『ゆるキャン』カードゲーム発売。作品中のアクシデントが体験できる!?

電撃オンライン
公開日時

 人気アニメ『ゆるキャン△』のカードゲーム第4弾が11月16日より、amazon、各ボードゲームSHOP他で販売開始となりました。

 本商品は、日本ボードゲーム大賞を受賞した名作カードゲーム『キャット&チョコレート』の『ゆるキャン△』版です。

 以下、リリース原文を掲載します。

TVアニメ 『ゆるキャン△』 が『キャット&チョコレート』とコラボ! ゆるキャ△ット&チョコレート amazon他にて本日より販売開始!

 アニメ『ゆるキャン△』カードゲームの第4弾として、日本ボードゲーム大賞を受賞した名作カードゲーム『キャット&チョコレート』とコラボした商品、『ゆるキャ△ット&チョコレート』の情報解禁後、予想以上の予約や、先行発売を行ったゲームマーケットにて好調な売り上げを記録! 1月よりOAのアニメ同様、大きな話題となっています

 『キャット&チョコレート』は様々なアイテムを駆使する、パーティーカードゲームの決定版として、カードゲームSHOPだけではなく書店にも並ぶほどの人気カードゲームです。

 「ゆるキャ△ット&チョコレート」では、作品中で実際に起こったアクシデントをアクシデントカードに採用し、プレイヤーは作品のことを思い出しつつ、『ゆるキャン△』の世界観を擬似体験できるゲームとなります。ゲームプレイ中に『ゆるキャン△』の本編と同様の方法でアクシデントを回避できた場合は、「本編通り!」や「アニメで見たやつ!」などと褒め合うエクストラルールも採用!

  • ▲イベントカード

  • ▲アイテムカード

 そんな「ゆるキャ△ット&チョコレート」は、本日11月16日(月)よりamazon、各ボードゲームSHOP他にて販売開始となります。今回は説明書の画像を公開。ルールや設定を確認して是非お楽しみください!


キャット&チョコレートとは

 「日本ボードゲーム大賞2010」第1位を受賞した名作ボードゲーム。各プレイヤーは様々なアイテムカードを駆使し、アクシデントを次々と回避しなくてはなりません。回避の方法は「自由な発想」で「思いつくまま」に宣言。回避できたかどうかは他プレイヤーの多数決で決まります。

 ゲームは2チームに分かれ、「どのプレイヤーが味方か、あるいは敵か」がわからない状態でスタートします。試されるのは「想像力」と「心の反射神経」! 幽霊や生ける屍、崩落する床などのアクシデントが発生する「幽霊屋敷編」のほか、企業で起こるアクシデントを乗り切る「ビジネス編」、学校生活でのピンチをテーマにした「学園編」、日常のピンチを切り抜ける「日常編」や「非日常編」など、様々なテーマで遊べるゲームが発売中。

商品概要

商品名
「ゆるキャ△ット&チョコレート」

ゲーム概要
 「ゆるキャ△ット&チョコレート」は『ゆるキャン△』をテーマにしたカードゲームです。各プレイヤーは、ソロキャンチームもしくはグルキャンチームの一員となり、お互いのチームを知らない状態でプレイします。

 このゲームは『ゆるキャン△』の中で起こったアクシデントを、手札のアイテムカードとプレイヤーのアイデアを駆使して、どうやって回避するかを考えるゲームです。手番プレイヤーは手札の内容をもとに考え、回避方法を宣言してください。宣言された方法で回避できたかどうかは、他のプレイヤーによる多数決で決まります。

 各プレイヤーはゲーム終了時に自分のチームを明らかにします。アクシデントを回避できた回数をチームごとに合計し、値がより大きかった側のプレイヤー全員が勝利者となります。

ゲーム例

例)4人でプレイしています。

 手番プレイヤーがオープンしたイベントカードの内容は「薪が安い!でも運ぶ手段がない…」でした。手番プレイヤーの手札には「貼るカイロ」と「キャンプ仲間」と「テント型飛行機」のアイテムカードがありました。

 またイベントカードの山によって指定された枚数は2枚でした。手番プレイヤーはしばらく考え、「キャンプ仲間」と「テント型飛行機」の2枚を順番にオープンし、「キャンプ仲間の1人がテント型飛行機で来ていたので迎えに来てもらいました!」と宣言しました。

 その後、残りのプレイヤー3人は前へ片手を伸ばし、いっせいに投票を行いました。結果は(親指が)上向き、下向き、上向き。手番プレイヤーはアクシデントの回避に成功しました。

仕様
●プレイ人数:3~6人
●対象年齢:8歳以上
●プレイ時間:約20分
●カード種類:イベントカード:24枚・アイテムカード: 40枚・チームカード: 6枚・説明書

販売価格
2,500円(税抜き) 

販売開始日
<一般発売>
・2020年11月16日(月)より全国のカードゲームSHOP他にて発売

発売・販売
株式会社スロウカーブ

監修
秋口ぎぐる(コザイク)

©あfろ・芳文社/野外活動委員会