11度の傾斜設計で放熱性を高めた、ASUSスタイリッシュMini-PCケース

電撃オンライン
公開日時

 ASUS JAPANは、11度の傾斜設計で放熱性を高めたゲーマー向けスタイリッシュMini-PCケース“ROG Z11”を発表! 11月27日(金)より販売予定です。

製品名:ROG Z11
対応マザーボード:Mini-ITX/Mini-DTX
ドライブベイ:3.5”×1、2.5”×2、または2.5”×4
ファン対応:
 上部 140mm×2または120mm×2(140mm×2搭載済み)
 後部 120mm×2
 底部 140mm×1または120mm×1(140mm×1搭載済み)
ラジエータ対応:
 後部 240mmサイズまで
 底部 120mmサイズまで
サイズ:194mm×531mm×386mm
質量:8.73kg
価格:オープン価格
予定発売日:11月27日(金)

“ROG Z11”の主な特長

特許取得済みの11度傾斜設計

 最適化されたエアフローと優れた熱性能は、コンパクトなハイパワーPCでは非常に重要です。ROG Z11では、マザーボードトレイを11°の角度で傾斜させた特許取得済みの内部レイアウトを採用しており、マザーボード背面に40mmのスペースを確保しました。この追加スペースにより、CPUやグラフィックカード、マザーボード背面に取り付け可能なM.2 SSDの放熱性が向上し、このレイアウトによりライザーケーブルなしで3スロットのグラフィックスカードとの互換性を可能にしました。

最適なエアフロー

 ROG Z11は、最適化された冷却性能を目指して作られています。全体の設計は、煙突効果とファンが吸気よりも速い速度で熱風を排出することで発生する負圧により、ケースから効率的に熱を排出することを可能にしています。最大5台の120mmファン、または3台の140mmファンと2台の120mmファンを選択することで、ユーザーはエアフローを最大化することできます。

幅広い接続性

 内蔵の拡張ハブは、ビルダーが最大6つのPWMファンと3つのアドレス指定可能なRGBファンまたはLEDストリップを接続することができ、アセンブリを容易にするためにUSB 2.0ポートを提供しています。豊富なI/Oポートとフロントパネル上のARGB照明コントロールボタンにより、コンポーネントとデバイスの接続が容易になります。

デュアルオリエンテーション

 ROG Z11は、縦置き、横置きのどちらにも対応しており、ユーザーは自分の好きなように構築することができます。Z11は、ワークスペースの空き状況や好みに応じてケースの向きを柔軟に変更できるだけでなく、ユーザーが構築するコンポーネントに最適な向きを選択できるようになっています。アクセサリーボックスには、角度のついた電源コードと通常の電源コードが同梱されており、それぞれの位置を便利に補完することができます。

Aura Sync RGBライティング

 フロントパネルとサイドパネルに内蔵されたアドレス指定可能なRGB LEDは、専用のコントロールボタンを使用するか、Aura Syncライティングソフトウェアを使用してカスタマイズすることができます。これらのLEDにより、ROG Z11は何百万色もの色と様々なエフェクトで点滅し、Aura Sync対応コンポーネントの膨大なエコシステムと同期して究極のパーソナライズを実現します。