明日で終了。『オクトパストラベラー』のトリセツ山手線に乗ってきた!【電撃オクトラ日記#45】

そみん
公開日時
最終更新

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用RPG『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、RPGが好きな筆者(そみん)が、オリジナルアドトレイン“取扱説明車両”について語ります。

オリジナルアドトレイン“取扱説明車両”に乗ってきた!

 東京のJR山手線、大阪のOsakaMetro 御堂筋線で、『オクトパストラベラー』のオリジナルアドトレイン“取扱説明車両”が走行中です。

 御堂筋線は11月21日(土)まで走行していますが、山手線は11月15日(日)で終了。やばい! 乗り忘れてた!!

 ということで、本当にギリギリの11月13日(金)夜、あわてて山手線に乗ってきました。余談ですが、ちょうどメンテが終わった直後で、“取扱説明車両”に乗りながら『オクトラ』を遊ぶという、自分的なノルマは達成できました!

 ……さておき、満員電車ではありませんでしたが、それなりに人が乗っていたため、車内の撮影はほとんどできませんでした。悲しみ。

  • ▲一応、ドアに張られた広告だけは証拠写真として撮影してきました! ヘルミニアの中吊りとか、記念撮影したかったんだけどなあ。

 というわけで、オフィシャル写真ベースですが、実際に電車に乗った感想を語っていきます。

 まず、ちょっと注意したいのが電車の外装について。あくまで車内が取扱説明車両になっている形で、外見的には普通の電車と変わりません。ちゃんと車両内を見ないとスルーしてしまう危険があるので、ご注意ください。
(自分の場合は“山手線なう!”というサイトでアド車両の位置をチェックしました)

 取扱説明車両は1つの車両ではなく、どの号車でも行われているので、そういう意味では安心しましょう。

  • ▲車両内はこんな感じ。いたるところにドット絵やイメージボードが掲載されており、『オクトパストラベラー』感に満ち満ちています!
  • ▲ドアには存在感あるドット絵が掲出。ひとめでゲームだとわかる感じがいいですね。

  • ▲ドア横にはガチで説明書が掲出。普通の広告よりも、ある意味で文字が多くて細かい(笑)。存在感があります。
  • ▲説明書は、じっくりと熟読している方も見かけました。文字があると、つい読んじゃいますよねー。

  • ▲ドア上のモニタでは、ひっきりなしにドット絵が動きまくるPVが流れていました。ゲーム好きにはたまりませんな。
  • ▲中吊りには、とてもインパクトがある極めし者たちが鎮座。なんか、威圧されながら見下されている感じが(苦笑)。

 たくさんの人が乗っている電車ということで、ちょっと気軽な記念撮影は難しい部分もありますが、『オクトパストラベラー』のオルステラにいるような空気感を味わえるのはワクワクするもの。

 山手線の走行は11月15日(日)で終わってしまうので、特にお早めに!

【詳細】
走行路線(期間):東京・JR山手線(2020年11月1日(日)~2020年11月15日(日))
:大阪・OsakaMetro御堂筋線(2020年11月8日(日)~2020年11月21日(土))

※注意事項※
<JR山手線・OsakaMetro御堂筋線共通>
・JR山手線・OsakaMetro御堂筋線それぞれ1編成のみでの走行となります。
・期間中でも走らない日がある可能性や早めに走行が終了する可能性があります。予めご了承ください。
・本件における運転予定については、駅及び駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

(C) 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年10月28日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2020年10月28日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金