映画『すみっコぐらし』公開日が判明

電撃オンライン
公開日時

 『すみっコぐらし』劇場アニメーションの正式タイトルが『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』で、公開日は11月8日であることが発表されました。

 『すみっコぐらし』は、2012年に『たれぱんだ』、『リラックマ』などで知られる サンエックスから発売された人気キャラクター。さむがりの“しろくま”や自信がない“ぺんぎん?”、食べ残し(!?)の“とんかつ”、恥ずかしがり屋の“ねこ”など、個性的なキャラクターが多数登場、それぞれにすみっこを好んでいます。

 たまにポジティブ、ちょっとネガティブ。まるくて柔らかなフォルムと、本作品ならではのストーリー展開で、子どもから大人まで年齢・性別を超えた多くの人の心をとらえ、7周年を迎える2019年には“日本キャラクター大賞2019”でグランプリを受賞しました。

 劇場アニメでは“すみっコぐらしチーム完全監修”の新作ストーリーで、“絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険”を描き、スペシャルな衣裳やアイテムとともに登場。さらに、劇場版ならではの新キャラクターも登場し、活躍を繰り広げます。

 特報では動くすみっコたちの姿が初お披目。お気に入りの喫茶店の地下室に隠された不思議な絵本に、すみっコたちがそこに吸い込まれていくさまが映されており、ここからすみっコたちの新しい物語が始まる期待感にあふれれた内容となっています。

 ティザービジュアルには、絵本のすみっこに並ぶすみっコたち、さらにページ隅に気になる新キャラクター(?)がチラッと顔を見せた愛らしいビジュアルとなっています。




 すみっコたちの大冒険を描くのは、『磯部磯兵衛物語』、『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』のまんきゅう監督。脚本は『銀河銭湯パンタくん』、『タクシードライバー祗園太郎』の角田貴志さん(ヨーロッパ企画)。アニメーション制作は『がんばれ!ルルロロ』、『アグレッシブ烈子』のファンワークスが担当します。

監督:まんきゅうさんからのコメント

 アニメ業界の“すみっこ”にいる自分が、本作の監督をやらせていただく運びになり、非常にご縁を感じております。

 “すみっコ”たちの魅力を原作ファンの皆さんはもちろん、たくさんの方々に伝えられるように、スタッフ一同『すみっコぐらし』と日々向き合っています。公開日を楽しみにしていてください!

脚本:角田貴志(ヨーロッパ企画)さんからのコメント

 すみっコたちが映画になってくれるのか? はじめは少し心配でしたが、みんなで1から考えて、想像以上の冒険……いや、大冒険になりました。

 いつもどおりのすみっコたちを、いつもとちょっとちがう“すみっコ”たちをお楽しみください。

特典付前売り券(ムビチケ)第1弾

 7月12日より、特典付前売り券(ムビチケ)第1弾が全国の劇場で発売されます。特典で“映画すみっコぐらしパズルキーホルダー【第1弾】ひみつのコver.”が付属します。

 また、パズルキーホルダーの第2弾が9月に発売予定です。

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』あらすじ

 いつもの喫茶店、いつものすみっこ。その地下室に隠された、ふしぎな絵本とは……?

 ある日の午後、お気に入りの喫茶店“喫茶すみっコ”へとやってきたすみっコたち。おなかをすかせて注文した料理を待っていると、突然、地下室から物音が。

 「地下室のすみっこに誰かいる……?」

 みんなで中に入って行くと、そこには1冊のとびだす絵本。ひどくボロボロで、ページの大事なところがなくなっている。

 桃太郎のお話のページには背景があるだけで、おじいさんもおばあさんもいない。すると突然、大きな影が現れて、えびふらいのしっぽが絵本にすいこまれてしまう!

 すみっコたちがおっこちた物語の世界にいたのは……新しいすみっコ(なかま)?

『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』作品概要

公開時期
11月8日全国ロードショー

スタッフ(敬称略)
原作:サンエックス
監督:まんきゅう
脚本:角田貴志(ヨーロッパ企画)
美術監督:日野香諸里
アニメーション制作:ファンワークス
配給:アスミック・エース

(C)2019 日本すみっコぐらし協会映画部