劇場アニメ『図書館戦争』が無料放送決定

電撃オンライン
公開日時

 日曜19:00より劇場版アニメや長編アニメに特化した“日曜アニメ劇場”を放送している全国無料放送のBS12トゥエルビは、11月22日に『図書館戦争 革命のつばさ』を放送します。

 以下、リリース原文を掲載します。

大ヒット小説の劇場アニメ版

 「フリーター、家を買う。」、「空飛ぶ広報室」など数々の作品で知られる有川浩が執筆したベストセラー小説「図書館戦争」を劇場アニメ化した人気作。

 2013年に岡田准一、榮倉奈々の主演で公開された実写版も大ヒットとなったが、本作はその前年、2012年6月に公開されました。公開当初全国30スクリーンという限られた上映であったにも関わらず映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第10位を記録しています。

 実在する「図書館の自由に関する宣言」からのインスピレーション
作品の中で重要な意味を持つこの「図書館の自由に関する宣言」。第1図書館は資料収集の自由を有する。第2図書館は資料提供の自由を有する。第3図書館は利用者の秘密を守る。第4図書館はすべての不当な検閲に反対する。これは現実に存在する、1954年に採択された日本図書館協会による綱領です。

 これについて原作著者、有川浩氏は次のように語っています。

 「図書館という一見すると文系のおとなしそうな組織がこんな勇ましい宣言を持っていた。今まで私が持っていた図書館に対するイメージと、この宣言に対するギャップ、それをそのままタイトルにしたっていう感じですね。だってこの人たち、事が起これば戦うよって宣言しているわけですから。」

ストーリー

 日本を揺るがすテロ事件が勃発する中、デートの最中だった笠原郁と堂上篤に緊急招集がかかった。新たな任務は、小説家・当麻蔵人の身辺警護。テロの手口に小説の内容が酷似しているとして、メディア良化委員会は作家狩りを始めたのだ。法廷闘争が始まる中、郁たち図書特殊部隊は判決まで当麻を守りきらなければならない。

 図書隊と良化隊の衝突が激化する中、重傷を負ってしまう堂上。動揺する郁に、堂上は任務の遂行を託す。郁は、当麻を守り、表現の自由を守ることが出来るのか!? ――そして郁と堂上とのもどかしい恋の結末は!?

スタッフ
原作:有川浩「図書館戦争」シリーズ(角川文庫刊)
監督:浜名孝行
脚本:古怒田健志
キャラクター原案:徒花スクモ
キャラクターデザイン:中村 悟
美術監督:池田繁美
作画監督:齊藤卓也
音楽:菅野祐悟
主題歌:Base Ball Bear「初恋」(EMIミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:プロダクションI.G
配給:角川書店
声の出演
笠原郁:井上麻里奈
堂上篤:前野智昭
柴崎麻子:沢城みゆき
手塚光:鈴木達央
小牧幹久:石田 彰
玄田竜助:鈴森勘司
児島清花:潘 めぐみ
当麻蔵人:イッセー尾形

©有川浩・角川書店/図書館戦争フィルムパートナーズ 2012