『鬼滅の刃』完結巻広告が全国紙夕刊に掲載。店頭に並ぶ時間帯は?

電撃オンライン
公開日時

 『週刊少年ジャンプ』24号で最終回を迎えた『鬼滅の刃』は、12月4日に完結巻となる23巻の発売に先駆け、12月3日の全国紙全5紙夕刊(産経新聞は大阪のみ)に“完結巻記念全面広告”を掲載します。

 鬼殺隊の長・産屋敷耀哉の名言をぜひ大きな紙面で確認したいですね! また、夕刊がコンビニなどの店頭に並ぶ時間帯は、15時頃からになります。(店舗によって異なります)

 以下、リリース原文になります。

『鬼滅の刃』完結ジャンプコミックス23巻、いよいよ12月4日(金)発売。これを記念して、全国紙全5紙⼣刊に⻤殺隊の⻑の名⾔を使用した記念全面

 株式会社集英社(本社:東京都千代田区)は、「週刊少年ジャンプ」24号(2020年5月18日発売)で最終回を迎えた『鬼滅の刃』(著・吾峠呼世晴)完結巻となる23巻を、12月4日(金)に発売いたします。

 そして、これに先駆け、12月3日(木)の全国紙全5紙夕刊(産経新聞は大阪のみ)に「完結巻記念全面広告」を掲載いたします。

 この「完結巻記念全面広告」では、鬼殺隊の長・産屋敷耀哉(うぶやしき・かがや)の名言を用いて、作品に込めた想いを表現しています。

「完結巻記念広告」について

●掲載日:12月3日(木)付夕刊
●掲載媒体:読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞(大阪のみ)、日本経済新聞
●備考:全5紙、全て1面15段。同一原稿になります。     
新聞販売店、駅売店、コンビニエンスストア等でご購入いただけます。

『鬼滅の刃』ジャンプコミックス23巻について

2020年12月4日発売
定価:本体460円+税
新書判/232ページ

『鬼滅の刃』(きめつのやいば)

 著者は吾峠呼世晴。「週刊少年ジャンプ」2016年11号(2月15日発売)より連載を開始し、2020年24号(5月18日発売)にて完結。コミックス第1巻は2016年6月3日に発売され、最終23巻は2020年12月4日発売。コミックス累計発行部数は1億2000万冊以上(電子版含む)。

 2019年4月よりTOKYO MXほか全20局にてテレビアニメ化(最終話は2019年9・10月に放送)。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は2020年10月16日より大ヒット公開中。

■作品あらすじ

 時は大正時代・日本。人喰い鬼の棲む世界。

 炭売りの少年・竈門炭治郎の穏やかな日常は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変。

 妹の禰豆子(※)は唯一生き残っていたが、鬼になってしまっていた。

 禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つため、2人は旅立つ。

 吾峠呼世晴の放つ和風血風剣戟譚。


■鬼滅の刃 23巻

■『鬼滅の刃』に関連するアイテムを楽天で探す

©吾峠呼世晴/集英社