『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』世界大会の地域予選から3ブロックの模様をレポート

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 アプリ『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』を使った世界大会“Dream Championship 2020”。その最終地域予選大会の模様をレポートします。

 “Dream Championship”は、 全世界で『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』の試合を行いNo.1を決定するもの。新型コロナウイルス感染症拡大などの状況を鑑み、予選から決勝トーナメントまで、すべてオンライン形式で実施されています。

 以下で、10月24日に行われた欧州・アフリカ・中東ブロック、11月1日に行われたアメリカブロック、11月7日に行われたアジア・オセアニアブロックについてレポートしていきます。

ルール

 大会は、シングルエリミネーショントーナメント(勝ち抜き戦)で行われます。試合はオンライン対戦内のグループマッチを使用して行われます。

 試合中の総合力は無制限ですが、必殺技最大レベルに上限が設けられます。EXフォーメーションと連盟効果の適用はありません。


 試合は前後半45分ハーフで行われます。延長戦後も引き分けの場合はPK戦で勝敗を決定。接続が切れて中断した場合は復帰機能を利用して再開、それが難しい場合はレギュレーションに従い、試合を裁定されます。

 放送は日本語、英語、スペイン語、フランス語、アラビア語、広東語という6カ国語で同時配信されていました。

  • ▲日本語音声の実況を担当した“ふみふみ”こと内村史子さん(左)と、解説の夢爺2号さん(右)。

欧州・アフリカ・中東ブロック

1回戦

 1回戦は第1試合からPK戦に突入する白熱した展開に。

 若林 源三という強力なキーパーから点を奪うため、“ハイスピードトルネードスカイアルファ”や“フェイントジャンピングボレー”、“真・スカイウイングシュート”が放たれます。また、若林 源三のスタミナを削るために、コースが見えたら積極的に狙っていくというプレイも見て取れました。

 特に、第3試合で“フェイントジャンピングボレー”で若林 源三から点を決めたシーンは、これぞサッカーという盛り上がり!

 他にも、マッチアップの読み合いを制して、相手の流れを切るようなすばらしいプレイが飛び出し、解説・実況者や視聴者を沸かせる場面もありました。

準決勝、3位決定戦

 準決勝の第1試合は、原作での六本木に立ち寄る描写が印象的なハースとクリスチャンセンをBadroo0選手とΩINFERNO選手のどちらもが使う“ギロッポン対決”に。

 両者とも互いの狙いがわかっているためか、パスカットなどもあったうえに、若林 源三の鉄壁の守備を崩せずに、そのまま延長戦に。

 延長戦でBadroo0選手が、葵 新伍、ファン・ディアス、アラン・パスカルとつないで、ハースがシュートを打ったのですが、やはり若林 源三はゴールを守ります。後半、ΩINFERNO選手が攻め込んだのですが、パスをカットされてしまい、PK戦に突入。

 近いチーム編成ということで、同じキッカーが続いたのですが、ΩINFERNO選手のアラン・パスカルの左サイドを狙ったシュートを、Badroo0選手が予測。PK戦を制して決勝へと進むことになりました。

 第2試合では互いの必殺シュートがさく裂。

 Benzema選手が日向 小次郎と大空 翼のコンビ技“反動蹴速迅砲[虎]”を放てば、Simon選手は、ブライアン・クライフォートの“エースの証明”、カルロス・サンターナの“トルネードアロースカイウイングシュート”、リバウールの“ゴールデンホークショット”でゴールに迫ります。若林 源三は一歩も引きませんでしたが、後半に向けてスタミナを大きく消費してしまいました。

 さらに後半27分。三杉 淳からのセンタリングを受けた、Simon選手のカルロス・サンターナは、ナトゥレーザとの“フルメタルファントム”を繰り出します。Benzema選手の若林 源三はこのシュートも止めたのですが、スタミナはかなり厳しい状態に。このまま攻め切りたかったのですが、一歩及ばす、またしても延長戦に。

 Benzema選手は延長戦の前半、ゴール前まであがりますが、シュートまで持ち込めず。スコアレスドローでPK戦となりました。

 Simon選手はBenzema選手の1本目のシュートを止めたうえに、若島津健のシュートも防ぐことに成功。PK戦4-2でSimon選手が勝利を掴みました。

 また決勝戦に進むことはできませんでしたが、3位決定戦では、岬 太郎の“ハイスピードスカイトルネードアルファ”でゴールを決めたり、見事にハースまでボールを繋いで、“フェイントジャンピングボレー”で若林 源三に迫ったりと、レベルの高い試合が展開し、目が離せませんでした。

決勝戦

 レベルが拮抗しているようで、Simon選手、Badroo0選手ともにボールを奪い合う展開に。お互いがやりたいことをできずにいた、前半終了間際……。

 Badroo0選手のパスカット後、すばやいパス回しから、クリスチャンセンにボールが渡ります。対峙したSimon選手の三杉 淳はスタミナがなく、そのままハースとの“極悪ツートップ”でヘルマン・カルツをつぶして、クロスがあがります。“全力サッカー”は切れてしまったのですが、ハースは“フェイントジャンピングボレー”を実行。このシュートが決まり、前半45分に1点目が入ります。

 後半に入ると、先制点を決めた余裕からか、決められた焦りからか、Badroo0選手が読み勝って、流れをつかみます。

 後がなくなった、Simon選手は沢田 タケシにボールを回すのですが、カットされてしまい、そのままカウンターに。Badroo0選手のクリスチャンセンからのボールを受けて、ハースが再び“フェイントジャンピングボレー”を繰り出します。若林 源三は意地を見せてセーブしますが、試合終了。Badroo0選手が接戦をものにして、優勝を果たしました!


 試合終了後、Badroo0選手は「非常にうれしく思っています。周りの皆や、いいプレイをした参加者にも感謝したいです」とコメント。決勝トーナメントに向けて「厳しくなるだろうが、自分のベストを尽くしたい」と力強く話しました。

“欧州・アフリカ・中東ブロック”のアーカイブはこちら

アメリカブロック

1回戦

 欧州・アフリカ・中東ブロックに続いて、第1試合、第2試合はPK戦に突入。しかし、リバウールの特技・スタミナキラーを使った若林 源三の攻略法や、ハースの“フェイントジャンピングボレー”を軸にした組み立て、曽我 佑二を使ったディフェンスなど、戦術的にも見どころのある試合が続きました。

 キャラ同士のコンビ技は、本作における注目ポイントの1つ。カルロス・サンターナと大空 翼との“スカイウイングツイン”や、ロベルト本郷と大空 翼の“師弟コンビ”は、ゲームをプレイしていない人にも見てほしい迫力です。

 さらに第4試合では、FWに転向した若島津 健がついに爆発! 後半、ゴールの目の前の位置で日向 小次郎との“ジャンピングボレーツインシュート”で、あの若林 源三からゴールを奪いました。

準決勝、3位決定戦

 <<RS>>Jc選手は、1回戦に続いて、リバウールで若林 源三のスタミナを削る作戦に。対するIE|Daigo選手は、ロベルト本郷からの浮き球にあわせた岬 太郎が大空 翼の“ハイスピードトルネードスカイアルファ”で前半23分に先制点を挙げます。

 何とか、1点を返したい<<RS>>Jc選手でしたが、ラファエルのドリブルは岬 太郎にカットされてしまいます。ラストチャンスにカルロス・サンターナを使って攻め込もうとしますが、松山 光の“イーグルパスカット”が立ちはだかりました。

 第2試合の前半16分には、日向 小次郎の“タイガーパス”をトラムが止めるという、原作を再現したように展開がありました。ゲームとは思えないような一幕を見られるのも、『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』の特徴です。

 前半はどちらも決められずに、後半がスタート。Diego選手の沢田 タケシから若島津 健への東邦ラインが繋がり、“若堂流空手奥義・背面空中縦回転蹴り”が放たれます! ゴール目の前でしたが、ここは若林 源三がしっかり守ります。

 さらに後半30分、Diego選手のミカエルからのパスを受けたのはロベルト本郷。ゴール正面から渾身の“スカイドライブオーバーヘッド”を放ち、ついに若林 源三からゴールを奪います!

 対するTsubasanej選手も攻め込みましたが、ケビン・シュミットがいいタイミングでボールをとり、そのまま無情にもタイムアップとなりました。

 決勝トーナメントに進むため、3位入賞を狙う<<RS>>Jc選手とTsubasanej選手。<<RS>>Jc選手が最初に“ブラジル・ドリームコンビ”から“フルメタルファントム”を放ったのに対して、Tsubasanej選手のミカエルはゴール前から“ノープレッシャーシュート”を放ちます。


 さらにTsubasanej選手は、コーナーキックからロベルト本郷の“真骨頂ロベルトオーバーヘッド”をチョイス。若林 源三も飛びつきますが、前半に先制点が入ってしまいます。

 後半に<<RS>>Jc選手の猛攻が始まります。しかし、リバウールの“スカイホークシュート”はゴールには至りません。

 試合が終わるかと思った後半43分……ラドゥンガの大きなパスを受けたのは、ゴール前に張り付いていたロベルト本郷。そのまま、“スカイドライブオーバーヘッド”が、スタミナのない若林 源三に迫ります。なんと、後半48分で<<RS>>Jc選手が追いつくことに成功しました!

 前半から削ってきたスタミナが、最後の最後で生きるという熱い展開に。1試合という短い中で、なかなか流れを取り戻すのが難しいのですが、諦めないことが大事であると、改めて知った瞬間でした。

 その勢いのまま、<<RS>>Jc選手は変わった森崎 有三に迫ります。延長の前半には“ブラジル黄金コンビ”からのシュート、後半には“ノーモーションクロス”を受けたカルロス・サンターナが、“フルメタルファントム”を発動! しかし、Tsubasanej選手は森崎 有三の“ガンバリビッグセーブ”で守りきり、試合の結末はPK戦にゆだねられることに。

 サリナス、森崎 有三ともに止めて、止めてという一歩も引かないPK戦でしたが、最後はサリナスが止めて、<<RS>>Jc選手が逆転勝利となりました。

決勝戦

 先に流れをつかんだのは、Diego選手。ラファエルのパスが若島津 健に通って、“若堂流空手奥義・背面空中縦回転蹴り”が放たれます。決まりませんでしたが、GK・若林 源三のスタミナを大きく削ります。

 さらに、IE|Daigo選手の曽我 佑二のパスを、ロベルト本郷がゴール前で奪取。“真・スカイウイングシュート”で迫るという怒涛の展開に。

 IE|Daigo選手は“ゴールデンコンビ”でボールを運ぼうとしますが、仕事師・ヘルマン・カルツがしっかり止めていきます。

 後半に入って、Diego選手はミカエルの“エンジェル・スライド”から、ゴール前のロベルト本郷へとパス。そのまま、“スカイドライブオーバーヘッド”でこの試合3本目となるシュートを若林 源三に向けて繰り出します。これにはさすがの若林 源三もゴールを許してしまいました。

 一矢報いたいIE|Daigo選手。パスをカットするやラファエルのドリブルで進んでいきます。とにかく高い位置で岬 太郎にボールを渡して、いい条件でシュートを打ちたかったようで、ギリギリまで粘ってから岬 太郎にパス。高いボールを受けた岬 太郎は待望の“ハイスピードトルネードスカイアルファ”を放ちましたが、若林 源三がしっかりキャッチ。


 そのままDiego選手が優勝の栄冠を手にしました。試合を終えたDiego選手は喜びを爆発。「とてもうれしい! まだ信じられない。得点できるかわかりませんでしたが、最終的に決められてよかったです。連盟の皆に感謝します!」と挨拶しました。決勝に向けては「ゲームを楽しみたい。連盟の皆さんやコロンビアの力を借りて、難しい試合に挑みたい」と意気込みをあらわにしました。

“アメリカブロック”のアーカイブはこちら

アジア・オセアニアブロック

1回戦

 今大会の地域予選大会はPK戦から始まるというジンクスがあるのか、第1試合は点が動きませんでした。どちらのチームも
ロベルト本郷の“真・スカイウイングシュート”、カルロス・サンターナの“ゴールデンフライングドライブシュート”を放ったのですが、若林 源三の牙城を崩すことはできませんでした。

 かと思えば、岬 太郎の“ハイスピードトルネードスカイアルファ”、ハースの“フェイントジャンピングボレー”で前半の早い段階から試合が動くケースも。やりたいことを実行できたうえに、運を味方につけた選手が勝ち残っていきます。

 また、ブライアン・クライフォートのスタミナを削って“エースの証明”を放つという、展開が綺麗に決まったのが第4試合。試合の冒頭から、最後の青写真を描き切ったペロリン☆スー選手の試合運びはお見事でした。

準決勝、3位決定戦

 第1試合の前半は、INN×TH選手が主導権を握ります。2連続のパスカットから、カルロス・サンターナの“ゴールデンフライングドライブシュート”、ロベルト本郷の“真・スカイウイングシュート”でゴールを狙いましたが、前半の若林 源三は堅固で、しっかりキャッチ。

 このまま終わるかとも思えた、前半のラストプレイ。仁仁選手のミカエルが“エンジェル・スライド”3連発でゴール前に。そこからハースの“フェイントジャンピングボレー”で、前半47分に若林 源三の守りをこじ開けました。

 後半に入り、今度はINN×TH選手がミカエルで攻め込みます。ゴール前からロベルト本郷に戻して“真骨頂ロベルトオーバーヘッド”を使います。しかし、ここも若林 源三がボールをキャッチします。

 これで終わるかと思った瞬間、古川 洸太郎のボールを奪うと、ゴール前にいたイINN×TH選手のロベルト本郷に最後のパスが通ります! かなりいい場所から“真・スカイウイングシュート”が放たれたのですが、若林 源三が守りきります。

 4本のシュートを打ったINN×TH選手に対して、1本のシュートでゴールを掴んだ仁仁選手が決勝に駒を進めました。

 第2試合は一気に試合が動きます。谷行条野@平民選手のロベルト本郷からハースにパスが渡り、いきなり“フェイントジャンピングボレー”がさく裂! 若林 源三の手を突き抜けて、先制点が入ります!

 ペロリン☆スー選手は“エンジェル・スライド”で戦線を上げていきますが、ゴールが遠い。逆にカットされてクリスチャンセンにボールが通ると、クロスを受けたハースに2本目となる“フェイントジャンピングボレー”を打たれて、ヒヤッとする場面も。

 ペロリン☆スー選手は後半に入って、パスを回しながら攻め込みますが、ロベルト本郷にカットされてしまいます。逆にカウンターとなり、“極悪ツートップ”が発動。この試合、3本目となる“フェイントジャンピングボレー”で、2点目を奪われてしまいます。

 最後に“真骨頂ロベルトオーバーヘッド”で攻め込んだのですが、ゴールならず! 谷行条野@平民選手が決勝戦に挑むことになりました。

 絶対に負けられない、3位決定戦。INN×TH選手のラファエルからロベルト本郷にボールが渡りましたが、“スカイドライブオーバーヘッド”では若林 源三からゴールを奪うことはできませんでした。

 対するペロリン☆スー選手は早いパス回しで攻め込みますが、ラファエルにカットされてしまいます。そのまま、INN×TH選手のロベルト本郷が2本目の“スカイドライブオーバーヘッド”を繰り出しますが、またしても若林 源三が渾身のセーブ。

 しかし、あきらめないINN×TH選手はパスをカットするや、“エンジェル・スライド”で攻め上がり、そのままミカエルが“ノープレッシャーシュート”で、若林 源三からゴールを奪います。

 後半を守り切れば、勝利となるはずだったのですが、ペロリン☆スー選手のブライアン・クライフォートが“刹那のコンビネーション”から“エースの証明”を発動。このシュートがゴールにささり、試合を振り出しに戻します。

 同点に戻ったあと、ここでまさかの事態に! ペロリン☆スー選手が攻め上がろうとした時、INN×TH選手のカルロス・サンターナの“ショルダーチャージ”がレッドカードをとられて、後半35分で退場してしまいます。

 1人少ないまま延長戦に突入するという、INN×TH選手は難しい状況に。大空 翼を入れて、状況を打破する狙いをとります。

 少ないチャンスをものにしようと、INN×TH選手はミカエルの“エンジェル・スライド”を発動。シュートはジェンティーレに防がれてしまいましたが、そのこぼれ球を拾ったのは、日本のエース・日向 小次郎。ゴール前から“嵐の中の復活”を放ちます。スタミナがない状態での必殺シュートが決まり、追加点となりました。

 ペロリン☆スー選手は全力プレイと“エンジェル・スライド”を駆使して攻めますが、止められてしまいます。ドラマティックな展開は一人少ない状態になったINN×TH選手が制しました。

決勝戦

 決勝に進んだ仁仁選手と谷行条野@平民選手が攻めの軸にしているのはハース。どちらのハースが火を噴くのか……注目の決勝戦となりました。

 まずは仁仁選手のハースが“フェイントジャンピングボレー”であいさつしたのに対して、谷行条野@平民選手はクリスチャンセンの“S・R・Lクロス”からハースの“フェイントジャンピングボレー”のリレーであいさつし返します。しかし、どちらの若林 源三もゴールを守ります。

 後半に入ると、今度は中盤での攻防が激化。“読み勝ちマスター”を持った次藤 洋がボールを奪ったと思えば、三杉 淳がパスカットするなど、奪われても奪い返す展開に。

 仁仁選手の三杉 淳はゴール手前でロベルト本郷とのマッチアップに敗れて、ロベルト本郷にシュートを出される場面もありましたが、若林 源三を崩せず、試合は延長戦に入ります。

 前半後半の30分でも決着はつかずに、PK戦へともつれ込みます。

 仁仁選手の2本目はポストに嫌われてしまうのですが、逆に4人目で谷行条野@平民選手のシュートを読み勝ち、振り出しに。ここから、お互いに決められず、読み合い続けるという展開となります。


 しかし、8人目となる次藤 洋のシュートを仁仁選手の若林 源三が止めて、仁仁選手がアジア・オセアニアブロックの優勝者となりました。

 仁仁選手は、練習に付き合ってくれたメンバーに謝辞を述べた後、本選トーナメントに向けて「いつもの自分を出したい、そして優勝を狙いたいです」と話していました。

“アジア・オセアニアブロック”のアーカイブはこちら

 3ブロックの試合を終えて、今回の地域予選は昨年以上に白熱していると感じています。8月に登場したばかりのハースとクリスチャンセンの"ギロッポン"コンビの活躍や、現時点でゲーム内最強のGKである若林 源三をいかに崩していくかなど、昨年とは違い、日本選手だけではなく、多彩は海外選手たちが活躍し、見逃せない展開ばかり。

 また、マッチアップするメンバーをしっかり考えたり、あえてボールを戻したりと、昨年以上に駆け引きがレベルアップしていると感じました。

 ゲームをプレイしている人はもちろん、『キャプテン翼』を知っているが、まだ遊んでいない人が見ているだけでも楽しめる“Dream Championship 2020”。決勝トーナメントは12月12日に行われ、YouTubeLiveでも生配信されるので、ぜひチェックしてみてください。

(C)高橋陽一/集英社
(C)高橋陽一/集英社・テレビ東京・エノキフィルム
原作「キャプテン翼」高橋陽一(集英社文庫コミック版)
(C)KLabGames

キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

  • メーカー: KLab
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2017年6月13日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

  • メーカー: KLab
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: SLG
  • 配信日: 2017年6月13日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金