう。

 相手を攻撃する方法は、スキル、後述するアルティメットスキルが存在。スキルを使うと、キャラの下部に表示されているゲージの下にある精神力ゲージが減っていきます。これが0になると一時的に攻撃やスキルを使用できなくなるので注意!

 敵を倒すとキャラクターのレベルを上げられる“魂のチップ”を落とします。“魂のチップ”1枚につきレベルが1上がり、最大6レベルまで強化可能。あわせて、非常に強力なアルティメットスキルを使えるようになるのでどんどんレベルアップを目指しましょう。

 なお、アルティメットスキルを使用可能になるレベルはキャラクターによって異なります。

 “魂のチップ”は敵を倒した時に落ちるので、拾い忘れないように! また、落ちているチップは自分が倒していない敵のものでも拾うことでレベルがアップします。

魅力的なキャラクターを使いこなせ!

 これから始める人は、どのキャラを選べばいいのか、迷ってしまうかと。本作の初心者にオススメするのが空条承太郎、DIO、東方仗助、ジョルノ・ジョバァーナになります。近距離タイプでスキルにクセがないうえに、強力なアルティメットスキルを持っているため、とても扱いやすい性能となっています。

空条承太郎


 連続でパンチを繰り出す“オララッシュ”の射程は短めですが、使いやすいスキルになっています。正面からの攻撃をブロックし、ブロックに成功すると精神力ゲージが回復する“ブロッキングラッシュ”で攻撃を防ぎながら敵に近づいて攻撃しましょう。

 アルティメットスキルには数秒間、時間を止める“スタープラチナ ザ・ワールド”。使用できるのは1度だけなので、注意! まずは残りの敵が1人になった時に発動することを心がけてみましょう。

DIO


 DIOは連続でパンチを繰り出す“無駄ラッシュ”や前方に瞬間移動できる“力の片鱗”に加えて、“吸血鬼の治療”という自動的に体力が回復するスキルを持っています。特に“吸血鬼の治癒”はアイテムを取らなくても体力を回復できて、初心者にはとても心強いスキルです。

 アルティメットスキルは数秒間、時間を止める“ザ・ワールド”。使用できるのは1度だけなので、ここぞという時や苦手な敵と対峙した際に使っていきましょう。

東方仗助


 東方仗助のスキルは連続でパンチを繰り出す“ドララッシュ”と、前方に壁を生み出す“インスタント・ウォール”、ペア戦で味方の体力を回復できる“クレイジー・ヒール”。壁を使って敵の攻撃を防いだり、壁を登って敵を上から奇襲して戦いましょう!

 アルティメットスキル“プッツーーン”は精神力の回復速度と防御力が大幅にアップ。こちらは最大2回まで使用可能で敵のアルティメットスキルを防ぎきってしまうほど頼れる技です。ジョルノの“ゴールド・E・レクイエム”と違って少しはダメージを受けてしまうので残り体力には注意しましょう。

ジョルノ・ジョバァーナ


 ジョルノ・ジョバァーナは連続でパンチを繰り出す“無駄ラッシュ”、足元に樹を生み出し上方向に移動する“オーバー・グロウ”、ペア戦で相手の体力を回復する“パーツ・メーカー”などのスキルを持っています。

 アルティメットスキル“ゴールド・E・レクイエム”は一定時間、自分に対するすべての攻撃を無効化することができます。最大2回まで使えるので、敵のアルティメットスキルに合わせて使うと非常に強力です。

 また、この技は敵の攻撃だけでなく、再起不能エリアのダメージも無効化してくれます。

“ラストサバイバー”になるためのテクニックを紹介

テクニック1:“ダービーの刺客”を倒してレベルアップ 

 ゲームにはプレイヤーの他に“ダービーの刺客”という赤く光っているCPUが存在します。“ダービーの刺客”も“魂のチップ”を落とすので、まずはプレイヤーではなくCPUを倒してレベルを上げて、アルティメットスキルを使用できるようにしましょう。

 スタート位置はプレイヤーが少なく“ダービーの刺客”が多い場所がオススメです。ただし、他のプレイヤーも狙ってくることがあるので、状況を見つつ置きましょう。

テクニック2:擬音を見て情報収集!

 足音や着地、攻撃の音などが擬音として見えるので、敵の有無やどういう状態なのかを憶測することができます。そのため、擬音を見逃さないようにしましょう!

 自分の足音なども敵から見えているので、注意。しゃがみながら移動することで音を消すことができるので、ゲーム終盤など敵に位置を悟られたくない場合は慎重に行動しましょう。

 なお、自分やペアの擬音は青で、敵の擬音はオレンジで表示されており、擬音はキャラクターによって異なります。

テクニック3:建物を探索してアイテムをゲット!

 建物の中には、“体力回復”や体力の代わりにダメージを吸収してくれる“シールド”、敵を見ることができる“透視”などのアイテムがあります。特に戦闘が有利になるシールドは重要なので、序盤はシールドを集めて中盤以降の戦いに備えましょう。

 アイテムはカード型で、“回復”は赤色、“シールド”は青色、“透視”は緑色となっています。

テクニック4:時間に応じて行うべき行動を把握する

 始めたばかりで一体何をしたらいいかわからない……というプレイヤーも多いはず。時間経過によって取るべき行動を知っておくことが、“ラストサバイバー”への近道です。

 ゲーム序盤は、“ダービーの刺客”を倒してレベルを上げ、中盤では建物を捜索し“シールド”を集めましょう。この時に、アルティメットスキルやシールドはなるべく最終決戦まで取っておきたいので、むやみに戦わないことも大切です。

 そして、終盤では惜しまずにアルティメットスキルを使用してバトルしましょう! アルティメットスキルの使うタイミングはキャラによって異なるのですが、最初のうちは残してやられるよりは、迷いながらでも使ってしまうほうがいい結果につながることが多い気がします。

 見事“ラストサバイバー”になるとビクトリーショットが撮影可能! キャラクターにポーズをとらせたり、カメラの移動ができたりするので、自分だけのお気に入りの1枚を撮影しましょう。

 かっこいい記念撮影ができるのは勝者の特権です!

 ペアで勝利した場合には、原作ではありえないツーショットを撮影できるのも『ラスサバ』ならではの魅力です。

カスタマイズアイテムで自分好みに!

 ゲーム終了後に入手できるチケットで引けるラッキードローや“PP”を消費することで引けるプレミアムドローでは、ポーズやキメ台詞、称号などさまざまなカスタマイズアイテムをゲットできます。

 カスタマイズはその場でもできますが、無料の連動サイト“ジョジョ ラスサバ.NET”でも可能。連動サイトでは、ビクトリーショットの保存やTwitterへのアップもできるのでプレイ前に登録しておきましょう!

 連動サイトには登録するだけでアイテムチケットが200枚(ラッキードロー10回分)もらえるのでかなりお得です。

正路千暁プロデューサーからのメッセージ

 『ジョジョの奇妙な冒険』ファンの方には、スタンドの再現度や部を超えてのキャラクターの対戦などを楽しんでいただけると思います。

 店内対戦もあるので、お友だちとわいわい遊んでいただければうれしいですね。ぜひゲームセンターに足を運んで『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』をぜひプレイしてみてください。

©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険 SC 製作委員会
©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険 DU 製作委員会
©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険 GW 製作委員会
©BANDAI NAMCO Amusement Inc.

『ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー』

  • メーカー:バンダイナムコアミューズメント
  • 対応機種:AC
  • ジャンル:アクション
  • 稼動日:2019年12月18日
  • 料金:オープン