【ブレイブリーデフォルト2ジョブ考察】ヴァンガードは盾役ながらもアタッカーやデバフ役としても優秀!?

電撃オンライン
公開日時

 2021年2月26日にNintendo Switchでの発売が決定したスクウェア・エニックスのRPG『ブレイブリーデフォルトII』

 これまでに公開されたジョブについて、2020年3月に配信された先行体験版などをもとに編集部が独自に考察! どんなジョブになりそうなのかを見ていきたいと思います。もちろん製品版の性能とは異なる可能性がありますのでご了承ください。この記事では、シリーズ経験者のMAC佐藤がヴァンガードについて語ります。

敵の攻撃を引き付けることができる盾役のジョブ

 ヴァンガードは、今作で追加された新しいジョブです。特徴としては、重量のある防具を装備できるので防御力が高く、敵の攻撃を引き付けることもできる盾役となります。先行体験版で使用することができるヴァンガードの能力は以下の通りです。

【ジョブ特性】ガードデフォルト

 デフォルトしている間、受けるダメージがさらに20%下がる。

【必殺技】地裂爆噴斬

 敵単体に強力な土属性の物理攻撃を行う。追加効果は物理攻撃力+20%、物理防御力+20%。使用条件は牽制技5回。

【ヴァンガードのアビリティ】

Lv 1 シールドバッシュ
 単体に自身の防御力に応じた物理ダメージを与える。盾装備時のみ使用可能。

Lv 2 強化ターン増加(受)
 自身が受ける強化効果の持続を1ターン増やす。Cost 1。

Lv 3 鱗剥ぎ
 単体にダメージ倍率0.5倍の物理攻撃を行う。2ターンの間、魔法防御力を15%下げる。消費MP 11。

Lv 4 挑発
 単体を挑発状態にする。

Lv 5 会心強化
 会心で与えるダメージが30%上がる。Cost 1。

Lv 6 甲羅割り
 単体にダメージ倍率0.5倍の物理攻撃を行う。2ターンの間、物理防御力を15%下げる。消費MP 11。

Lv 7 BPデフォルト
 デフォルトしている間、攻撃ダメージを受けたときBPを1増やす。Cost 2。

 過去作品では海賊のアビリティだった“鱗剥ぎ”、“挑発”、“甲羅割り”といった技を使うことが可能で、ナイトのような印象は残しつつもアタッカー寄りにしたような感じのジョブですね。“シールドバッシュ”は、思った以上にダメージを与えられる強力な攻撃技ですし。

 “BPデフォルト”をセットして、“挑発”を使ったうえでデフォルトすれば、BPをさらにためやすくなるので、ブレイブによる連続攻撃もガンガン狙っていけます。

  • ▲“牙折り”は過去作品では敵の物理攻撃力を下げる効果もある攻撃技。“脳天落とし”は敵の魔法攻撃力を下げる効果もある攻撃技です。“ストーンブレイド”は新技のようですが、はたしてその効果は?

 味方を守りつつも、デバフで敵の能力を下げたり、強力な攻撃を行ったりと、多彩な活躍ができそうなおもしろいジョブですね。

 ちなみにアスタリスク所持者は、春風の国 ハルシオニアで出会うキャラクター、ダグ・ランページだと思われます。どのような経緯でヴァンガードのアスタリスクを入手することになるのか、こちらも楽しみです!

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
※画面はすべて開発中のものです。