『偽りの黒真珠』名作推理ADVのオマージュや2時間サスペンスドラマのお約束にニヤリ【ADVレビュー】

まり蔵
公開日時
最終更新

 PS4/Nintendo Switchで配信中のアドベンチャーゲーム『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠(以下、偽りの黒真珠)』のレビューをお届けします。

 『偽りの黒真珠』は、伊勢志摩を舞台としたレトロゲーム風のミステリーアドベンチャーゲームです。キャラクターデザインに漫画家の荒井清和さんを起用しており、ゲームシステムはコマンド選択式を採用。プレイヤーは、後輩刑事のケンと現場検証や聞き込みといった捜査を行いながら、事件の解決に挑みます。

 今年1月のNintendo Switch版の配信以来、アドベンチャーゲーム好きのユーザーから高い評価を得ている本作の魅力を、電撃オンラインのアドベンチャーゲーム好きのまり蔵&kbjが座談会形式でご紹介します!

【プロローグ】

 東京は上野の公園にて、変死体が発見される。被害者は、その公園を徘徊していた浮浪者。

 主人公であるプレイヤー(刑事)とその後輩、開明寺ケンは捜査を進めるうちに「浜○真珠(○はかすれて読めない)」と書かれた巾着袋を発見する。

 それが伊勢地方で作られたものだと判明し、スマートフォンで検索すると3つの“浜○真珠”が該当。主人公たちは、早速伊勢志摩へと向かうのだった……。

名作ADVのオマージュ要素にニヤリ

最近はドラマ『あなたの番です』を毎週ドキドキしながら見ている、電撃オンラインの推理ADV好き・まり蔵です。

『刑事』ドラマは、あぶなかったり、はぐれたり、さすらったりするのが好きなkbjです。東京駅を見ると今でも『さすらい刑事』のオープニングを思い出すね。

またのっけから懐かしい話を……。

いきなり呼び出されましたが、今日はなんなんですか?

ちょっとオススメしたいアドベンチャーゲームがありまして!

なるほど。んで、なんのタイトル?

今年1月にNintendo Switchで配信が始まって、6月にPS4版がリリースされた『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』です!

あー、あれか。おもしろいよね。

えっ、知ってたの?

知ってるよ! Nintendo Switch版のレビュー記事は俺が担当編集だったし、プレイしたし!

えっ、じゃあ私より詳しいじゃん。なんだ、渾身のプレゼンをしようと思っていたのに。

そもそもなんで『偽りの黒真珠』をプレイしようと思ったの?

荒井清和先生キャラデザのレトロゲー風推理アドベンチャーだったからですね。プレイする前から、「これもう間違いないでしょ!」って。

プレイしてみてどうだった?

期待通りでした。世界観も、ストーリーも、グラフィックも、音楽も。昔のアドベンチャーゲームのオマージュ要素が多かったのも楽しめた一因ですね。

プレイヤーが刑事で、相棒の後輩(ケン)と捜査を進めるって形式が、まずグッとくるよね。

そうそう。まあ、最初にメインビジュアルを見た時、ケンが主人公だと思ってたんですけどね。プレイを始めて、「お前、相棒だったんか!」って。

うぉい! ウチのレビュー記事をちゃんと読めよ!!!!

プレイ前になるべく情報を入れたくなかったんだもん……。

  • ▲相棒の後輩・ケン。先輩であるプレイヤーに対して、わりと厳しい態度を取ることも(笑)。

オマージュといえば、唐突に現れた3Dダンジョンにテンション上がったわー。

わかるー! 久しぶりに方眼紙に手書きでマップ書いちゃった。

書いたのかよ! 方眼紙ってところに往年のアドベンチャー好きのこだわりを感じるな。

私は、某キャラの家に行った時、“しらべる”コマンドの中に“でんきメーター”があってテンション上がりましたね。

俺は“よぶ”コマンドを選んで、ケンに「もう前にいますよ」って言われた時にニヤニヤしちゃったなぁ。

お互い、細かすぎて伝わらない推理アドベンチャーゲームみたいになってるな……。

  • ▲突然出現する3Dダンジョン。手書きのマッピングは基本ですよね。
  • ▲古きよき“でんきメーターコマンド”に胸が熱くなりました。

とにかく伊勢のご飯が美味しそう!?

レトロゲーオマージュの他にも、“2時間サスペンスドラマ”的な要素も結構あったね。

お風呂シーンとかね。“湯けむりサスペンス”的なキャッチフレーズが脳内をよぎったわー。

そんなゲームあったな(笑)。自分も地方の観光地に行く流れが2時間ドラマ風だなって思った。

伊勢ね! このゲームプレイして、伊勢にめっちゃ行きたくなった! PS4版は、トロフィーに“そうだ!伊勢に行こう!”っていうのがあって、まさにその通りだなと(笑)。

ずいぶん威勢(いせい)がいいですね。

……食べ物の説明がとにかく秀逸なんだよね。伊勢うどんとかてごねずしとか。伊勢神宮周辺のグルメを網羅しすぎ。

あと“いざかやオザキ”ね。あそこでお刺身とか食べてみたい!

私は、釜飯やサメのひものやアワビのステーキが食べたくなったよ!

▲伊勢神宮や夫婦岩など、観光名所も登場します。
▲食べ物の説明がひたすらおいしそう。今すぐ伊勢に行きたい。

食べたいものが多すぎ。あそこでさ、プレイヤーとケンがその日の捜査を振り返っている時、ルポライターの西沢さんと鉢合わせするところも2時間ドラマっぽいんだよなー。

登場人物みんな怪しいところとかも2時間ドラマっぽいよね。お約束が多くてニヤニヤしちゃう。

黒真珠をめぐるストーリーは一見地味なんだけど、すごく練られている印象でした。

いろいろなキャラの思惑や過去が絡み合って、それが新たな事件を呼び起こしてって流れが、なんとも仄暗くてよかったよね~。ストーリーは本当におもしろかった!

個人的に、聞き込みのシーンが好きなんだよね。伊勢に行っていろいろな地元の人と会話して、その中で「その人、最近見てないよ」とかさりげなく捜査に必要な情報を得ていく過程が。

なかなかマニアックなシーンを好みますね。

そういう刑事ドラマっぽいのが好きなんだよ! いいだろ! そういうまり蔵の好きなシーンはどこなんだよ!

この作品のテーマの1つが“親子”だと思うんですよ。その中でも●●と■■の関係がすごく好きなんですけど。

え、いきなりのネタバレ? ここの会話、伏字じゃない?

■■が●●のこと大好きじゃないですか。それで、●●の▲▲を○んで××するじゃん。あそこのシーンが泣けて泣けて……。

なるほど! わかるけど、記事で使える内容にしてくれ!!

ネタバレに配慮して伏字にしておきます。読後の余韻も含めて素晴らしい物語ですので、ぜひ皆さん読んでください。

古きよき名作推理ADVの新作を今プレイできる幸せ

トロフィーはPS4版ならではの要素なんだけど、ちょっと変わったのが多かったね。“こけしカットの人”とか。そういう遊び心があるところもいい。

トロフィーといえば、ゲーム内ミニゲームの『忍者カイ』のトロフィーって取れました? 1,500mで開放されるけど、私700mまでが限界で……!

オレも700mくらいしかいけてないな。あのミニゲームの難易度、高いんだよなあ。そこもレトロゲーっぽいけど(笑)。

一発勝負なのもすごいよね。コンティニューできない! このミニゲームをクリアするまで、私の『偽りの黒真珠』は終わりませんよ……。

開発の関さんに『忍者カイ』の攻略法をこっそり聞いたので、ここに記します。詰まっている人はぜひ参考にしてください!

●開発者に聞く、『忍者カイ』の攻略ポイント!

 攻略のカギは“運”です。運が悪いと雲が途切れます。確信をついた本気の冗談はさておき、具体的な情報としては、敵忍者は1画面に1体ということを知れば、気持ち的に少し楽になるかもしれません。

  • ▲まり蔵とkbjが苦戦中のミニゲーム『忍者カイ』。700mが大きな壁になっていて、なかなか進めません……!

今、続編のクラウドファンディングをやっていますけど、続き楽しみだよね~。舞台が東北ってところまでは決まってるんだっけ。

そうだね。個人的には宮城か青森という気がするけど、岩手もいいなあ。

温泉地もいいよね。まあ、続編に思いを馳せる前に、まずは本作を堪能していただきたいですね。

個人的には、値段以上の魅力があるタイトルだと思う。こだわりゆえにテキストスキップができなかったり、多少フラグ立てが難しいところがあったりするけど、そういうところも含めて楽しめると思うんだよね。

昔のゲームはスキップなんてなかったもんね。

“古臭い”ではなくて、“古きよき”タイトルだと!

現在、Nintendo Switch版とPS4版が配信中で、7月23日にSteam版もリリースされる予定。たった1,000円で名作推理ゲームが体験できますので、ミステリーアドベンチャー好きな方はぜひ~!

Illustrated by Kiyokazu Arai
©Happymeal Inc.

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠

  • メーカー:フライハイワークス
  • 開発:ハッピーミール
  • 対応機種:Steam
  • ジャンル:ADV
  • 配信日:2019年7月23日予定
  • 価格:1,000円(税込)

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠

  • メーカー:フライハイワークス
  • 開発:ハッピーミール
  • 対応機種:PS4
  • ジャンル:ADV
  • 配信日:2019年6月20日
  • 価格:1,000円(税込)

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠

  • メーカー:フライハイワークス
  • 開発:ハッピーミール
  • 対応機種:Switch
  • ジャンル:ADV
  • 配信日:2019年1月24日
  • 価格:1,000円(税込)