『機動戦士ガンダム00』12話が今夜配信。ガンダムはアザディスタンへの武力介入を開始する

電撃オンライン
公開日時

 ガンダムチャンネルにて、『機動戦士ガンダム00』12話“教義の果てに”が11月21日21時に配信されます。

 『機動戦士ガンダム00』は、ファーストシーズンが2007年10月6日から2008年3月29日、セカンドシーズンが2008年10月5日から2009年3月29日までMBS・TBS系列にて放送された作品。これまでの『ガンダム』シリーズとは異なる西暦上の近未来の物語で、現実に起こりうる資源問題や戦争問題など、リアリティのある世界観が話題を呼びました。

 11月21日21時から配信される第12話のあらすじはこちらです。

あらすじ

 これまでの教えや、古い慣習に倣って生活をしようとする保守派と、深刻なエネルギー問題を改善し、豊かな国作りをしようとする改革派とにアザディスタンは二分していた。改革を推し進めるため擁立されたマリナだったが、思うようにいかない内情と外交に疲弊していた。

 そんな最中、保守派の筆頭である、マスード・ラフマディが何者かによって拉致されるという事件が起こる。過激な改革派の仕業である可能性も否めず、シーリンはマリナに、このまま保守派と改革派の間で緊張が続くと、内戦に発展すると進言する。

 ユニオンの要請により、情勢不安定なアザディスタンへの出兵の任務に就くグラハムたち。ソレスタルビーイングは同じく、アザディスタンへの紛争介入を見越し、刹那を偵察へと向かわせた。

■『機動戦士ガンダム00』に関連するアイテムを楽天で探す


©創通・サンライズ