『あつ森』バーチャル佐渡観光ができる“さどが島”公開。マイデザインも無料配布

電撃オンライン
公開日時

 新潟県佐渡市は、Nintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』のゲーム内で、佐渡市オリジナルの“さどが島(しま)”およびマイデザインを本日12月10日に公開しました。

【夢番地】DA-2797-3242-0564

【マイデザイン 作者ID】MA-5962-3753-4973

佐渡を6つのエリアで再現! さどが島(しま)

 佐渡市内の人気観光地を6つのエリアで再現。“さどが島”は、“佐渡金山エリア“や“田んぼアートエリア“をはじめ、“佐渡博物館エリア“、“大野亀エリア“、“宿根木エリア“、“加茂湖エリア“の6つのエリアから成り立っており、島を一周することで全エリアを楽しめるようになっています。

 さらに、佐渡観光ではおなじみの”たらい舟“のフォトスポットも島内に設置。ぜひ来島した際は写真や動画を撮ってみましょう!

佐渡市オリジナルのマイデザイン公開

 定番の“I♡SADO”Tシャツや、かぶってかわいい“トキ帽”など、佐渡に関連したマイデザインが無料配布されます。

【マイデザインのダウンロード方法】

①仕立て屋“エイブルシスターズ”を解放
②Nintendo Switch Onlineに加入(有料)
③“エイブルシスターズ”の店の奥にあるショーケースにアクセス
④「作者IDで探す」を選択
⑤ID(MA-5962-3753-4973)を入力してマイデザインを保存

自治体初!フェス参加型の島づくり

 佐渡市内のプレイヤーが独自に制作しているマイデザインを展示できるハブ施設を“さどが島”島内に設置。ハブ施設は佐渡博物館をイメージして作られており、ハブ施設内には来島者が自由に見ることができるマイデザインを展示するスペースが設けられています。

 この展示スペース内に、佐渡市内のプレイヤーが制作したデザインを順次展示することで、佐渡市と佐渡市内のプレイヤーが一体となって島を盛り上げる“フェス参加型の島づくり”を実現します。佐渡市内のプレイヤーのマイデザインは順次展示予定。

©2020 Nintendo